プレシャスオパール/Precious Opal

プレシャスオパール/Precious Opal

遊色効果のあるオパール全般のことをプレシャスオパールといいます。
遊色効果の出かたのパターンによって、遊色の色によって、また、遊色を見る角度によって全く異なる顔を見せてくれるプレシャスオパールは、特別な魅力を持った宝石です。

プレシャスオパールの名称の由来や価値、その特徴や石にまつわる言葉の意味などを、詳しくご紹介します。


2023年宝石買取相場急上昇中!!

さらにジュエリーに使われている金は10月30日(月)現在1gの相場が10,544円を超えました!!

20年前と比べておよそ7倍まで上昇しており、これまでにない高値となっています。

宝石やジュエリーを売るなら今がチャンス、宝石買取なら「なんぼや」にお任せください。

宝石の高価買取について詳しくはこちら

宝石の属性

名前 プレシャスオパール
英語名 Precious Opal
和名 蛋白石(たんぱくせき)
乳白色、褐色、黄、緑、青、オレンジ、赤
グループ(種・変種) クリストバライト、トリディマイト、フィオライト
硬さ(モース硬度) 5-6.5
光沢 ガラス光沢、樹脂光沢
化学成分 SiO2・nH2O
結晶系 非晶質(潜晶質)
誕生石 10月

宝石言葉・意味

宝石言葉
希望・潔白・幸福・安楽
意味
希望に溢れ、幸福感に包まれる潔白な心

産出国・産地

  • オーストラリア:ライトニング・リッジ/Lightning Ridge、クイーンズランド/Queensland、ウイントン/Winton、ホワイトクリフ/White Cliffe、コロイット(コロイト)、ヤワー、クーピー、エロマンガ/Eromanga、ジャンダー、クーバーペディ/Coober Pedy、アンダムーカ/Andamooka
  • メキシコ:マグダレナ/Magdalena、ケレタロ/Queretaro
  • エチオピア連邦民主共和国:ウォロ(ウェロ)/Wello
  • アメリカ:ネバダ(ネヴァダ)/Nevada
  • ブラジル:全域
  • ペルー:全域
  • タンザニア:全域
  • ジンバブエ:全域
  • 南アフリカ共和国:全域
  • 日本:全域
  • カザフスタン共和国:全域

特徴・特性

特徴・特性

ケイ酸鉱物の一種で、成分中に約10%までの水分を含有するケイ酸化合物のオパールの中でも、遊色効果(イリデッセンス)のあるものがプレシャスオパールです。

プレシャスオパールの遊色の出かたは千差万別で、遊色のパターン、色、遊色を見る角度などによって全く異なる顔を持ちます。ひとつとして同じものが無い、特別な魅力を持つ宝石なのです。

プレシャスオパールの種類

プレシャスオパールは、地色がホワイトから透明に近い色のホワイトオパール(ライトオパール、クリスタルオパール)、地色がブラックからグレー色のブラックオパール、オレンジ色の炎のような色のファイアーオパール、堆積岩や鉄鉱石などの母岩がついているボルダーオパール、流紋岩が母岩でカボション等にカットされることの多いカンテラオパールなど、色や形状で種類が分けられます。

プレシャスオパールの遊色パターン

プレシャスオパールの遊色パターンは、まるで道化師の衣装のように格子状に様々な色が入った「ハーレクイン(Harlequin)」、太ラインがリボンのような「リボン(Ribbon)」、麦わらを折り重ねたような模様の「ストロー(Straw)」、麦のもみ殻や切りわらのように見える「シャフ(Chaff)」、漢字のような直線的な模様の「チャイニーズライティング(Chinease Writing)」、カメラのフラッシュのような強烈な色が目に飛び込む「フラッシュ(Flash)」、ピンでつついたような模様の「ピンファイヤー(Pin Fire)」、油絵具を何色もパレットに出したかのようにカラフルな色合いの「パレット(Palette)」、石全体に帯や筋状の色が見られる「フレーム(frame)」などがあります。

どの柄も美しく、それぞれにオンリーワンの特徴があるため、好みの石を探す楽しみもオパールの魅力のひとつと言えるでしょう。

宝石を高く売るなら「なんぼや」にお任せください。宝石買取実績の豊富なバリューデザイナーが査定し、高価買取いたします。
「なんぼや」の宝石買取実績や買取相場はこちら

価値

価値

プレシャスオパールの価値は、遊色の見え方と色で決まると言っても過言ではありません。
小さい石でも輝きと色の美しいものは、宝飾品としてカットされた時に大きいもの以上の存在感を示すこともあります。

プレシャスオパールの売却をお考えの方は、ぜひ「なんぼや」までご相談ください。
適切な査定を行い、お客様の大切な宝石を高価買取いたします。
駅から近い便利な全国135店舗の一覧はこちら

遊色の色別価値

遊色の色の種類には、大きく分けてレッド、オレンジ、イエロー、グリーン、ブルー、パープルがあります。

発色するまでに長い年月のかかる赤色は、遊色の中でも大変希少な色合いなため、価値基準では最も価値のある色になり、パープルに近づくほど低い評価になるのが一般的です。

ただし、その色の出かたや位置によっては宝石として高い評価になることもありますので、紫色がメインでも色だけみて評価を決めることはできません。

パターンによる価値

主なパターンの中では、ハーレクインの価値が最も高いとされています。リボンやチャイニーズライティングなども珍しいパターンですので、高値になることがあります。
また、すでに周知されているパターンとは異なる模様が出現することもあります。面白いパターンのものは、コレクターズアイテムとしても人気となります。

なお、簡単な価値の見分け方として、遊色が帯状に出ているものの中で、その帯が太く様々な色と交差しているものの価値が高くなる傾向にあると、覚えておくと良いでしょう。

地色による価値

地色はオパールの種類によっても変わりますが、最も評価の高い色はブラックで、この色を地色に持つブラックオパールが、プレシャスオパールの中でも最も高く評価される石になります。

ついで、オレンジ色の地色を持つファイアーオパールの中で、オレンジの色が濃く発色も良いものの評価が高くなります。

乳白色から透明に近い色合いの地色を持つ、ホワイトオパール(ライトオパール、クリスタルオパール、ジェリーオパール)は、基本的に透明に近いものの評価が高くなります。

なお、ボルダーオパールやカンテラオパールは、母岩がついているため、母岩の地色に左右されることもありますが、地色の価値というよりも、オパールと母岩の比率やオパールが作り出す模様などによって評価されることがほとんどです。

カットの基準

プレシャスオパールは、カボションカット(※1)されることの多い宝石です。カボションカットの場合、線対称(シンメトリー)で曲線にゆがみがなく、厚みのある(ハイカボション)ものの評価が高くなります。

また、オパールの良さを最大限に生かすために石に沿ってカットする“カービング”カットも、オンリーワンの魅力がより強く出るために良いものは評価が高くなります。

その他の評価基準

その他に見るべきところとしては、遊色の配置に偏りがないか、ポッチ(Potch)やポッチライン(Potch line)と呼ばれる、表面に色の見えない部分は多くないか、ウインドウ(Window)と呼んでいる地色が抜けて透けてしまっている部分はないかなどが挙げられます。

基本的に、遊色の配置が偏っているものやボッチやボッチラインのあるもの、ウインドウのあるもの、また、クラック(ひび割れ)やフラクチャー(内部亀裂)のあるもの、欠けや穴のあるもの、研磨が十分でない部分があるものは評価が低くなります。

なお、一般的な宝石では評価の下がることの多いインクルージョン(内包物)ですが、オパールでは、内包物により遊色が引き立ったり、デザインにプラスに働いたりする場合に限り、高く評価されることもあります。

現在、宝石やジュエリーの買取相場が上がっています
写真を撮って送るだけ、店舗に行く前に買取金額が無料で分かります。

120万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定


お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください