選べる買取方法

買取強化中の金・貴金属

買取強化中のブランド

買取対応ジャンル一覧

「なんぼや」について

  • 公式X(ツイッター)
  • 公式Facebook
オンラインで手軽に査定完了。 オンライン買取
全国の経営者様へ 「なんぼや」の法人買取 査定・キャンセル無料 高額翌日振込可能 大量買取 高額買取

金・貴金属の鑑定士になるには?資格を取得する必要はある?

金・貴金属の鑑定士になるには?資格を取得する必要はある?

金・貴金属の鑑定士は、金や銀、プラチナなどでつくられた製品を査定します。インゴットやコイン、アクセサリーなど、さまざまなジャンルのアイテムの価値を判断できなければいけません。鑑定士になるにあたって、必要な資格やスキル、条件などはあるのでしょうか。こちらでは、金・貴金属の鑑定士になるために知っておきたい基礎知識をご紹介します。

2024年金買取相場急上昇中!!

5月21日(火)現在1gの相場が13,368円を超えました!!

金を売るなら今がチャンス、金買取なら「なんぼや」にお任せください。

過去最高相場の金買取について詳しくはこちら

金買取相場価格 推移グラフ

基準指数(円)

期間(日単位):

開始日が終了日より後になっています

から

終了日が開始日より前になっています

※買取相場価格に手数料は含まれておりません。手数料に関しては宅配買取もしくは店頭にてご案内させていただきます。

金の査定額をスグに知りたい方は「オンライン買取」をご利用ください

金・貴金属の鑑定士とは?

金・貴金属の鑑定士とは、金や貴金属の価値を判断できる人のことです。買取専門店や中古品店、貴金属専門店など、さまざまな場所で活躍しています。「金・貴金属鑑定士」という資格はなく、あくまでも査定を行う人の呼称となります。

金・貴金属の鑑定士になるのに資格は必要?

疑問に思っている女性
金・貴金属鑑定士になるために必要とされる資格は特にありません。年齢や性別、学歴、職歴などを問わずに鑑定士になることができます。もちろん、査定のためには金・貴金属に対する深い知識が求められます。資格はいらないものの、十分な知識と経験がなければ適切な買取価格を判断することはできないと考えておきましょう。

金・貴金属の鑑定士になるために必要なスキルについて

金・貴金属査定では、品物の純度や刻印、重量などを調べます。刻印の表記にも種類があるため、一つひとつ覚えていく必要があります。品位の知識はもちろん、貴金属を扱うジュエラーやブランドの知識も欠かせません。宝石のついたジュエリーを査定するのであれば、宝石の査定スキルも身につけることが求められます。宝石の需要やブランドの人気などを把握しておくと良いでしょう。

また、持ち込まれるアイテムのなかには、偽物が紛れていることがあります。偽物に気づき、本物と区別できる目も養う必要があります。加えて、査定の際にお客様に失礼がないよう、接遇マナーを身につけることも重要です。お客様がお持ちになった商品を丁寧に扱い、適切な査定金額を出せるように努力していきましょう。

金・貴金属の買取業務内容や難易度について

金を扱う
金・貴金属の価値は、相場によって変動します。最新相場を反映させた買取価格を出すため、日々情報をチェックする習慣をつけると良いでしょう。貴金属の重量を相場に照らし合わせて計算するスキルも求められます。店によってはX線検査機のような機械を使用するため、使い方を学んで活用できるように努めましょう。また、買取金額を出したら、お客様に納得していただけるように説明しなければいけません。筋道を立てた論理的な説明ができることも、鑑定士に必要なスキルです。

金・貴金属の鑑定士の年齢や求人傾向など

金・貴金属鑑定士は、年齢を問わずに幅広い人が従事できます。一般的に、社会人として働ける年齢であれば求人に応募できるでしょう。ただし、募集する店舗によっては条件が設けられていることがある点に留意が必要です。
鑑定士の求人はさまざまな企業で募集が行われています。特に、大規模な買取業者は多くの鑑定士を集めているようです。金・貴金属には一定の需要があるため、求人にも困りにくいといえます。また、金・貴金属の査定を専門とする店もありますが、時計やジュエリーなど、さまざまなジャンルのブランド品査定を行う店も少なくありません。そういった店で働く場合は、金以外のアイテムの査定知識やスキルが必要とされます。金・貴金属だけではなく、ブランド品やジュエリーなどもお好きな方であれば、多彩な商品を扱える買取店のほうが楽しく働けるでしょう。

金・貴金属の鑑定士になるには

ポイントを紹介する女性
金・貴金属鑑定士になるためには、金の買取や販売を行う店に就職することが一般的です。勉強して知識を身につけることはもちろんですが、実物を見て価値を見極められるようになる訓練も必要です。査定の経験がない場合は、未経験者も募集している企業を探してみましょう。入社後に勉強して経験を重ねていくことで、適正査定が可能な鑑定士を目指すことができます。

まとめ

金・貴金属の鑑定士になるために資格は必要なく、未経験でも応募することができます。鑑定士になれたら、製品に関する知識を深めることはもちろん、接客スキルも高めていくことが大切です。金や銀、プラチナなどの貴金属に興味がある方は、ぜひ求人をチェックしてみましょう。

今日の買取相場価格 ※1gあたり

円(

プラチナ

円(

シルバー

円(

パラジウム

円(

水野 崇さん
(CFP/1級FP技能士)

キャリア20年超の株式トレーダー。講師、取材協力など多方面で活躍する独立系ファイナンシャルプランナー。大学や事業法人で講師を務め「金融リテラシー講義」を毎週行う学校法人専門学校非常勤講師。

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください