選べる買取方法

買取強化中の金・貴金属

買取強化中のブランド

買取対応ジャンル一覧

「なんぼや」について

  • 公式X(ツイッター)
  • 公式Facebook
オンラインで手軽に査定完了。 オンライン買取
全国の経営者様へ 「なんぼや」の法人買取 査定・キャンセル無料 高額翌日振込可能 大量買取 高額買取

金のインゴット・シリアルナンバーの秘密。買取への影響も紹介

金のインゴット・シリアルナンバーの秘密。買取への影響も紹介

投資目的で金を所有する場合に、人気が高いのがインゴットです。直訳すると「金属の塊」という意味のインゴットですが、その表面にはシリアルナンバーが刻印されています。

なぜ金のインゴットにはこのようにシリアルナンバーが刻印されているのでしょうか。
また金のインゴットの買取を検討した際に、刻印された情報はどのような意味を持つのでしょうか。
金のインゴットを所有するなら知っておきたい情報をまとめます。

2024年金買取相場急上昇中!!

5月21日(火)現在1gの相場が13,368円を超えました!!

金を売るなら今がチャンス、金買取なら「なんぼや」にお任せください。

過去最高相場の金買取について詳しくはこちら

金買取相場価格 推移グラフ

基準指数(円)

期間(日単位):

開始日が終了日より後になっています

から

終了日が開始日より前になっています

※買取相場価格に手数料は含まれておりません。手数料に関しては宅配買取もしくは店頭にてご案内させていただきます。

金の査定額をスグに知りたい方は「オンライン買取」をご利用ください

金のインゴットの種類と刻印の内容

金のインゴットには、実は様々な種類が存在しています。

  • メーカー
  • 重量

これらのポイントで、金のインゴットは種類分けされており、本物かどうかを見極めるためのチェック項目の1つとされています。

ちなみに、日本国内の金取引市場においては、国際公式銘柄のものだけを「インゴット」として認めています
そのほかのものは、「インゴットの形をしていても、単なる金の塊」としか認識されない、というわけですね。

日本における金のインゴットの有名ブランドとしては、

  • 田中貴金属工業
  • 住友金鉱鉱山
  • 三菱マテリアル
  • スイス銀行

これらのメーカーの名前が挙げられます。

刻印の内容とは?

さて、そんな金のインゴットの表面を見ますと、様々な情報が刻印されている様子が見てとれます。
ここにはいったい、どのような情報が記されているのでしょうか。

  • ブランド名
  • 重量
  • 品位表示
  • シリアルナンバー

ブランド名は、先ほど挙げたメーカー名のこと。
重量は、インゴットの重さを示す情報です。
品位表示は、いわゆる金の純度を示す数字です。100に近ければ近いほど、純金に近く、金としての価値が高いことを示しています。
そして最後の項目が、シリアルナンバーとなっています。

シリアルナンバーの意味

ポイントを教える

金の表面に施されたシリアルナンバーですが、そのほかの刻印内容と比較すると「いったい何のための数字なの?」と疑問を抱きやすいポイントとも言えます。

シリアルナンバーとは、金のインゴットの商品管理目的で付けられている数字となります。金の取引を適切に行うためには、偽物を排除する必要があります。

正規に製造され、流通した金のインゴットにそれぞれ独自のシリアルナンバーを振っておけば、偽物の取引を規制しやすくなります。

同じシリアルナンバーのインゴットは存在しないため、お店側やメーカー側で商品管理に役立つ数字なのです。

買取への影響について

金のインゴットの買取を依頼したときには、このシリアルナンバーを必ずチェックされます。シリアルナンバーが刻印されている意味を踏まえて、偽物ではないかどうかをチェックできるからです。

金は昔から価値ある金属として取引されてきたものです。人気が急騰しているにもかかわらず流通量が限られている今、その価格は非常に高くなっています。

人気が高まれば高まるほど、同時に強くなるのが「偽物」への懸念です。

金を本物かどうか見分けるための方法はいくつかありますが、「買取時の査定」で行える確認方法はそう多くはありません。

このため、金のインゴットに刻印されたシリアルナンバーが、非常に重要な役割を果たすというわけです。

刻印がないインゴットや延べ棒など、商品の価値を見分けるのは非常に難しいです。

お手持ちのインゴットの価値が知りたい方は、「なんぼや」へお任せください。

買取相場のグラフを確認することも出来ますので金・貴金属の買取価格が上がっているのか簡単に確認することも出来ます。詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

金・貴金属の相場価格についてはこちら

刻印がないインゴットもある

刻印がないインゴット
金のインゴットには、様々な理由から刻印がないものも存在しています。
なぜこのようなインゴットが存在し、買取を依頼したときの取り扱いはどうなるのでしょうか。気になる点をまとめます。

なぜ刻印がないのか

インゴットに刻印がない理由としては、以下のような原因が考えられます。

  • 有名メーカーのものではない
  • もともとは刻印があったが、長い年月の中で見えなくなってしまった

もともと刻印があったが、長い年月の中で見えなくなってしまったような場合には、刻印の1部のみがかすれて見えなくなっているものも。

特にシリアルナンバー部分は刻印が見えづらくなりやすいので、買取前に1度チェックしてみると良いでしょう。

刻印がない、見えない場合の買取は?

金のインゴットの取引には、通常の金の取引価格よりも相場が高い「インゴット価格」というものが適用されます。

しかしこれは、「インゴットとしての条件を満たしている場合」のみに適用されるものとなっています。
刻印がない・見えない場合には、「条件を満たしていない」と判断されてしまいます

このためインゴットとしての買取ではなく、24Kの塊として扱われることになってしまいます。
買取そのものは可能ですが、「インゴット」よりも査定金額は低くなってしまうでしょう。

まとめ

金のインゴットとして買取してもらうために、刻印の内容やシリアルナンバーは非常に重要な意味を果たす情報です。

買取を検討し始めたときには、「自分のインゴットにどのような情報が刻み込まれているのか」を確認してみると良いでしょう。

金の相場が高くなっている内に、積極的に売却を検討してみるのもオススメです。

現在金製品の買取相場が上がっています
写真を撮って送るだけ、店舗に行く前に買取金額が無料で分かります。

120万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定

今日の買取相場価格 ※1gあたり

円(

プラチナ

円(

シルバー

円(

パラジウム

円(

水野 崇さん
(CFP/1級FP技能士)

キャリア20年超の株式トレーダー。講師、取材協力など多方面で活躍する独立系ファイナンシャルプランナー。大学や事業法人で講師を務め「金融リテラシー講義」を毎週行う学校法人専門学校非常勤講師。

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください