選べる買取方法

買取強化中の金・貴金属

買取強化中のブランド

買取対応ジャンル一覧

「なんぼや」について

  • 公式X(ツイッター)
  • 公式Facebook
オンラインで手軽に査定完了。 オンライン買取
全国の経営者様へ 「なんぼや」の法人買取 査定・キャンセル無料 高額翌日振込可能 大量買取 高額買取

金の投資は儲かる?その仕組みと失敗しないポイントを解説

金の投資は儲かる?その仕組みと失敗しないポイントを解説

金の投資は儲かるのか、金投資の可能性とその本質、また金投資で儲けるポイントを解説します。仕組みと失敗しないポイントも解説するのでぜひ参考にしてください。

金投資の基礎知識

金投資は、その普遍的な価値と経済的な不確実性に対する保険としての役割で知られています。ここでは金投資の概要や種類について詳しく解説します。

金投資とは

金投資は、金融市場で取引される金融商品としての金を売買する行為です。金の価格は、世界各地の市場で形成され、東京、ニューヨーク、香港、ロンドン、チューリッヒなどが主な市場です。金の価格は、経済の不確実性が高まると上昇する傾向にあり、2016年から2022年にかけては顕著な上昇を見せました。

金の投資における役割

金は投資においてリスク分散や安全資産としての役割を担っています。そのため、金投資は大きな利益を狙うものではなく、むしろ安全資産やリスクヘッジの手段として位置づけられます。金は「守りの資産」として、経済的な不確実性の中でその価値を発揮します。

金投資の種類

金投資の代表的な種類として、現物購入・金貨取引・投資信託・純金積立があげられます。

現物購入は、直接金地金や金貨などの現物を購入し、物理的に保有する形式です。金の価格上昇によるキャピタルゲインを狙います。

金貨取引は、コレクターズアイテムとしても価値を持つ金貨を購入し、価値の上昇を期待する方法で、金貨はデザインや歴史的価値も影響します。

金の投資信託は、金を主な投資対象とするファンドに投資する方法です。金の価格変動に連動することを目指しますが、現物を直接保有するわけではありません。

純金積立は、定期的に一定額を金投資に充て、長期間にわたり金を蓄積する方法です。最終的には一定量に達した時点で金地金として受け取ることが可能です。

金投資で儲けるポイント

金投資で利益を出すための基本的な考え方を解説します。

キャピタルゲインを狙う

金投資は、世界的な経済の変動に左右されにくい安全資産として知られています。その魅力として、キャピタルゲインが狙えることがあげられます。これは市場動向を正確に分析し、金の価格が下落した時に購入し、価格が上昇した時に売却することで利益を得る戦略です。この方法では、長期的な視点での戦略が重要とされ、インカムゲインを期待するよりも、価格変動に基づく長期戦略を採用することが勧められます。

買い時と売り時を判断する

買い時と売り時の判断には、経済指標や為替レートの変動、地政学的緊張や経済不安定性などの外部要因を活用することが重要です。これらの要因を考慮に入れることで、投資のタイミングを見極めることができます。また、金価格は多くの外部要因によって影響を受けるため、柔軟な投資戦略を採用し、市場の変動に迅速に対応することが求められます。リスク管理の手段として、ストップロスオーダーの設定などが有効です。

投資を多様化させる

投資の多様化も重要なポイントです。金投資をポートフォリオの一部として考え、他の資産クラスと組み合わせることでリスクを分散させることができます。金地金だけでなく、金ETFや金の投資信託など、異なる金融商品を活用することで、柔軟かつ効果的な投資戦略を構築することが可能です。これらのポイントを踏まえることで、金投資における成功の可能性を高めることができるでしょう。

金投資のコストと選び方

金投資を行う際には、いくつかのコストが発生します。これには購入時の買付手数料、売却時の手数料、保管料、そして場合によっては年会費などが含まれます。

これらのコストは、投資の利益を減少させる可能性があるため、投資家は手数料が低い証券会社や取引所を選択し、コストを低減させることが重要です。またオンラインでの取引や、大量取引による手数料割引など、コスト削減の機会を探すことも有効です。

また、上述したとおり金投資にはさまざまな形態があります。選択する方法ごとに、コストが異なる点に注意が必要です。例えば、現物購入は金価格の直接的な上昇を享受できる一方で、保管や保険のコストが発生します。一方、金の投資信託や純金積立は、物理的な保管の必要がなく小額から投資を始めることができますが、管理費用や信託報酬がかかる場合があります。

金投資の将来性は?

金価格の将来性を探るには、その上昇要因と長期的な見通しを理解することが重要です。

金価格の上昇要因

金価格の上昇には複数の要因が関与しています。金利の低下や金融市場の不安定性が高まると、伝統的に安全な資産とされる金への投資が増加します。また、金融緩和策の期待が高まると、通貨価値の下落に対する保険として金への需要が高まります。これらの要因は、金価格を押し上げる主要な原動力となっています。

金投資の長期的な見通し

金は地球上に限られた量しか存在しないため、その希少性は長期的に価格を支える要因となります。経済のグローバル化が進む中で、金は世界共通の価値を持つ資産としての地位を確立しています。これにより、長期的には金価格が上昇する可能性が高いと考えられます。

金投資は、インフレや通貨価値の下落に対する保護手段として機能しますが、市場の変動によるリスクも伴います。金価格は短期的には大きな変動を見せることがあり、投資家は市場の動向を注意深く監視し、適切な投資戦略を立てる必要があります。

金の買取をご希望の方はぜひ「なんぼや」にお任せください

コツ
金投資は、その永続的な価値と経済的な不確実性に対する保険としての役割で知られています。経済の揺れ動きに対するリスク分散手段として有効であり、特に不安定な時代には、その価値がさらに高まる傾向にあります。

しかし金投資を成功させるには、市場の動向を正確に分析し、適切なタイミングで売買することが重要です。金投資は、短期間で大きな利益を得ることを目的とするよりも、長期的な安全資産としての位置づけで考えるべきです。

現在お持ちの金の価値を正確に知りたい方や、金の売却を検討している方は「なんぼや」にご相談ください。市場動向に応じた適正な価格を提示させていただきます。

今日の買取相場価格 ※1gあたり

円(

プラチナ

円(

シルバー

円(

パラジウム

円(

水野 崇さん
(CFP/1級FP技能士)

キャリア20年超の株式トレーダー。講師、取材協力など多方面で活躍する独立系ファイナンシャルプランナー。大学や事業法人で講師を務め「金融リテラシー講義」を毎週行う学校法人専門学校非常勤講師。

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください