選べる買取方法

買取強化中の金・貴金属

買取強化中のブランド

買取対応ジャンル一覧

「なんぼや」について

  • 公式X(ツイッター)
  • 公式Facebook
オンラインで手軽に査定完了。 オンライン買取
全国の経営者様へ 「なんぼや」の法人買取 査定・キャンセル無料 高額翌日振込可能 大量買取 高額買取

金の買取時に欠かせない検査とは?買取店で行われる4つの方法

金の買取時に欠かせない検査とは?買取店で行われる4つの方法

金の買取サービスを利用しようとしたときに、最も重要な焦点となるのが「これは本当に金なのか」という点です。
刻印などからすぐに「金」と判別できるものもありますが、状態によっては難しいケースもあります。
金の買取を行うお店側としては、様々な検査を行って、最適な買取金額を提示する必要があります。

では具体的に、金製品を扱う買取店では、どのような検査を実施しているのでしょうか。
査定を受ける前に知っておきたい豆知識を紹介します。

2024年金買取相場急上昇中!!

7月08日(月)現在1gの相場が13,469円を超えました!!

金を売るなら今がチャンス、金買取なら「なんぼや」にお任せください。

過去最高相場の金買取について詳しくはこちら

金買取相場価格 推移グラフ

基準指数(円)

期間(日単位):

開始日が終了日より後になっています

から

終了日が開始日より前になっています

※買取相場価格に手数料は含まれておりません。手数料に関しては宅配買取もしくは店頭にてご案内させていただきます。

金の査定額をスグに知りたい方は「オンライン買取」をご利用ください

金の買取前にできる検査は限られている

古い時代から、非常に人気が高かった「金」。キラキラと輝く様子には、ほかの金属にはない魅力があります。

しかし人気が高い貴金属だからこそ、昔から一定数の「偽物」が出回ることでも知られています。
買取に持ち込む方も「偽物」と知らないままで所有し続けてきた可能性がありますから、本物の金であるかどうかを確かめるのは、買取店にとって重要な仕事となります。

金にはいろいろな特徴があり、検査によって確かめることで「本物の金であるかどうか」を判断しています。

しかし実際には、買取査定時にはまだ「お客さまのもの」である金製品に、傷をつけたりダメージを与えたりする方法を取ることは難しいです。

だからこそ、買取店側は「お客さまの金製品を傷つけず、かつほぼ確実に本物かどうかを見極められる検査方法」を実践する必要があります。

「なんぼや」では査定の際に、お持ちいただいた金の価値を丁寧に調べます。
価値のつくところは見逃さず、お客様にご満足いただける金額がつけられるよう心がけています。
ぜひお近くの店舗へお越しください。
駅から近い便利な全国144店舗の一覧はこちら

具体的な金の検査方法とは?

金の検査方法とは?

では貴金属買取店側は、具体的にどのような検査を実施しているのでしょうか。
具体的方法を紹介していきます。

  • 目視検査
  • 比重検査
  • 試金石検査
  • X線検査

それぞれの内容と特徴について、詳しく解説していきます。

目視検査

鑑定士が、買取依頼された金製品を目視でチェックする検査方法です。
どのお店でも一般的に行われている検査方法で、製品に刻まれた刻印や表面の状態などをチェックしていきます。

特に金メッキ製品は、時間の経過とともに独特の色味の変化や、内部の金属の露出などのトラブルが起きるケースが多いです。これらの問題は、プロが見れば一目で状態が把握できるでしょう。
鑑定士ならではの知識と技術を持って、検査方法といえます。

比重検査

目視だけでは本物の金がどうか判断できないときには、比重検査が役に立ちます。
こちらは物質の密度に注目して、中身の金属の正体を見極める検査方法となっています。

比重は、物質それぞれによって異なるもの。持ち込まれた製品の比重を調べ、金のそれと比較することで、本物の金製品かどうか、またどの程度金が含まれているのか(品位)を判別することができます。
買取店には専用の検査機が設置されており、わずかな時間で比重を検査できる体制が整っています。

とはいえ最近は金とよく似た比重の物質から作られた、精巧な偽物も登場しており、比重検査のみで「本物である」と太鼓判を押すのは難しい状況になっています。

試金石検査

こちらは「試金石」と呼ばれる特殊な石を使った検査です。
検査対象となる金製品からごく少量の金属を削り取り、それに硝酸をかけることで、金属の種類を見極められます。

金やプラチナであれば溶けることはありませんが、そのほかの金属であれば、溶けてなくなってしまいます。これにより、金かどうかを判断できます。

X線検査

最新の科学技術を使った検査手法で、買取専門店などでは数多く導入されています。
X線を使って金属の内部の状態をチェックすることで、金と似た比重の物質であっても、正確に見極めることができます。

査定に持ち込まれた金製品を傷つけることなく、速やかに検査できる手法として近年人気を集めています。

確かな金検査技術を持つ買取店を活用しよう

確かな金検査技術を持つ買取店を活用しよう

買取店側にとって、「金かどうかわからない物質」に対して、高い買取価格を提示するのは難しいことです。
きちんとした検査手法を持っていないお店の場合には、相場よりも安い値段で買いたたかれてしまったり、「買取不可」と判断されてしまったりすることがあります。
もしも持ち込んだ製品が本物の金であった場合、消費者にとっては損な状況となってしまいます。

だからこそ重要なのは、金に対してきちんとした検査技術を所有しているお店に依頼をして、適切な買取査定を受けるということです。
貴金属の買取専門店では、最新の検査技術を導入している可能性が高いですし、また事実を広くアピールしていると考えられます。

ぜひこれらのポイントを踏まえて、貴金属買取店を選んでみてください。

金・貴金属・プラチナの売却をお考えの方はお近くの「なんぼや」をご利用ください。
お持ちいただいたアイテムは相場にもとづき高価買取いたします。
駅から近い便利な全国144店舗の一覧はこちら

今日の買取相場価格 ※1gあたり

円(

プラチナ

円(

シルバー

円(

パラジウム

円(

水野 崇さん
(CFP/1級FP技能士)

キャリア20年超の株式トレーダー。講師、取材協力など多方面で活躍する独立系ファイナンシャルプランナー。大学や事業法人で講師を務め「金融リテラシー講義」を毎週行う学校法人専門学校非常勤講師。

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください