選べる買取方法

買取強化中の金・貴金属

買取強化中のブランド

買取対応ジャンル一覧

「なんぼや」について

  • 公式X(ツイッター)
  • 公式Facebook
オンラインで手軽に査定完了。 オンライン買取
全国の経営者様へ 「なんぼや」の法人買取 査定・キャンセル無料 高額翌日振込可能 大量買取 高額買取

金相場は世界恐慌の影響を受けて高騰する?変動する理由を解説

金相場は世界恐慌の影響を受けて高騰する?変動する理由を解説

近年は、金の相場が上昇しています。一方で、金は世界情勢の影響を受けやすい投資対象です。世界恐慌も、金の相場に大きな影響を与えた出来事として知られています。金投資を行っている方であれば、世界恐慌によって金の価値がどのように変動したか知っておくことは重要です。

この記事では金相場が現在の変動相場になるまでの流れや金相場が下落する要因、世界恐慌後の金相場について詳しく解説します。

金相場の歴史

金相場の歴史は、古代文明の時代から現代に至るまで、人類の経済活動と密接に関わってきました。金はその希少性と美しさから、古くから価値の保存手段として、また交換手段として利用されてきました。以下では、金相場の歴史について簡単に解説します。

古代からの貴重な金

金は古代エジプトやメソポタミア文明の時代から、貴重な資源として扱われてきました。これらの文明では金を装飾品や神々への捧げ物として使用し、その価値を高く評価していました。また金は貨幣としての役割も果たし、経済活動の基盤となっていました。

金本位制の導入

19世紀に入ると、イギリスを中心に金本位制が広まりました。金本位制とは、国の通貨価値を一定量の金に固定し、その比率で通貨を交換できる制度です。この制度により国際貿易が活発化し、世界経済が安定しました。しかし金の供給量に限りがあるため、経済の成長が制約を受けるという問題もありました。

変動相場制への移行

第二次世界大戦後、ブレトンウッズ体制の下で固定相場制が採用されましたが、1971年には米国が金兌換停止を宣言し、金本位制から変動相場制への移行が始まりました。これにより金相場は市場の需給バランスによって決定されるようになり、価格の変動が大きくなりました。変動相場制の下では、金は安全資産としての役割を強め、経済の不確実性が高まると金価格が上昇する傾向にあります。

金相場が下落する要因

金相場が下落する要因は多岐にわたります。金は伝統的に安全資産とされ、経済や政治の不安定時には価値が上昇する傾向にあります。しかし、その価値が下落する背景には、以下のような要因が関与しています。

ドル価格の上昇と金価格の関係

金価格はドル価格と逆相関の関係にあります。これは、ドルが強くなると、ほかの通貨での金の購入力が低下し、金の需要が減少するためです。ドルの価値が上がると投資家は金よりもドルを保持することを選び、その結果金の価値は下がります。

世界情勢の安定

金は不安定な時代の避難資産としての役割を果たします。戦争や政治的不安、金融危機などが発生するとリスク回避のために金への投資が増え相場が上昇します。反対に、世界情勢が安定しているときはリスク資産への投資が増え金相場は下落しやすくなります。

経済の安定と株価の上昇

経済が安定し株価が上昇すると、投資家はより高いリターンを求めて株式市場に資金を移動させます。この結果、金への需要が減少し金相場は下落します。金は経済の不安定時に価値を高める傾向があるため、経済が安定している時期は金相場が低迷することがあります。

金相場の下落への対策

金相場が下落する要因を理解することは、金投資を行う上で重要です。投資家はドルの動向、世界情勢、経済の安定性などを常に監視し、これらの要因が金相場にどのように影響を及ぼすかを分析する必要があります。また、リスクがあることを鑑み、金投資は分散投資の一環として考えるのが一般的です。

世界恐慌後の金相場

金相場は、歴史を通じて経済の変動に敏感に反応してきました。特に世界恐慌のような大規模な経済危機時には、金の価値が顕著に変動する傾向があります。

以下では、世界恐慌が金相場に与えた影響について解説します。

金本位制の放棄と世界恐慌

第一次世界大戦後、多くの国が金本位制を一時的に放棄しましたが、1925年には英国をはじめとする国々が金本位制を再採用しました。しかし1929年に発生した世界大恐慌は、金本位制の機能不全を露呈させ、1933年にはアメリカも金本位制を放棄しました。これにより、世界は不換紙幣の時代へと移行し、金相場は新たな段階に入りました。

世界恐慌と金相場の上昇

歴史的に見ると、世界恐慌や大規模な金融危機が発生すると、金相場は上昇する傾向にあります。これは金が安全資産としての地位を保持しているためです。例えば、2001年の9.11同時多発テロや2008年のリーマンショックの際には、金相場は顕著に上昇しました。これらの危機時には、不安定な為替市場や株式市場に対する不信感から、多くの投資家が金へと資産を移動させたのです。

今後の世界恐慌と金相場

もし将来、世界恐慌や大規模な経済危機が再び発生した場合、金相場は再び上昇する可能性が高いと考えられます。インフレや金融恐慌が社会的な不安を引き起こすと、株式や通貨といった紙の資産に対する信頼が揺らぎ、実物資産である金への投資が安心感を提供します。この心理的な影響が、金相場の上昇を後押しするのです。

金相場は、世界恐慌や大規模な経済危機の影響を受けやすい特性を持っています。これは、金が持つ安全資産としての性質と、経済的な不安定時に投資家の避難先となることに起因します。金投資を検討する際にはこれらの歴史的な事例を踏まえ、世界経済の動向に注意深く目を向けることが重要です。

世界恐慌は金相場に大きな影響を及ぼす可能性あり!

注意点
金の価格は、世界経済の変動に敏感に反応し、特に不安定な時期にはその価値が高まる傾向にあります。このような背景から、金貨を含む金製品は、投資や資産保全の手段として注目されています。

現在、金価格が上昇傾向にある中で、お持ちの金貨がどの程度の価値を持っているのかを知りたい方や、適切なタイミングでの買取を検討している方は少なくありません。「なんぼや」では、専門のコンシェルジュが一点一点を丁寧に評価し、金の真の価値を見極めます。お手持ちの金アイテムの売却を検討している方は、是非「なんぼや」の無料査定サービスを利用してみてください。

今日の買取相場価格 ※1gあたり

円(

プラチナ

円(

シルバー

円(

パラジウム

円(

水野 崇さん
(CFP/1級FP技能士)

キャリア20年超の株式トレーダー。講師、取材協力など多方面で活躍する独立系ファイナンシャルプランナー。大学や事業法人で講師を務め「金融リテラシー講義」を毎週行う学校法人専門学校非常勤講師。

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください