2024年 6月
プラチナ相場の過去推移

2024年 6月 プラチナ相場の価格推移グラフ

基準指数(円)

期間(日単位):

開始日が終了日より後になっています

から

終了日が開始日より前になっています

※買取相場価格に手数料は含まれておりません。手数料に関しては宅配買取もしくは店頭にてご案内させていただきます。

> 今日のプラチナ1gあたりの買取相場価格

> 今日の金1gあたりの買取相場価格

> 今日の銀(シルバー)1gあたりの買取相場価格

2024年 6月 プラチナ相場の価格推移

最高価格
({{formatDate(max.d)}})
最低価格
({{formatDate(min.d)}})
平均
買取価格
{{formatPrice(max.p)}} {{formatPrice(min.p)}} {{formatPrice(avg)}}

2024年 6月 プラチナ相場の価格推移表

月日
買取価格
前日比
専門家のコメント

{{formatDate(item.d)}}
({{getWeek(item.d)}})

{{formatPrice(item.p)}}

({{formatDiff(item.diff)}})

{{formatDiff(item.diff)}}

{{getComment(item.d)}}

2024年 6月 プラチナ相場に対する考察

2024年6月期のプラチナはインゴットベースで月始めの5,600円台からスタートした。月初は月中盤に発表されるアメリカの消費者物価指数(CPI)、かつヨーロッパの中央銀行(ECB)がプラチナの値動き決めに影響するのではと予測された。 6月4日から5日にかけて著しく下落する。プラチナは同じコモディティである金と連動することが多いが、このタイミングの下落は金とは関連なく、「プラチナ独自の動き」といえる。従来からプラチナが持つ高いボラティリティのため、数日で300円〜400円下落することも充分に考えられる。一方で反発する際も上昇幅が大きく、下落分を一気に飲みこんでしまうことも珍しくはない。 プラチナの価格に影響力があるとされるのが半導体だ。2024年の前期に株式相場の主役となったエヌビディア(NVIDIA)だが、6月に入り下落傾向を見せる。ただプラチナは半導体が落ちようとも上昇基調は変わらず、あくまでプラチナ本体の過熱感といえるだろう。ただ10日(月)に速報でエヌビディア社への独禁法調査が入ったことと、159円の下落が重なるなど、関係無いと言い切れないところも難しい。 6月下旬になると、下落の続いたインゴットが上昇基調に移る。6月16日には月底値の5,218円だったが、6月25日には5,559円まで上昇した。その後一時的に落ちるも、6月27日には月高値(3日)の5,715円に迫る5,681円を記録する。 7月はアメリカで予測されている「利下げが9月にあるのではないか」というニュースがどのように具体化していくか注目される。またアメリカ大統領選も影響力を持つだろう。毎年大統領選は、副大統領が指名される7月前後には経済論戦がはじまるが、先の28日の大統領候補討論では現職のバイデン大統領に対して高齢のリスクが目立つ結果となり、民主党は大幅な修正ストーリーに踏み切る可能性も否定できない。アメリカの内政リスクはイスラエルのガザ侵攻にも多大な影響があるため、カントリーリスクの遠因といえる。動向を随時注視していきたい。

専門家コメント・考察コメント作成

工藤崇
工藤崇
(AFP/証券外務員Ⅱ種)

北海学園大学法学部卒業後上京。不動産会社・建築会社を経てFP事務所を設立し、代表に就任。FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を取得しながら、Fintech関連業務に参画。

2024年 6月 週別 プラチナ相場の価格推移

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談だけでもOK

まずは専門スタッフに気軽に相談

査定金額の目安を知りたい

すぐに買取をご希望の方はコチラ

電話でご相談 無料査定! 「なんぼや」のお問い合わせ

どれを選べばいいか迷ってしまうお客様はこちら

【解説】4つの買取方法の詳細を見る