選べる買取方法

買取強化中の金・貴金属

買取強化中のブランド

買取対応ジャンル一覧

「なんぼや」について

  • 公式X(ツイッター)
  • 公式Facebook
オンラインで手軽に査定完了。 オンライン買取
全国の経営者様へ 「なんぼや」の法人買取 査定・キャンセル無料 高額翌日振込可能 大量買取 高額買取

金の採掘 取り出されるまでの方法とは?

金の採掘 取り出されるまでの方法とは?

華やかな輝きを放つ「金」は、いつの世も人々を魅了し続けてきました。ゴージャスなジュエリーとして身にまとったり、安定した価値を誇る資産として所有したり……。近年では、金という金属が持つ優れた特徴を活かして、工業製品にも数多く使われています。

さて、日本人にとっても身近な「金」ですが、いったいどのような方法で採掘され、私たちの手元にやってくるのでしょうか。普段はあまり意識することがないポイントですが、知っておいて損はありません。具体的に紹介していきます。

2024年金買取相場急上昇中!!

7月17日(水)現在1gの相場が13,743円を超えました!!

金を売るなら今がチャンス、金買取なら「なんぼや」にお任せください。

過去最高相場の金買取について詳しくはこちら

金買取相場価格 推移グラフ

基準指数(円)

期間(日単位):

開始日が終了日より後になっています

から

終了日が開始日より前になっています

※買取相場価格に手数料は含まれておりません。手数料に関しては宅配買取もしくは店頭にてご案内させていただきます。

金の査定額をスグに知りたい方は「オンライン買取」をご利用ください

金の採掘への道……まずは金鉱脈を見つけよう

金の採掘への道……まずは金鉱脈を見つけよう

金を採掘するためには、まずは金が含まれている「金鉱脈」を見つけ出す必要があります。
世界的には、「南アフリカ」が有名ですが、多くの金を産出した結果、「採掘しやすいところにある金鉱脈は、すでに堀りつくしてしまった」と言われています。

地下深くに眠っている金鉱脈ですが、その深さによって「採掘しやすいところ」と「採掘しにくいところ」に分かれています

たとえば、先ほども例に挙げた南アフリカでは、すでに「地下3,000メートルまで掘り進めなければ、金鉱石を採掘できない」と言われています。ここまで掘ってしまうと、地熱による影響も大きく、鉱石を取り出すための費用が莫大になってしまいます。

また海底にも多くの金鉱脈が眠っていると言われていますが、やはり採掘の手間を考えると、「非常に割高」だと言われています。

近年では、まだ比較的浅いところで金鉱石を採掘できる、中国やペルー、インドネシアなどが有望な産地として注目を集めています。

日本にも金鉱脈はある

「資源が少ない」と言われる日本ですが、過去には「佐渡の金鉱山」などが有名で、金が採掘されていました。

現代でも、塩素を多く含む温泉地には金が眠っている可能性もあると言われていますし、鹿児島県や北海道では、実際に金鉱山の話題が出ることも少なくありません。

金がとれる金鉱山を見つけ出し、そして採掘するための設備を整えることができれば、日本でも大量の金を生み出すことは可能だと言えるでしょう。

金の採掘 鉱石から金を取り出す手順とは?

さて、金鉱脈から採掘された金鉱石は、そのままですぐに「金」になるわけではありません。
金は目に見えない形で鉱石の中に含まれていますから、大量の石の中から貴重な金属のみを取り出す作業が必要となります。

金鉱石から金を取り出すための方法は、国や地域によっても異なっています。具体的な方法を2つ紹介します。

南アフリカでは水銀を使用

南アフリカ共和国を中心に行われているのが、水銀を用いて鉱石中に含まれる金を取り出す方法です。

金や銀は水銀に溶け、アマルガム合金という物質に変化します。粉砕した鉱石から水銀を使ってアマルガム合金を取り出し、さらにそれを加熱して金のみを取り出しています。

大規模な設備が不要で比較的簡単に金を取り出すことができるものの、水銀による環境汚染・人体汚染のリスクは否定できません。

このため、現在では大規模な工場などで行われる方法ではありませんが、大規模設備を有する余裕がない地域では、この方法が用いられています。

銅の溶鉱炉を使う方法

安全性と経済性の両方を満たすため、大規模な工場などでは、金を取り出すために銅の溶鉱炉を使う方法が主流となっています。

銅鉱石と金鉱石を一緒に溶鉱炉に入れると、金や銀、そして銅が一緒になり、まずは銅のみが取り出されます。
その残り物を再度溶かして銀を回収したら、最後に電子分解で金を取り出すことが可能となります。

金は貴重な金属の為、近年相場が急上昇しています

お手持ち金製品の価値が知りたい方は、「なんぼや」へお任せください。

豊富な買取実績を持つバリューデザイナーが丁寧に査定し、商品の価値を見極めます。

「なんぼや」の金・貴金属の買取についてはこちら

金の採掘 1トンの金鉱石から作られるのは、金のリング1つ

1トンの金鉱石から作られるのは、金のリング1つ

金鉱石から金のみを取り出すためには、大変な手間がかかります。
また「金鉱石」とはいっても、鉱石内に含まれる金の量は微々たるもの。

1トンの金鉱石を掘り出しても、そこから取り出される金の量は、「わずかリング1つ分」だとも言われています。

世界でも採掘量が限られる金鉱石。さらに金鉱石から金を取り出すまでの過程にもさまざまな手間がかかることを考えると、金の価格が高いのも当然のことなのかもしれません。

金の採掘まとめ

金の採掘方法はさまざまですが、どの方法にもコストがかかりますし、もちろん危険とも隣り合わせです。
しかし今も昔も「金を求める人」がいる限り、その採掘も終わりを迎えることはありません。

金をどこで、どのように採掘するのかは、国にとっても関心の高い事柄です。今後日本でも新たな金鉱山が見つかり、多くの金が採掘されるようになるかもしれませんから、意識してニュースをチェックしてみてはいかがでしょうか。

現在金製品の買取相場が上がっています
写真を撮って送るだけ、店舗に行く前に買取金額が無料で分かります。

120万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定

今日の買取相場価格 ※1gあたり

円(

プラチナ

円(

シルバー

円(

パラジウム

円(

水野 崇さん
(CFP/1級FP技能士)

キャリア20年超の株式トレーダー。講師、取材協力など多方面で活躍する独立系ファイナンシャルプランナー。大学や事業法人で講師を務め「金融リテラシー講義」を毎週行う学校法人専門学校非常勤講師。

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください