選べる買取方法

買取強化中の金・貴金属

買取強化中のブランド

買取対応ジャンル一覧

「なんぼや」について

  • 公式X(ツイッター)
  • 公式Facebook
オンラインで手軽に査定完了。 オンライン買取
全国の経営者様へ 「なんぼや」の法人買取 査定・キャンセル無料 高額翌日振込可能 大量買取 高額買取

K18の本物と偽物の見分け方を徹底解説!刻印から分かる情報について

K18の本物と偽物の見分け方を徹底解説!刻印から分かる情報について

譲り受けた18金の貴金属や海外などで購入の際に、「これは本物なのか?」と気になってしまうこともあるはず。しかし、輝きや見た目だけで金の真贋を見分けるのは困難です。そこで今回は、K18の刻印から本物と偽物の見分け方をはじめ、偽物の種類や表記の違いについて解説します。本日の18金(K18)買取相場価格はこちら >

K18の刻印と表記の意味は?

ポイント紹介する女性
貴金属には、金の純度や素材を表す文字やマークが刻印されています。

刻印は純度等を示すものとして使用されています。Kはカラット(Karat)の略で、金は24分率で表されています。そのため「K18」の刻印は、18金で18/24=75%の金が含まれているのという意味になります。

さらにK18の後ろに「GP」「GF」の表記がある場合も。これはいずれも金メッキを示しており、中は金以外の金属です。このように、一口にK18といっても刻印にはいくつもの種類があります。

なお、似たような表記として、「18K」「18KT」「18KP」がありますが、こちらも18金という意味に変わりはありません。

K18と18Kの違いは?Kの位置で何が変わる?

K18と18Kの違いのひとつは、生産国の違いです。「Kが前につく=国産」「Kが後ろにつく=海外産」で区別しましょう。

一方、K18と18Kでは同じ18金としての純度の信憑性に違いがあります。海外製のなかには、純度が基準を満たしていないのに「18K」と刻印されているものも存在しています。必ずしも偽物とは言い切れませんが、18Kを購入する際には注意が必要です。

K18カラーゴールドの基礎知識

18金刻印
K18の後ろに続く「PG」「YG」などは、カラーゴールドの種類が表記されています。

カラーゴールドとは、金に割金を含んだ、色のついた合金のこと。アクセサリーなどに使用されています。配合によって色味が異なることから、独特の光沢やカラーを楽しめるのが特徴です。

代表的な種類としては「WG(ホワイトゴールド)」、「YG(イエローゴールド)」、「PG(ピンクゴールド)」です。なかには「GG/GRG(グリーンゴールド)、「RDG(レッドゴールド)」のように希少価値の高いカラーゴールドもあります。

K18カラーゴールドのお手入れ方法

カラーゴールドのなかには、割金が招く錆びや変色といった特徴があります。変色を遅らせるには、使用後に必ずケアをしてあげることです。

お手入れ方法としては、使用後に柔らかいクロスや専用のクロスで、皮脂を拭き取ることが大切です。また、酸化防止のため、空気にさらされないようケースを使用し、個別に収納しましょう。こまめにお手入れをすることで、K18カラーゴールドの輝きを維持できます。

偽物の18金とはどのようなもの?

偽物
18金の偽物が流通してしまっていることは事実です。K18や18Kと刻印があっても、実際には12金程度で製造されていた等の例があります。注意すべき18金について考えていきましょう。

まずは海外製品です。日本国内は規定が厳しいため、新品での流通には出回りにくいと言われています。海外製は基準が厳しくないため、とくに中古の品には注意しましょう。

さらに、金やメッキ等を似た比重の素材と混合させて騙すために製造した、貴金属もあります。本物のように刻印までされており、大変悪質なケースです。ネット通販やオークションなどで、安すぎる場合は注意しましょう。


なお、GPやGFの表示の意味を知らない場合や、メッキ加工で製造したことを刻印していない場合があります。見た目も金メッキの輝きでキレイな為、勘違いや騙されて購入してしまう方も多いでしょう。

こちらは偽物とは言えませんが、あくまで中身は18金ではないので気をつけましょう。

偽物の18金を見分ける方法

18金の真贋を完璧に見極めるのはとても難しいですが、確認しておきたいポイントはいくつかあります。
まずは刻印を確認しましょう。「K18」と表記されていれば、偽物の可能性は低いです。さらにホールマークと呼ばれる日本の旗が刻印されていると、本物である可能性が高まります。

次に、見た目の輝きや色味でも判断の目安にできます。金の純度は下がるにつれて濃いオレンジ色から黄色になっていきます。偽物やメッキ加工されたものは、色味や光り方が不自然な場合があります。

また、金や割金に使用される素材は磁石にくっつくことはありません。そのため磁石を近づけてくっついてしまうものは、金メッキの可能性があります。

K18の刻印がないものは偽物?

刻印の情報による真贋の確認は、ある程度の信憑性を担保できます。ですが、刻印が無い=偽物とは限りません。
保存状態の悪かった貴金属や、表面が削れてしまい本物でも刻印がない場合もあります。本物か判らず不安がある場合や価値が知りたい場合には、専門の業者へ査定を持ち込むことをおすすめします。

当店では、金製品の高価買取を実施しており、取り扱い経験や幅広い知識があります。今後使用する予定がなければ、お客様にご満足いただける査定額を提示いたしますので、お気軽にご来店ください。
「なんぼや」の18金の買取についてはこちら
18金の相場についてはこちら

今日の買取相場価格 ※1gあたり

円(

プラチナ

円(

シルバー

円(

パラジウム

円(

水野 崇さん
(CFP/1級FP技能士)

キャリア20年超の株式トレーダー。講師、取材協力など多方面で活躍する独立系ファイナンシャルプランナー。大学や事業法人で講師を務め「金融リテラシー講義」を毎週行う学校法人専門学校非常勤講師。

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください