鑑定書・鑑別書なしの状態でも宝石買取は可能?注意点とコツを紹介

鑑定書・鑑別書なしの状態でも宝石買取は可能?注意点とコツを紹介

ダイヤモンドやルビーなど、買取市場において人気の高い宝石は数多く存在します。実際に買取査定を利用した方の体験談を耳にする機会があると、「よし、自分も!」と思うもの。

とはいえ、実際に準備を始めてみると、鑑別書・鑑定書が見つからずに困った!というケースも少なくありません。
鑑定書や鑑別書なしの状態では、宝石買取を利用することはできないのでしょうか。
こちらでは、宝石買取を安心して利用するため、また査定金額に満足するためのポイントや、鑑定書・鑑別書の意味、鑑別書なしの真珠買取に関する知識などを紹介します。


2023年宝石買取相場急上昇中!!

さらにジュエリーに使われている金は1月に1gの相場が8800円を超えました!!

20年前と比べておよそ7倍まで上昇しており、これまでにない高値となっています。

宝石やジュエリーを売るなら今がチャンス、宝石買取なら「なんぼや」にお任せください。

宝石の高価買取について詳しくはこちら

鑑定書・鑑別書が持つ意味

宝石には、販売時に鑑定書や鑑別書が付属しているケースが少なくありません。購入者にとって、「購入時に安心感がある」というメリットがあります。

とはいえ、ふだん宝石を身につける上では、全く意識することがない書類。買取を検討し始めた際に探しても、「見つからない!」なんてケースも少なくないのです。

では鑑定書や鑑別書にはどのような情報が記載されていて、どのような意味を持つのでしょうか。買取を検討し始めた際には、ぜひ頭に入れておきましょう。

ダイヤモンドのみに発行される鑑定書

宝石の世界における「鑑定書」を、別の名前で呼ぶと「ダイヤモンド・グレーディング・レポート」となります。その名前の通り、ダイヤモンドのグレードを表すための書類となっています。

ダイヤモンドには、いわゆる「4C」の基準で、それぞれの価値が明確に決められています。「どの程度の価値があるダイヤモンドなのか」を、専門家が判断した「成績表」のようなものと考えれば良いでしょう。

科学的検査を行う鑑別書

一方で、ダイヤモンドにもダイヤモンド以外の宝石にも発行されるのが鑑別書です。
科学的な手法を用いて、その宝石の種類やもととなっている物質を確かめます。

  • その宝石が本物であるかどうか
  • 天然の石か人工的に作られた石か
  • どのような処理が施されているのか

これらの項目を確かめることができます。

科学的な検査を行うことで、鑑定士が目で見て判断しづらいポイントもしっかりと評価してくれるという特徴があります。

なくても買取利用は可能

なくても買取利用は可能

鑑定書や鑑別書は、宝石の価値に対して「専門機関からのお墨付き」を与えるための書類です。
査定士がその価値を正しく判別するためのヒントになるとともに、宝石を再販する際に、購入者の安心感につながる可能性も高いです。

このため、鑑定書や鑑別書を一緒に持参することで、宝石の高価買取を行うとうたう業者が少なくありません。

とはいえ、豊かな経験を身につけた査定士にとって、鑑定書や鑑別書は「ヒント」程度の情報にしかならないケースもあります。

特にダイヤモンドの場合は、鑑定書がなくても、その価値を見極めることは可能となります。このため、鑑定書や鑑別書がなくても宝石買取を行ってくれる業者も少なくないのです。

高い査定スキルを持つバリューデザイナーが在籍している「なんぼや」なら、鑑定書や鑑別所のない宝石も買取可能です。お気軽にお問い合わせください。
「なんぼや」の宝石買取実績や買取相場はこちら

高い査定力を持つお店選びが重要

鑑定書や鑑別書なしで宝石買取をしてもらう場合、ある場合よりもさらに、宝石買取店を吟味して選択する必要があります。

査定力がないにも関わらず、鑑別書なしでの買取に応じる業者を利用した場合、以下のようなリスクがあります。

  • 価値がわからないまま、安く買取されてしまう
  • ジュエリーを持ち込んだ場合、金やプラチナのみで査定されてしまう

その価値がよくわからない品物を持ち込まれたとき、買取店はリスクを回避するために、相場よりもかなり低い価格で買取します。

また宝石買取では、金やプラチナの土台がついた状態で査定を依頼するケースも多いはずです。この場合、価値が確かな金やプラチナのみで買取査定金額を提示されることもあります。

鑑定書・鑑別書なしでの買取は、お店選びを失敗すると損をしやすいことも、頭に入れておいてください。

あった方が有利なケースも少なくない

あった方が有利なケースも少なくない

鑑別書なしの状態でも、宝石買取が可能な店舗は数多く存在しています。
しかしこうした店舗においても、「やはり鑑別書があった方が有利」というケースもあるので注意しましょう。

例えば、

  • ルビー
  • エメラルド
  • サファイア

などの宝石は、美しく見せるために人の手が加えられているケースも少なくありません。
また、本物と見間違うほどの模造品も増えてきています。

優れた査定技術を持つ査定士であっても、「どうしても判断が難しいもの」は存在しています。
こんなときには鑑別書があった方が、高価買取しやすくなります。
現在、宝石やジュエリーの買取相場が上がっています
売却前の相談や店舗に行く前に買取金額の目安を知りたい方はコチラ

110万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定

鑑別書なしの真珠(パール)は買取できない?

宝石のなかでも値がつきにくいといわれているのが真珠(パール)です。真珠を売ろうとしても、なかなか買い取ってもらえないと聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。
真珠は貝から採れる有機物です。生きた宝石とも呼ばれており、年を経るごとに劣化していく特徴を持ちます。長年使い続けた真珠のネックレスやピアス、イヤリングなどは、表面がはがれたり、へこみができたりすることも。そういった真珠の場合は価値がつきにくく、買取されないケースも見られます。
また、状態の良い真珠であっても、査定に出す店によっては価値を低くつけられてしまうことがあります。上述の通り、査定力のある店であっても宝石の品質の判断に迷うケースがあるためです。鑑別書がなくても売ることは可能ですが、できるだけ添えて出すようにしましょう。保証書や箱などの付属品も併せて査定することがポイントです。

淡水パールの買取相場

真珠には、海で採れるアコヤパールや、湖で採れる淡水パールなどの種類があります。淡水パールは産出量が多く、手頃な価格で入手しやすいため、所有している方も多く見られます。そのため、買取相場もそれほど高くはないとされてきました。
ただし、淡水パールのなかにも高品質なものがあり、そういったものに対しては高価な買取価格がつくことがあります。ネックレスの場合、5,000円程度で売れることもあれば、20,000円程度で売れることも。MIKIMOTOやTASAKIといったブランドアイテムの場合は付加価値がつき、買取価格も高くなるでしょう。いずれにせよ、買取業者の査定により金額は変動するため、複数の買取店を回って査定してもらうことが大切です。

信頼できる買取店に相談してみるのもオススメ

鑑定書や鑑別書をなくしてしまった、見つかったけれど古い、情報がアテにならないなどのケースでは、再度査定や鑑別を依頼することで、書類を用意することもできます。

とはいえこの方法には、査定・鑑別、書類発行のための費用が必要となりますから、「買取前に本当にやった方が良いのかどうか」で悩みやすいポイントともいえます。

こんなときには、ぜひ信頼できる買取店に相談してみてください。
現状のまま、まずは一度査定をしてもらい、「もし鑑定書や鑑別書を用意したら、査定金額はどの程度変わるのか」を聞いてみましょう。
宝石買取における失敗を防ぐことができます。

現在、宝石やジュエリーの買取相場が上がっています
写真を撮って送るだけ、店舗に行く前に買取金額が無料で分かります。

110万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定

現在、宝石やジュエリーの買取相場が上がっています
売却前の相談や店舗に行く前に買取金額の目安を知りたい方はコチラ

110万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定

宝石を高く売るなら「なんぼや」にお任せください。
宝石買取実績の豊富なバリューデザイナーが査定し、高価買取いたします。
駅から近い便利な全国135店舗の一覧はこちら

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください