選べる買取方法

買取強化中の金・貴金属

買取強化中のブランド

買取対応ジャンル一覧

「なんぼや」について

  • 公式X(ツイッター)
  • 公式Facebook
オンラインで手軽に査定完了。 オンライン買取
全国の経営者様へ 「なんぼや」の法人買取 査定・キャンセル無料 高額翌日振込可能 大量買取 高額買取

金の買い時はいつ?相場へ与える影響とポイントを解説

金の買い時はいつ?相場へ与える影響とポイントを解説

近年、世界の不安定な情勢や経済の変動によって、安全資産としての金の購入に注目が集まっています。ところが、金の価格は絶えず変動するうえ、価格変動の要因が単純ではなく、購入のタイミングの見極めが難しいです。
本記事では、金の価格上昇の要素を解きほぐし、金を購入する最適なタイミングを見極めるポイントを詳しく解説していきます。

金相場の現状と今後の見通し

金相場は、世界経済の変動や地政学的なリスク、金融政策の変更など多くの要因によって影響を受けています。以下の4つに注目しましょう。

  • 金相場の近年の傾向
  • ロシアのウクライナ侵攻の影響
  • 新型コロナウイルスの流行とその影響
  • 金相場への為替の影響

ここでは、金相場の現状と今後の見通しについて解説します。

金相場の近年の傾向

近年、金価格は地政学的緊張や経済の不確実性の高まりを背景に上昇しています。特に、2020年の新型コロナウイルスの流行開始以降、世界中の投資家が不確実性の高い市場環境の中で安全な資産への投資を優先させた結果、金への需要が顕著に増加しました。

この期間中、金価格は一時的に1オンスあたり2,000ドルを超える歴史的な高値を記録しました。また、技術的進歩による新たな用途の発見や、中央銀行による金の購入増加も価格上昇の一因です。

ロシアのウクライナ侵攻の影響

ロシアによるウクライナ侵攻は、一挙に世界の不安定化を引き起こし、投資家がリスク資産から安全資産へと避難する動きを加速させました。特に、金への需要が増加し、ウクライナ侵攻が始まった2022年2月以降、金価格は数週間で顕著に上昇しました。

この地政学的な紛争によって、投資家は不確実性を避けるために金に注目するようになっています。一連の金相場の変動を見れば、金が今後も重要な安全資産としての役割を果たすだろうことが予測できます。

新型コロナウイルスの流行とその影響

新型コロナウイルスの世界的な流行は、金価格に大きな影響を及ぼしました。パンデミックの不確実性と経済への打撃は、安全な避難先としての金への関心を高めており、2020年と2021年の間、金価格は急速に上昇しています。

金は伝統的に不確実性の高い時期に安全な避難先と見なされてきましたが、この度のパンデミックにおいても、安全資産として高く評価されました。パンデミックがもたらした経済的な影響はまだ完全には解消されておらず、金は引き続き多くの投資家にとって魅力的な避難所となっています。

金相場への為替の影響

金価格は主にドル建てで取引されるため、為替レートの変動は金市場に直接的な影響を与えます。特に、ドルが弱まると、他の通貨を持つ投資家にとって金を購入するコストが低下するため、金の価格は上昇する傾向があります。

近年、米ドルの価値に対する変動が金価格のボラティリティを増加させています。特に、米国の金融政策の変更、経済指標の発表、または世界的な経済状況の変化は、為替レートに影響を与え、それが直接的に金価格に反映されています。

金相場に影響を与える主な要因

金価格は、さまざまな要因によって常に変動していますが、主にどのような影響を受けるのでしょうか? 以下の4つに注目しましょう。

  • 世界情勢の不安定さ
  • 金の供給と需要
  • 金利とインフレの関係
  • 米ドルの価値変動

ここでは、金相場に影響を与える主な要因について解説します。

世界情勢の不安定さ

地政学的な緊張が高まると、投資家はリスクを避けるために金などの安全資産へと資金を移動させます。例えば、近年では北朝鮮のミサイル実験や中東地域の紛争が金価格の上昇を促しました。また、ブレグジットのような政治的な不確実性も、金への投資需要を高める一因です。

こうした事象が起こると、金価格は短期間で急激に上昇することがあるため、世界情勢に敏感に反応し、先読みすることが金投資の鍵となります。世界情勢は、金価格の変動を予測する上で常に考慮すべきです。

金の供給と需要

金の採掘量は年々減少傾向にあり、新たな鉱脈の発見も難しくなっています。一方、金の需要は、ジュエリー産業や電子製品の製造、投資目的など多岐にわたり、特に新興国の経済成長に伴い増加しています。

例えば、インドや中国では結婚式などの伝統的な行事で金製品の需要が高く、これが世界的な金需要を押し上げる一因となっています。供給が追いつかない状況は、長期的に金価格を支える要因です。金価格の将来を予測するためには、金の供給と需要の動向を把握しておきましょう。

金利とインフレの関係

低金利環境下では、金利がほとんどない金への投資が加熱します。実際に、中央銀行が金利を引き下げる政策を取った際、金価格が上昇する傾向が強いです。また、インフレ期待が高まると、金は価値を保存する手段として注目されます。

インフレによって他の資産の実質的価値が下がる中、金はその価値を保つことができるため、金は歴史的にインフレヘッジとしての役割を果たしてきました。金利とインフレの動向を見極めることも、金の投資戦略を立てる上で重要です。

米ドルの価値変動

金価格は米ドルで表示されるため、米ドルが弱まると金の価格は上昇する逆相関の傾向があります。例えば、米ドル建てのドル価格が下落すれば、金価格は相対的に上昇し、逆に、米ドル価格が上昇すれば、金価格は相対的に下落します。

米国経済の状況、特に金融政策や経済指標の発表は、米ドルの価値に大きな影響を与えるため、金投資家は米ドルの動向は常に注意しなければなりません。米ドルの価値変動の予測は、金価格の動向の見極めにとって重要です。

金の買い時を見極めるポイント

金相場はさまざまな要素が複雑に絡み合って変動していますが、金の買い時を見極めるにはどのような点に注目すればよいのでしょうか?以下の4点を確認しましょう。

  • 地政学的リスクの高まり時
  • 経済的不安定期
  • 為替レートの変動を利用したタイミング
  • 金融政策の変更時

ここでは、金の買い時を見極めるポイントを解説します。

地政学的リスクの高まり時

地政学的リスクが高まる時期は、金価格が上昇する可能性が高いです。国際的な紛争がその代表例ですが、例えば、過去には米国とイランの緊張が高まった時や、北朝鮮のミサイル試験が行われた時に、金価格が急騰しました。

こういった出来事の際、投資家はリスクを避けて資金を金に逃避させています。そのため、地政学的な緊張がニュースで取り上げられ始めたら、金の購入を考慮する良いタイミングかもしれません。地政学的リスクは、予測が難しいため、市場の動きに敏感であるように心がけましょう。

経済的不安定期

金融危機や景気後退など経済的不安定期には、金への投資需要が高まり、価格が上昇しやすいです。例えば、2008年の金融危機の際には、金価格が大幅に上昇しました

経済的な不安が高まると、投資家は株式や債券よりも、実物資産である金を選ぶ傾向があります。経済指標が悪化する兆候や、中央銀行の緊急措置などが発表された際には、金への投資を検討する時期かもしれません。

為替レートの変動を利用したタイミング

米ドルが弱含む時期は、金を購入する良い機会です。米ドルの価値が低下すると、金の価格は相対的に上昇する傾向にあるため、為替市場の動向を注意深く監視するようにしましょう。将来的な価格上昇が期待できるため、ドルが弱含んでいる時に金を購入するのがおすすめです。

金融政策の変更時

中央銀行の金融政策、特に金利政策の変更は、金価格に大きな影響を及ぼします。金利が低下する政策変更があった際には、金価格が上昇する可能性が高いため、金の購入を検討しても良いでしょう。

金融政策の変更は、金投資のタイミングを見極める上で重要な指標であるため、中央銀行の会合や発表に注意を払い、金融政策の変更には常に注目しておきましょう。

金を購入する際の具体的な戦略とは

適切なタイミングを見極めて金を購入する際に、さまざまな要因を横断的に組み合わせる必要があります。金の購入戦略を立てる際には、以下の点に留意しましょう。

  • 分散投資としての金の位置付け
  • 長期保有を視野に入れた戦略
  • 短期的な価格変動に対する対策
  • 金購入のための市場分析の重要性

ここでは、金を購入するための具体的な戦略について解説していきます。

分散投資としての金の位置付け

金は他の資産クラスと相関性が低いため、ポートフォリオに加えることでリスク分散効果を期待できます。金は、株式や債券などとは異なり、経済の不確実性が高まると価値が上昇する傾向が強いです。

例えば、金融危機や政治的な不安が世界を覆った時、株式や債券の価格が下落する一方で、多くの投資家が金へと資金を移動させるため、金価格が上昇します。その結果、金を分散投資の一環として保有することで、全体のポートフォリオの安定性が高まります。

長期保有を視野に入れた戦略

金は長期的な価値保存の手段として有効で、インフレによる購買力の低下や通貨の価値の減少から資産を守ることが可能です。実際に、過去数十年を見ると金価格は上昇傾向にあり、金が時間と共に価値を保ってきたことを示しています。

長期保有を視野に入れた戦略では、市場の短期的な変動に左右されずに、定期的に金を購入し続けましょう。これにより、平均コストを下げる効果が期待でき、長期的な利益の最大化が期待できます。

短期的な価格変動に対する対策

短期的な市場の変動に対応するためには、柔軟な売買戦略が必要です。金価格は、経済指標の発表、中央銀行の政策変更、地政学的なイベントなどによって短期的に大きく変動することがあるため、市場分析や金融情報の追跡を行いましょう。

短期的な価格変動を利用して利益を得るためには、市場ニュースに常に注意を払い、迅速に対応できるようにすることが重要です。また、リスク管理の観点から、損切りのルールを設定し、ポジションサイズを適切に管理するように努めてください。

金購入のための市場分析の重要性

金を購入する前に市場分析を行い、金価格に影響を与える要因を理解しておきましょう。金価格に影響する要因を理解しておけば、それらの要因が現在どのような状態にあるのかを分析し、購入すべきかどうかの判断材料が得られます。

例えば、金価格に大きな影響を与える金利の動向、ドルの強さ、株式市場のパフォーマンス、地政学的リスクなどを定期的にチェックし、分析すれば、より有利な条件で金を購入できるでしょう。

金の買取をご希望の方はぜひ「なんぼや」へ

査定
地政学的リスクや経済の不確実性が高まる中で、金は安全資産としての価値を高め、今後も投資家にとって魅力的な選択肢となっていくでしょう。金の購入の際は、市場の変動を正確に理解し、適切なタイミングを見極めて購入し、分散投資の一環として長期的視点で保有するのがよいでしょう。
お持ちの金の現在価格や相場に関心がある方や、売却をご希望の方は、買取専門店の「なんぼや」の利用をご検討ください。

今日の買取相場価格 ※1gあたり

円(

プラチナ

円(

シルバー

円(

パラジウム

円(

水野 崇さん
(CFP/1級FP技能士)

キャリア20年超の株式トレーダー。講師、取材協力など多方面で活躍する独立系ファイナンシャルプランナー。大学や事業法人で講師を務め「金融リテラシー講義」を毎週行う学校法人専門学校非常勤講師。

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください