14金(K14)
今日の1gあたりの買取相場価格

14金(K14) 買取相場価格

今日の買取相場価格 ※1gあたり

K14

K14WG

※買取相場価格に手数料は含まれておりません。手数料に関しては宅配買取もしくは店頭にてご案内させていただきます。

今日の相場価格に対する専門家のコメント

水野 崇さん
(CFP/1級FP技能士)

27日(火)のNY金先物は反発となりました。米重要指標の発表待ちで方向感のないレンジ相場内での推移が続いており、ドルが売られる場面での押し目買いが優勢となりました。

投稿日時| 2024年2月28日(水) 09:31

「なんぼや」ではの14金(K14)の買取相場を毎日更新しています。
ドル円相場の影響もあり14金(K14)は買取の価格が毎日変わるため、高く売るためにはこまめな相場チェックが大切です。
14金の指輪やネックレスなどアクセサリーは、もちろん、14金の金歯なども、
当店はよそに真似のできない高い相場で買い取らせていただいております。

14金(K14)買取相場価格 推移グラフ

相場価格(円/g)

年月日 相場価格(円/g)
{{formatDate(row.date)}} {{formatPrice(row.price)}}

※買取相場価格に手数料は含まれておりません。手数料に関しては宅配買取もしくは店頭にてご案内させていただきます。

月日 買取価格 前日比

{{formatDate(table.prices[index].date)}}

{{formatPrice(table.prices[index].price)}} 

{{formatDiff(table.diffs[index])}} 

  • {{cat.tab_text}}

品位

重さ

g

買取相場価格

-貴金属買取に関する注意事項-
※純度が不明な商品に関してはお預かり対応させていただく場合がございます。
※平成23年6月に成立した税制改正により「金地金等の譲渡の対価の支払調書制度」が創設され、譲渡対価の額が200万を超える場合には、個人番号カードのご提示が必要となります。詳しくはこちら
※金・プラチナ相場の影響により同日内でも価格が変動する場合がございます。
※買取相場価格に手数料は含まれておりません。手数料に関しては宅配買取もしくは店頭にてご案内させていただきます。
※一度お買取したお品物は返却いたしかねます。

  • 貴金属買取に関する注意事項
    • ※純度が不明な商品に関してはお預かり対応させていただく場合がございます。
    • ※平成23年6月に成立した税制改正により「金地金等の譲渡の対価の支払調書制度」が創設され、譲渡対価の額が200万を超える場合には、個人番号カードのご提示が必要となります。詳しくはこちら
    • ※金・プラチナ相場の影響により同日内でも価格が変動する場合がございます。
    • ※買取相場価格に手数料は含まれておりません。手数料に関しては宅配買取もしくは店頭にてご案内させていただきます。
    • ※一度お買取したお品物は返却いたしかねます。

今日の14金(K14)の買取相場価格 グラム表

グラム 今日の14金の相場価格

3g

 

5g

 

10g

 

15g

 

30g

 

100g

 

500g

 

1kg

 
お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談だけでもOK

まずは専門スタッフに気軽に相談

査定金額の目安を知りたい

手頃で利用価値も高い14金(K14)

手頃な価格帯と日常使用に耐えうる強度から、14金は多くの方にとってなじみの深い金です。「なんぼや」も14金のアイテムを数多く買取ってまいりました。14金の概要や一般的な使用アイテム、人気の秘密についてお話します。

14金とは

824612098

金の純度をあらわすためには24分率が用いられます。○金と表記される場合、○内の数字が24分率での純金の割合を意味するのです。つまり14金は14/24=58.5%が純金、残りがほかの金属で構成された合金ということを意味します。「14カラット」「14K」「K14」といった表記は、すべて14金と同義です。

金は24金(純金)、22金、18金、14金、10金といった純度で区分されます。さらに細かい区分もありますが、これらの区分が一般的です。18金と14金は一般市場へのアイテム流通も多く、性質も似ていることからよく比較されます。

14金と純金の違い

953074180

金本来の輝きは純度によって変わります。純金の輝きはまさに金そのものであり、古くから金が資産として重宝されてきたゆえんです。この特有の輝きは、純度が低下するほど失われていきます。

約58.5%と40%程度がほかの金属で構成されている14金は、純金と比較すると「黄金」と称されるような金本来の輝きは低下しています。ただし、決してアイテムの価値が低いわけではありません。ほかの金属と混ぜ合わさった、14金ならではの色味を楽しめます。

14金は配合する「割金」によって、色味が大きく変化します。割金に使用される金属としては銅、銀、パラジウムが代表的です。こうした割金により美しい色味に調整した金は「カラーゴールド」と総称されています。

また、14金は純金と比較すると耐久性や硬さが向上しています。これは、金の弱点である柔らかさを、ほかの金属の配合によってカバーしているためです。そのため、普段遣いのアクセサリーには、純金よりも14金のほうが適していると考えられています。具体的な硬さは配合する割金によって上下しますが、とりわけパラジウムを配合したホワイトゴールドは強度が高く、普段遣い用のアクセサリー素材として人気です。

14金が使用されるアイテム

14金は割金配合による強度から加工がしやすく、さまざまなアイテムに使用されています。リング、ネックレス、バングルなど一般的なアクセサリーでは14金の使用例が目立っています。割金の配合率によりカラーゴールドの色味調整が可能なことから、各ブランドが独自の色調でアイテムをリリースしているようです。

また、14金は純度の高い金にはない硬さを有していることから、アイテムの負荷がかかる部分にピンポイントで使用されることもあります。留め金にだけ14金を使用しているアクセサリー類は少なくありません。耐久性と高級感を両立するために、眼鏡のフレームとして使われることもあります。

617896650

14金ならではの使用例といえるのが、フルートの管です。管の素材として使用する金の純度によって、フルートの音色は変わってきます。一般的には純度が高いほど豊かな表現が可能になると考えられていますが、熟練の技術がなければ音色のコントロールは困難です。14金のフルート管は、幅広い奏者が扱いやすく、もっともバランスの良い純度として評価されています。

14金人気の理由

金の評価は純度のみによって決まると思われがちです。確かに、高級なアイテムが好まれる傾向がある中国では純金や22金など、高純度の金に人気が集中しています。一方で、アイテムとして長く使えることが重視される文化の国では、使いやすい14金が評価されるケースも少なくありません。

さらに、14金の人気を後押ししているのが、高純度の金アイテムよりも手頃な価格です。純度に応じて、アイテム価格は大幅に抑えられています。また、より手軽に14金の外観を楽しめるように、「K14GP」「K14GF」といった金メッキを施したアイテムも流通しています。

14金の価格も過去に比べて高騰中!売るなら今

金の中では比較的安価な14金ですが、金相場が過去に比べて高騰している現在、その価値は決して低くありません。丁寧にメンテナンスを実施している14金のアイテムであれば、買取店に持ち込むことで思わぬ高値がつけられる可能性があります。デザインを評価してくれる買取店であれば、高額査定の可能性はさらに広がるでしょう。

「なんぼや」は14金をはじめとする金の買取を常に強化しています。お客さまが大事にされてきたアクセサリー類はもちろん、ダメージのあるアイテムも買取可能です。ご自宅にご不要の14金アイテムが眠っている場合は、お気軽に「なんぼや」の無料査定サービスをご利用ください。

電話でご相談 無料査定! 「なんぼや」のお問い合わせ

どれを選べばいいか迷ってしまうお客様はこちら

【解説】4つの買取方法の詳細を見る