プラチナは値上がり傾向に!2023年の相場や高騰の理由まで解説

プラチナは値上がり傾向に!2023年の相場や高騰の理由まで解説

独特の白い輝きが美しく、希少性の高い貴金属であるプラチナ。ジュエリーとしても人気が高く、多くの人がプラチナ製品を求めています。そんなプラチナの買取相場は、近年どのように推移しているのでしょうか。この記事では2023年の相場や、価格高騰の理由をお伝えします。

プラチナは値上がり傾向!2023年の相場

プラチナ
まずは、昨今のプラチナ相場を確認してみましょう。
2022年におけるプラチナの小売価格(税抜)は、平均4,132円/グラムです。それに対して、2021年は平均3,927円/グラム、2020年は平均3,114円/グラムでした。このように過去数年の相場と比較すると、近年プラチナの価格は上昇傾向にあることがわかります。
続いて、2023年におけるプラチナの価格を見てみましょう。プラチナの小売価格(税抜)は、2023年1月時点で平均4,486円/グラムとなっています。さらに4月時点で平均4,552円/グラムとなり、最高で4,864円/グラムという高値がつきました。
過去数年と比べて、2023年のプラチナ相場は高値が続いています。一般的に、プラチナは価格の変動が大きい貴金属として知られています。そのため、一部の投資家によって短期的な投資先として選ばれることも少なくありません。
田中貴金属工業「プラチナ価格推移」

なぜプラチナ高騰が起こっているのか?

2023年の相場では、プラチナの値上がりが起こっています。このように短期的にプラチナが高騰している要因の一つとして、コロナ禍からの景気の回復が挙げられます。
2020年以降、世界的な新型コロナウイルス感染拡大により、多くの国で経済活動が停止し景気が悪化する傾向にありました。その後、経済活動が徐々に回復すると、自動車産業をはじめとしたプラチナの需要も高まり、値上がりにつながったと考えられています。
プラチナの価格は、さまざまな要因によって決まります。たとえば、産出国の事情により供給が減少したり、産出国の通貨に大きな変動があったりした場合なども、価格高騰が起こる可能性があるでしょう。

今後のプラチナ相場の推移

価格変動が大きいプラチナは、世界情勢の影響を受けて上昇や下落が起こる可能性があります。近年は短期的に値上がり傾向にあるものの、こうした状況が安定して続くとは考えにくく、先行きは不透明だといえるでしょう。
現状、プラチナは自動車のディーゼルエンジンで排気ガスを浄化する触媒として使われていることから、自動車産業の動向にも大きな影響を受けます。近年は世界的に脱炭素の動きが強まり、新たな技術が用いられた電気自動車に注目が集まっています。そのため、長期的にはガソリン車に使われるプラチナの需要が減るという見方もあるのです。
プラチナの売り時を検討しているならば、高値が続くタイミングで手放すのも一つの手だといえます。

プラチナの価値がなくなるリスクはある?

悩む女性
プラチナは価格変動が大きい貴金属であるため、保有している方は不安を感じることもあるかもしれません。しかし、プラチナは物自体に高い価値がある「実物資産」の一つです。その生産量は同じ貴金属である金よりも少なく、非常に希少性が高いことで知られています。たとえ短期的に見て価格が大きく変動していたとしても、まったく価値がなくなることは考えにくいでしょう。
ただし、お持ちのプラチナの売却を検討しているなら、できるだけ相場が高いうちに行動に移すようにおすすめします。プラチナの査定は買取専門店に依頼できるため、貴金属買取の実績が豊富な信頼できる店舗へ持ち込み、ぜひ現在の価格を確認してみましょう。

「なんぼや」はプラチナ買取強化中!

ポイント紹介する女性
ここまで、プラチナの値上がりについて解説しました。新型コロナウイルス感染拡大にともない、一時期は価格が低迷したプラチナですが、近年は上昇傾向にあります。国内ではジュエリーとして根強い人気を誇り、高価買取が期待できる貴金属の一つです。
買取専門店の「なんぼや」では、そんなプラチナの買取に力を入れています。貴金属買取の実績が豊富な当店では、コンシェルジュがお客様のお品物を丁寧に査定いたします。少量の買取からお引き受けいたしますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

2023年
12
     
金相場高騰につき、買取強化中!   
高値で推移しています!
売るなら今がチャンス!
7,095円/g
2021年12月10日
8,593円/g
2022年12月10日
10,249円/g
2023年12月10日
お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください