金の買取と消費税について…トラブル予防のための予備知識とは

金の買取と消費税について…トラブル予防のための予備知識とは

ふだんはあまり意識することはありませんが、金の売買にも消費税はかかります。金を買取してもらったときには、お店側から金の価格に消費税がプラスされますから、ちょっとお得な気分になるのかもしれませんね。

とはいえ、「金の買取で受け取った消費税、納税する必要はあるの?」「この先、消費税が上がったらどうなるの?」なんて気になる点も多いはず。
金の買取サービス利用と「消費税」について、気になる疑問を解消していきましょう。

買取で手にした消費税は、そのままもらっていい?

金を購入するときには、当然自分が支払う消費税。一方で、消費者が所有している金を業者が購入する「買取」では、反対に業者側が消費者に対して消費税を支払うことになります。

ふだんの生活の中で消費税とは、「支払う」ことはあっても「受け取る」機会は少ないもの。買取で予想よりも多くのお金が手に入れば「やった!」と思う一方で、「消費税として受け取った分のお金は、いったいどうすれば良いのだろう」と戸惑うこともあるのかもしれませんね。

もちろん消費財を受け取った側は、それを国に対して申告し、納税する義務があります。
この手続きを怠りますと、「脱税」ということになってしまいますから、注意しましょう。

ただしこの消費税の申告・納税については、個人事業主や法人に課せられた義務となり、個人で取引を行っている場合は、納税する必要はありません。

また個人事業主に対しても、1,000万円の納付免税枠が用意されています。この範囲内であれば、金買取で消費税を得たからといって、特別なことをする必要はないでしょう。

とはいえ消費税法においては、「取引が反復的に継続している」ことで「事業」として認識されてしまう可能性があります。

個人として金の売買を行っている場合でも、取引の回数やスタイルによっては申告や納税が必要となるケースもあるので注意してください。

増税したら、その分金額もアップするの?

増税したら、その分金額もアップするの?

今後の日本では、さらなる消費増税が予測されています。
2019年度中には、現行の「8%」から「10%」へと引き上げられると言われていますし、欧米各国の実情を見てみますと、将来にはさらに税率がアップするのでは……と見る向きも強いです。

気になるところは、「もしも本当に増税したら、金買取でもらえるお金もアップするの?」という点ですが、答えはイエスです。

消費税率が10%へと上昇すれば、買取時に支払われる消費税分も、現行よりも2%分アップする計算となります。

もしも、金の相場がこのまま変わらないとしたら、税率がアップするだけで、買取時に得られる金額が増えるということになりますから、注目してみると良いかもしれませんね。

実際に、将来の消費増税を視野に入れて「税額がまだまだ低い今のうちに金を買い増しておこう」と考えている投資家たちも少なくありません。

消費税に関することをはじめ、疑問に思うことがあれば、いつでも最寄りの「なんぼや」にお問い合わせください。
駅から近い便利な全国110店舗の一覧はこちら

海外から金を持ち込んだら、消費税分お得なの?

海外から金を持ち込んだら、消費税分お得なの?

金は世界中で取引されており、当然日本以外の場所でも購入が可能です。
金取引における消費税の取り扱いは、国によって異なっているという実情があります。

ここで気になるのが、「もしも消費税がかからない国で金を購入して、それを日本に持ち込んで買取してもらったら、消費税分はお得になるの?」という点です。

購入時には消費税分を支払っておらず、売却時には受け取るわけですから、確かに「お得」と言えるでしょう。

とはいえ、海外から日本に何かを持ち込みたいときには、関税を支払う必要があります。
20万円以下であれば免税対象となりますが、この範囲で購入できる金の量は、ごくわずかです。

消費税分のもうけを出そうとしても、わずか数千円になってしまう可能性も高いでしょう。

「旅行のついでにお土産感覚で」というのであればOKですが、「もうけを出すためにわざわざ旅行に行く!」というのは、本末転倒です。

大量に金の密輸をするケースも

近年、海外からの「金の密輸」が話題になることが多いのは、この「消費税分をもうける」ためだと言われています。

「上限20万円」というルールを守れば、消費税分として得られるお金はごくわずか。
しかしこのルールを取っ払ってしまえば、非常に多くのお金をもうけることができます。

金は少量でも価値があり、また金属として、「あらゆる形に加工しやすい」という特徴を持っています。密輸を行う側にとっては、非常に都合が良いのですね。

もちろん、金の密輸は犯罪で、厳しく監視されています。密輸をするつもりがなくても、必要な知識を身につけておかなければ「結果として犯罪行為をしてしまった!」なんてことにもなりかねません。

ぜひ消費税と金買取について、正しい知識を頭に入れておいてください。

まとめ

金の購入時には支払う必要がある消費税。反対に業者に買取をしてもらうときには、自分自身が受け取ることになります。

申告・納税の義務があるのかどうかは、ぜひ自分自身の立場に沿って考えてみてくださいね。消費税と金買取の関連性を頭に入れておくことで、買取時にも有利に立ち回れる可能性がアップするでしょう。

金・貴金属・プラチナの売却をお考えの方はお近くの「なんぼや」をご利用ください。
お持ちいただいたアイテムは相場にもとづき高価買取いたします。
駅から近い便利な全国110店舗の一覧はこちら

「なんぼや」グループの店舗案内

「なんぼや」、「ブランド コンシェル」は全国110店舗買取専門店!
駅から近い便利な立地です。

お好きな
エリアを選択
してください

関東エリア

東京都の店舗一覧
  • なんぼやロゴ・・・なんぼや
  • ブランドコンシェルロゴ・・・ブランドコンシェル

ブランド コンシェルは「なんぼや」グループの
予約もできるブランド買取専門店です。
※全店買取基準は同一です。

ブランド コンシェル 予約もできる買取専門店 ご予約を希望の方はコチラ

宅配買取クイック 最短30分で集荷、1時間で査定完了

お近くに店舗がない方はコチラ

「なんぼや」の選べる3つの買取方法

キャンセルOKの無料査定!