200万円以下ならばれない?金売却の注意点と確定申告のポイント

200万円以下ならばれない?金売却の注意点と確定申告のポイント

金売却を行う際、注意するべきなのが確定申告です。一定額以上の利益を得ているにもかかわらず、申告を忘れているとペナルティを受ける可能性があります。そこで今回は、金製品を売却する際の確定申告のポイントを解説します。

金を売却したら確定申告するのが原則!

金には、金貨やインゴット、ジュエリーなどさまざまな形状の製品があります。どのような金製品を売却する場合でも、それによって利益を得た場合は確定申告が必要です。確定申告とは、前年の所得の金額と所得税額を計算し、税務署に申告することで確定させる手続きです。給与所得者の場合、確定申告は基本的に会社が行っていますが、金製品の売却による利益は会社と関係がないため、自分で手続きを行う必要があります。
なお、給与以外の前年の所得が20万円以下の場合、確定申告をする必要はありません。ここで気をつけなければならないのが、「金の売却価格が20万円以下の場合」ではない点です。金の売却価格が5万円でも、そのほかに15万円を超える利益を得ているケースでは確定申告が必要です。

確定申告をしないとどうなる?

税務署は定期的に税務調査を行っています。無申告が発覚すると、本来収めるべき税金に加えて無申告加算税などのペナルティが課される可能性があります。金の売却価格が高額になるほど、ペナルティの金額も高くなります。

店舗は200万円以上で金を購入した場合に支払調書を提出する義務が生じる

金製品の買取を行った店舗には、200万円以上の取引をした場合に、支払調書を税務署に提出する義務が生じます。そのため、200万円以上で金を売却した場合は、確実に税務署にばれるため注意しましょう。もちろん、200万円未満の取引であっても20万円を超える場合には確定申告が必須です。

利益が出ていなくても確定申告する必要がある?

はてな
金の売却価格が購入価格よりも下がってしまった場合、利益が出ていないため確定申告をする必要はありません。ただし、税務署から求められたら購入価格を証明する書類を提出する必要があります。購入時の領収書やレシートなどを取っておきましょう。

金の購入額がわからない場合はどうする?

領収書やレシートが手元にない場合は、購入時の店舗に確認してみるのがおすすめです。店舗によっては数年間の顧客情報を保存するケースもあるため、本人確認ができれば購入時の価格を教えてもらえます。

金を高値で売却するポイント

金の売却を考えている場合、できるだけ高値で取引したいと考えるのは当然です。金を高値で売却するには、以下のようなポイントを押さえておきましょう。

金の市場価格のトレンドを把握する

金の価格は、世界的な経済の動きや政治的な状況など多くの要因によって日々変動します。特に経済が不安定な時期には、金が「安全な資産」として求められることが多く、価格が上昇する傾向にあります。定期的に金の市場価格をチェックし、上昇トレンドのタイミングに売却することで、より高値での取引が期待できます。

取引先を慎重に選ぶ

金を売却する店舗や業者によって、提示される価格には差が生じます。複数の業者や店舗に相見積もりを依頼し、もっとも高値を提示してもらえるお店を選ぶことが重要です。また、信頼性や過去の取引実績も考慮に入れると良いでしょう。

状態を良好に保つ

金が使われているジュエリーや装飾品を売却する場合、製品の状態が価格に大きく影響します。傷や汚れがなく、きれいな状態であれば高値での売却が期待できます。そのため、売却を検討している場合は、事前にクリーニングなどを行っておくのがおすすめです。

まとめ

今回は、金の売却時に必要となる確定申告についてお伝えしました。金を売却する際は、その金額にもよるものの基本的に確定申告が必要です。200万円以下の取引であれば、ばれないケースもありますが、後から多額の税金を請求されないためにも速やかに申告を行いましょう。
金をできるだけ高値で売却するには、信頼できる業者を選ぶ必要があります。「なんぼや」は、純金や18金など、さまざまな金製品の買取実績が豊富です。最新の相場価格に基づく適正価格をご提示しますので、まずはお気軽にご相談ください。

今日の買取相場価格 ※1gあたり

円(

プラチナ

円(

シルバー

円(

パラジウム

円(

水野 崇さん
(CFP/1級FP技能士)

キャリア20年超の株式トレーダー。講師、取材協力など多方面で活躍する独立系ファイナンシャルプランナー。大学や事業法人で講師を務め「金融リテラシー講義」を毎週行う学校法人専門学校非常勤講師。

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください