喜平ネックレスが「ダサい」と気になる人も?魅力やコーディネートのポイント

喜平ネックレスが「ダサい」と気になる人も?魅力やコーディネートのポイント

「喜平(きへい)ネックレス」とは、平たいチェーンの形状をした貴金属製ネックレスのことです。定番のデザインであることや、資産価値が高いことから、時代を問わず愛用されています。この記事では、そんな喜平ネックレスの魅力やコーディネートのポイントを解説します。

喜平ネックレスは「ダサい?」と心配する人もいる

喜平ネックレスは、金(18金・24金)やプラチナなどの貴金属から作られた、ネックレスの定番デザインの一つです。鎖状の貴金属をひねって平らにしたデザインが特徴で、編み方や表面のカット方法にいくつかの種類があります。
そんな喜平ネックレスを身につけるとき、「ダサく見えてしまうのではないか?」と心配する人もいるかもしれません。その背景として、喜平ネックレスの存在感が強いことや、喜平ネックレスが一昔前に流行したことなどが挙げられます。
ジュエリーの好みは人それぞれであるため、一概に特定のデザインが「ダサい」とは言い切れません。ただし、アクセサリーをおしゃれに見せたいなら、ファッションとの相性を考慮することが大切なポイントです。普段のご自身のファッションと馴染むように、バランスの良いネックレスの幅・色味・長さなどを選びましょう。

喜平ネックレスの魅力

喜平ネックレスは定番デザインなので、タイムレスに身につけられます。過去に流行した時期もありますが、本来は流行にかかわらず長く愛用したい人に向いているデザインです。また、喜平ネックレスはシンプルで性別を問わずに使いやすいという特徴もあります。ユニセックスなデザインがお好みの方にもぴったりです。一般的に男性向けのイメージがあるかもしれませんが、女性の装いにもマッチします。たとえば細身のタイプを選べば、宝石があしらわれたペンダントトップと組み合わせるアレンジも可能です。さらに、喜平ネックレスは頑丈な構造をしているため、千切れにくい点も魅力だといえます。資産価値のある貴金属をジュエリーとして身につけたいときに適しています。

女性が喜平ネックレスを選ぶなら細め幅がおすすめ

喜平ネックレスは、女性が身につけるのもおすすめです。シンプルな喜平ネックレスはどんな服装とも合わせやすく、ファッションのアクセントになってくれるでしょう。その際は、幅が細めのタイプを選ぶことで、華奢な印象に仕上がります。
レディースファッションに合わせるなら、目安として幅4mm以下の喜平ネックレスを選びましょう。さらに、幅1mm前後の喜平ネックレスなら、仕事やフォーマルシーンなどの幅広い場面でさり気なく上品に身につけやすくなります。そのままでもおしゃれに着用できますが、お好みのペンダントトップを通せばアレンジも楽しめます。使い勝手の良い細め幅の喜平ネックレスをコーディネートに取り入れてみてはいかがでしょうか。

喜平ネックレスを使ったコーディネートのポイント

喜平ネックレスは存在感があるため、ファッションとのバランス次第では主張が強くなりすぎて派手な印象になりやすいといえます。そのため、喜平ネックレスをおしゃれに身につけるなら、全体的にシンプルなコーディネートのアクセントとして取り入れるのがおすすめです。シンプルなコーディネートに仕上げるために、ネックレス以外のアクセサリーは控えめにすると良いでしょう。
また、ジュエリーとして身につけることが目的なら、男性・女性ともにやや細めのデザインのほうが普段使いしやすくなります。幅が太めの喜平ネックレスは多くの貴金属を使用することから、資産価値の高さが魅力です。その一方で、幅が太いとファッションとしてさり気なく取り入れる難易度が高くなることを押さえておきましょう。

喜平ネックレスの買取は「なんぼや」へ!

査定
喜平ネックレスはネックレスの定番デザインであり、流行を問わずに身につけられます。「ダサい?」と心配になってしまった方は、ご紹介したポイントを押さえてコーディネートに取り入れてみてください。
また、喜平ネックレスは資産価値の高い品物です。昨今は金・貴金属相場が高騰しているため、お持ちの喜平ネックレスはぜひ一度査定して価値をお確かめください。「なんぼや」では金・貴金属のジュエリー買取を強化しております。お持ちの金製品はお気軽に無料査定へお持ちください。

今日の買取相場価格 ※1gあたり

円(

プラチナ

円(

シルバー

円(

パラジウム

円(

水野 崇さん
(CFP/1級FP技能士)

キャリア20年超の株式トレーダー。講師、取材協力など多方面で活躍する独立系ファイナンシャルプランナー。大学や事業法人で講師を務め「金融リテラシー講義」を毎週行う学校法人専門学校非常勤講師。

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください