チープとは言わせない「K10(10金)」の魅力

チープとは言わせない「K10(10金)」の魅力

お手頃価格で金の雰囲気を楽しめるのが、「K10(10金)」です。確かに純度は低いですが、最近では、ピアスやチェーンといったアクセサリー類も多数登場。「魅力的に見えるけれど…実際にはどうなんだろう?」と気になっている方も多いのではないでしょうか。

純金にこだわる人には見向きもされないK10ですが、アクセサリーとしての強度やデザインの自由度の高さなど、この素材ならではの魅力も決して少なくありません。

K10に関する基本的な知識を身に付けて、ゴールドアクセサリーの世界をさらに楽しんでみてください。注意点も解説します。

K10(10金)には、半分も金が入っていない?

K10とは、金の純度を示すための記号です。場合によっては「10K」や「10金」と表示されるケースもあります。
金の純度は、一般的に24分率で表されており、K10(10金)の場合、素材全体の重量の、24分の10が金であることを示しています。

24分の10をよりわかりやすい数値にすると、約42%です。つまり10Kは、約42%の金に約58%の別の金属を混ぜ合わせて作られているわけです。
「K10には半分も金が入っていない」というのは、紛れもない事実だと言えるでしょう。

純金をそのままアクセサリーやジュエリーに加工するケースは稀で、一般的にはK18やK14が使われるケースが多いようです。
K18の場合は約75%が、K14では約58%が金でできていますから、それらと比較しても、K10に含まれる金の量は少ないと言えるでしょう。
ちなみに、K12であれば含まれている金の量はちょうど半分、つまり50%になりますが、あまり流通していないようです。

K10を示す表記は、1000分率の値から「416」や「417」と記載されているケースもあります。特に海外製品に多くみられるパターンです。

K10はチープ?

近年、K10のアクセサリーが注目を集めているのは、金の価格が高騰しているからです。これまでの予算で、これまでと同じ純度の金を同じだけ使うのは難しいでしょう。より気軽に金製品の雰囲気を楽しむための手段として、多数登場しているのがK10のアクセサリー類です。

先ほどもお伝えしたとおり、K10に含まれる金の量は約42%。残りの58%には別の金属が使われていて、これを「割金(わりがね)」と言います。

「ゴールドジュエリーと言えばK18以上が当たり前」という時代を過ごしてきた方にとっては、「金よりも割金の方が多いなんて…」と思ってしまうこともあるかもしれません。しかし、現在の状況を考えれば、K10=チープとは言えなくなってきています。

金高騰により、純度の高い素材を使うのが難しくなってきてはいますが、メーカー側もさまざまな工夫を凝らしています。魅力的なデザインやカラーで、チープさを感じさせないK10アクセサリーが多数登場し、幅広い世代から人気を集めています。

現在オリンピックの影響でジュエリーの価値が高騰しています。

お手持ち貴金属の価値が知りたい方は、「なんぼや」へお任せください。

豊富な買取実績を持つコンシェルジュが丁寧に査定し、商品の価値を見極めます。

「なんぼや」の金・貴金属の買取についてはこちら

バリエーション豊かなK10のカラーゴールドたち

K10に使われている割金の割合は、約58%です。つまりこれは、「金に金以外の素材をふんだんにプラスして、より自由な雰囲気に仕上げられる」という事実を示しています。

K10に使われる割金といえば、銀、銅、パラジウム、ニッケルなど。これらのバランスを微妙に調整することで、これまでにはない微妙な色合いの魅力的な金製品が生まれてきています。バリエーション豊富なK10のカラーゴールドの中でも、特に人気が高いのはホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールドの3つです。

それぞれについて、詳しく紹介します。

ホワイトゴールド

K10のホワイトゴールドは、割金に含まれるパラジウムの割合を高めることで、色合いを調整したカラーゴールドです。
金製品でありながら、まるでプラチナ製品のような、上品な色調を楽しめるでしょう。

K10のホワイトゴールドの特徴は、ピッカース硬度の高さにあります。ピッカース硬度とは、圧力に対する変形しにくさを示す数値で、K10のホワイトゴールドでは、約190(Hv)です。純金の場合は25(Hv)、K14の場合でも165(Hv)ですから、K10の硬度の高さがお分かりいただけるのではないでしょうか。

K10のホワイトゴールドの表面は、ロジウムでメッキされるケースが一般的です。K10ホワイトゴールド製品には「K10WG」という刻印がされていますので、こちらもぜひチェックしてみてください。

イエローゴールドとピンクゴールド

金の上品さに華やかさをプラスしたイエローゴールド・ピンクゴールド。女性向けアクセサリーにも人気の素材です。イエローゴールドとピンクゴールドの場合、割金には銀と銅が使われるケースが一般的。その比率は、メーカーによって異なります。

イエローゴールドはやや銀が多めで、ピンクゴールドの場合は銅が多めに配合されています。どの程度多めに配合するのかによって、色味の雰囲気も違ってきますから、さまざまなメーカーから好みのものを探してみるのがおすすめです。

K10はカジュアルなデザインを実現する

とびきりゴージャスに着飾りたいときには、重厚感あふれる純金製のジュエリーがすてきです。しかし実際には、「純金製では高級過ぎて浮いてしまう」なんて場面も多いもの。こんなとき、バリエーション豊富なK10アクセサリーが活躍してくれるでしょう。

一つひとつが安価なため、さまざまなデザインを買い求めるのもおすすめです。気分やファッション、TPOに合わせて身に付けるアクセサリーを選択できます。

K10イエローゴールドは、金製品ですが、爽やかなレモンイエローのような色味を楽しませてくれます。カジュアルな場面でも、爽やかに身に付けられるでしょう。K10ピンクゴールドの場合、特徴的な濃いピンクが人気を集めています。落ち着いたピンクの色味が女性らしく、また年代を問わず身に付けやすいカラーとして、人気を集めています。

K10はペアリングにも最適

バリエーション豊富なK10は、男女のペアリングにも最適です。同じK10素材を使いながら、色味を変えることで全く違った雰囲気に仕上げられます。たとえば、男性にはK10ホワイトゴールドを、女性にはK10ピンクゴールドを選択すれば、それぞれがお気に入りを身に付けつつ、ペアの雰囲気を楽しめるでしょう。

同じK10素材であれば、価格もほとんど変わりません。お互いに贈り合うのもおすすめです。

K10はサイズ直し、修理には硬すぎる場合も

比較的安価に入手でき、カラーバリエーションも豊富なK10(10金)。近年、さまざまな製品に加工されており、中でも「リング」は人気アイテムのひとつです。毎日身に付けるものだからこそ、「デザイン性の高いものを選びたい」と思う方も多いのではないでしょうか。

ただ、K10素材のリングを購入する際に、一点だけ注意したい点があります。それがサイズ直し、つまりジュエリーリフォームについてです。

ネックレスやブレスレットとは違い、リングのサイズは非常に細かく、合わないものを身に付けるのは難しいでしょう。そのため、「購入時から指の太さが変わってしまった場合、サイズ直しで対応する」というケースが一般的です。

しかしK10のカラーゴールドの場合、硬度が高すぎてリフォームが難しくなってしまうケースがあります。特に、人気の高いホワイトゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールドで硬度が高くなりがちなので、リフォーム時には注意しましょう。

購入時にお店の人に確認するほか、リフォーム依頼時にも、対応方法について確認しておくと安心です。

リングのサイズ直しの手順

リングのサイズ直しが必要になったら、ジュエリーリフォーム専門店などにお願いしましょう。
職人さんがリングを小さいサイズに直すときの一般的な手順をご紹介します。

1. サイズ測定

リングのサイズをピッタリにするため、まずはサイズを測定します。サイズ棒と呼ばれるアイテムにリングをはめて、現状を確認。これで指輪の号数がわかります。指の太さに合わせて、リングをどの程度小さくするのかを決定しましょう。

2. 切断、切り取り

リングを切断して、必要な部分だけを切り取ります。使われる刃物は、糸のように細いもの。職人さんの熟練の技術で、スピーディーに作業が行われます。

3. 溶接

小さくカットしたリングの切断面をつなげ、輪っか状に戻します。
溶接時に使われるのは、金に合わせた種類のロウです。バーナーで熱を加えてロウを溶かすことで、切断面が溶接されます。

4. 仕上げ

溶接面をきれいに磨いて仕上げをします。残ったロウをやすりで削りとり、磨き棒やリューターなどで研磨していきます。
リングの表面がつるつるになったら、最後にパフがけをして洗浄すれば、ピカピカの状態に仕上がります。

職人さんにリフォームを断られたらどうする?

K10カラーゴールドのサイズ直しを依頼した場合、残念ながら断られてしまうケースもあります。素材が硬すぎると、うまく切断できなかったり、切断時にヒビが入ってしまったりするからです。また、デザイン的に対応が難しい場合も、「リフォーム不可」と判断されてしまうことがあります。

カラーゴールド以外で注意が必要なのは、ダイヤモンドを使ったリングです。サイズ調整に熱処理は欠かせませんが、ダイヤモンドに熱が加わると、美しさが損なわれたり破損したりする可能性も。リスクがあることを頭に入れた上で、行動しましょう。

どうしても修理したい場合はレーザー溶接

一般的なバーナーによる溶接が難しいと判断されてしまった場合に、検討したいのがレーザー溶接です。レーザー溶接機という特殊な機械を用いて溶接するスタイルで、バーナー不可のケースでも対応してもらえる可能性があります。

一般的な熱処理溶接よりも修理費用は高くなりますが、大切なアクセサリーが破損するリスクを少なくできます。ちなみに、バーナーを使ったサイズ直しが2,000円程度だとすると、レーザー溶接では5,000円程度になるケースもあるようです。

熱処理・レーザー溶接以外にも、アークスポット溶接機を使った方法もあります。「とにかく見た目の美しさにこだわってリフォームしたい」という方は、ぜひこちらにも注目してみてください。

K10とK9の違い

近年、日本で注目されているK10アクセサリー。一方で、ヨーロッパ各国で見かける機会が多いのは、K9商品です。

金の含有量にそれほど大きな違いはありませんが、割金の種類や金属の用途に違いがあると言われています。詳しい情報を解説しましょう。

ブリティッシュゴールド

K9で特に有名なのが、イギリス王室です。割金の種類やバランスによって、さまざまな色合いを楽しむことができるK9。王室の宝飾品はデザイン性を重視して作られており、K9が好んで使われています。

K9は、「ブリティッシュゴールド」「ロイヤルゴールド」と呼ばれるほど、国中で広く親しまれています。イギリス製のアンティークジュエリーにも、K9が使われているケースが多いようです。

なぜイギリスではK9なのか

ではなぜK9は、これほどまでにイギリスおよびヨーロッパで愛されているのでしょうか。そこには、金の歴史が深く関わっていると言われています。

古い時代から金は世界中で人気の金属でしたが、金のどこに価値を置くのかは、国や地域によって差がありました。
たとえばアメリカでは、純度を重要視。K14以上にのみ、品質を保証する刻印を打つことが認められていたため、国内にはK14以上の純度の金が多く集まっていました。

一方でイギリスの場合、優秀な金細工職人が多数集まっていました。またアンティークジュエリーを作り、それを愛でる文化も根付いていたため、19世紀のヴィクトリア時代には、K9を使った繊細なジュエリーが多数登場。パール、サファイア、アメジスト、ガーネット、ダイヤモンドにカラーゴールドを組み合わせた、デザイン性の高いジュエリーが人気を博したのです。

フランスをはじめとするヨーロッパ各国においても、アンティークジュエリーは人気であり、K9も広まっていったと考えられています。
ヨーロッパでK9が多く流通するのは、歴史の名残でもあるのでしょう。

ちなみに、K9のブリティッシュゴールドを作るために、割金として配合されるのはプラチナです。金よりも価値のあるプラチナを混ぜ合わせることで、上品さや豪華さ、独特の美しさを演出しています。

フルート素材としてのK10

フルートの管体には金が用いられることがあります。
それは金を管体に用いますと、深みのある音色を奏でることができるからだとされています。

純度としてはK9、K14、K18、K24が代表的ですが、K14以上になりますと、価格も一段と高くなりますし、重量も重くなるため、上級者向けになります。そのため、初心者はK9から始めることが多いようです。

しかしK10のフルートを製造しているメーカーも中には存在するようで、K9からK10にグレードアップしているフルーティストもいるようです。
わずか24分の1ほど金の純度が増えるだけですが、管体の特性が変化し、これだけで音色の“遠鳴り”が良くなると好評のようです。

K10は金属アレルギーに注意

さまざまなアイテムで、気軽に身に付けられるK10アクセサリー。だからこそ注意したいのが、金属アレルギーについてです。

金そのものは金属アレルギーを起こしにくい物質と言われていますが、K10には、金以上の割合で金以外の素材が含まれています。銀や銅、ニッケルなどはイオン化しやすく、金属アレルギーを引き起こしやすい金属として知られています。

特にニッケルは注意したい金属で、最近のアクセサリーでは使われていないケースも増えてきています。ただ、古いアイテムにはそのまま使用されている可能性も高いため、十分に注意しましょう。

見た目は金でも、K10の場合油断は禁物です。「K14は大丈夫だったけれど、K10ではアレルギー症状が出てしまった」という症例も報告されていますから、アレルギーを起こさないよう、適切な使用を心掛けてください。

K10の保管方法、お手入れの仕方

K10は、アクセサリー本体に使われるだけではなく、金メッキや金張りの材料としても人気の素材です。もし手元のアクセサリーに「K10GP」という刻印があれば、それは「Gold Plated」、つまりK10の金メッキが施された製品であることを示しています。ちなみに金張りの場合の刻印は「K10GF」(Gold Filled)です。

どちらも、ベースメタルの上に薄い金の膜を貼り付けたもので、摩擦に弱いという特徴があります。こすれると剥がれてしまう可能性もあるので、取り扱いには注意しましょう。

またK10の特性として、「空気によって腐食しやすい」という点が挙げられます。腐食したK10は、その美しい色味がくすんでしまいますから、なるべく空気にさらさないことが重要です。身に付けるとき以外は、密閉できる容器に入れて保管しましょう。

また、水や油分にも注意が必要です。水に触れれば、K10はやはり腐食してしまいます。化粧品などに含まれる油分にも気を付けてください。
リングやピアスなど、「つい身に付けたままお風呂に入ってしまう」という方もいるかもしれませんが、大切なアクセサリーを傷める原因になってしまいます。特にお風呂は、外して入るようにしましょう。

アクセサリーのメンテナンス方法としては、「柔らかい布で拭く」のがおすすめです。汚れが気になるときには、中性洗剤を溶かしたお湯で、優しくメンテナンスします。

汚れが落ちたら、柔らかい布でよく水分をふき取り、ドライヤーを遠くから当てて乾燥させましょう。

まとめ

今回はK10(10金)についての情報をまとめました。海外製のアクセサリーの中には、「416」「417」という刻印で表記されることもあります。どれも同じ「重量比42%ほどの金」を示していますので、その特徴や注意点について頭に入れておきましょう。

一昔前までは、それほど見かけなかったK10のアクセサリーですが、近年では、低価格帯のゴールドジュエリーとして注目を集めています。カラーゴールドなど、「K10なんてチープでありえない」とは言えないほど、魅力的な商品も多数登場しています。

ヨーロッパ諸国では昔から、K10の品位に近い、K9が多く用いられていました。ブリティッシュゴールドやアンティークジュエリーなど、純度が低い金ならではの楽しみ方もいろいろ。今後は日本でも、さらに注目度が増していくのではないでしょうか。

一方で、K10にも注意点はあります。特にカラーゴールドの場合、非常に硬い素材であるため、サイズ直しやリフォームを断られてしまうことも。

また含まれている割金の量が多い分、金属アレルギーにも注意する必要があるでしょう。メッキ製品の場合は、特にお手入れが重要です。空気や水、油分には注意して、美しい状態を長持ちさせてください。

比較的安価で、カラーバリエーションも豊富なK10だからこそ、年代や性別を問わず身に付けやすいという特徴があります。チェーンやピアス、リングなど、男女ペアで楽しむスタイルも注目を集めています。

K10は、上手に活用すれば決して「金が少ないだけのチープな素材」ではありません。K10ならではのメリット・デメリットを考慮した上で、自分らしく楽しんでみてください。K10をきっかけに、金の世界をより深く知ってみてはいかがでしょうか。

金・貴金属・プラチナの売却をお考えの方はお近くの「なんぼや」をご利用ください。
お持ちいただいたアイテムは相場にもとづき高価買取いたします。
駅から近い便利な全国127店舗の一覧はこちら

現在金製品の買取相場が上がっています
売却前の相談や店舗に行く前に買取金額の目安を知りたい方はコチラ

90万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定

「なんぼや」グループの店舗案内

「なんぼや」、「ブランド コンシェル」は全国127店舗買取専門店!
駅から近い便利な立地です。

「なんぼや」、「ブランド コンシェル」、「古美術八光堂」は
全国127店舗買取専門店!駅から近い便利な立地です。

お好きな
エリアを選択
してください

関東エリア

東京都の店舗一覧
  • 神田駅東口店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都千代田区鍛治町2-7-4 ヨウコービル1F

  • 銀座本店

    [ 営業時間 ]
    10:00~19:30(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都中央区銀座5-7-4
    鳩居堂(きゅうきょどう)ビル6F

  • 4/23オープン銀座2号店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都中央区銀座4-3-7 銀座猿谷ビル 2F

  • 東京駅前店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都中央区八重洲1-6-17 大久保ビル 1F

  • 新橋店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都港区新橋1-16-6 新橋柳屋ビル 1F

  • 新宿アルタ店

    [ 営業時間 ]
    11:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都新宿区新宿3-24-3 新宿アルタ B2F

  • 新宿東口店

    [ 営業時間 ]
    11:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都新宿区新宿3-17-2 アカネビル7F

  • 新宿西口店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都新宿区西新宿1-18-17
    ラウンドクロス西新宿 10F

  • 文京白山店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都文京区向丘1-10-2

  • 錦糸町店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都墨田区錦糸3-3-1 太田ビル2F

  • 中延店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都品川区東中延2-10-15

  • 自由が丘店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都目黒区自由が丘1-9-3
    自由が丘第2ビル 4F

  • 都立大学店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都目黒区平町1-23-18

  • 東急プラザ蒲田店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都大田区西蒲田7-69-1
    東急プラザ蒲田 4F

  • 下高井戸店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都世田谷区赤堤4-48-4

  • 成城学園店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都世田谷区成城2-40-9

  • 4/28オープン恵比寿店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都渋谷区恵比寿南1-4-17 GINZA K2ビル 2F

  • 渋谷店

    [ 営業時間 ]
    11:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都渋谷区渋谷2-22-13 マイアミビル 3F

  • なんぼや+Miney
    東急プラザ渋谷店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)
    ※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都渋谷区道玄坂1-2-3 東急プラザ渋谷 5F

  • 渋谷マークシティ店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ ウエスト 2F

  • 広尾店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都渋谷区広尾5-17-11

  • 中野ブロードウェイ店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都中野区中野5-52-15
    中野ブロードウェイ1F 165号室

  • 阿佐ヶ谷店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都杉並区阿佐谷南1-35-22

  • 西荻窪店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都杉並区西荻北2-3-9

  • 松坂屋上野店

    [ 営業時間 ]
    10:00~20:00(元旦は除く)

    [ 住所 ]
    東京都台東区上野3-29-5
    松坂屋上野店 本館 6F

  • 上野店

    [ 営業時間 ]
    11:00~20:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都台東区上野6-8-7 内藤ビル 1F

  • アトレ亀戸店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都江東区亀戸5-1-1 6F

  • 池袋店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都豊島区東池袋1-2-7 OKビル

  • 池袋東武ホープセンター店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都豊島区西池袋1-1-30

  • 北千住マルイ店

    [ 営業時間 ]
    10:00~20:00(定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都足立区千住3-92 北千住マルイ 8F

  • 八王子オクトーレ店

    [ 営業時間 ]
    10:00~20:00
    (定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都八王子市旭町9-1 八王子オクトーレ8F

  • 開催期間 2021.6.1→2021.7.31[期間限定]京王八王子SC店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都八王子市明神町3-27-1 京王八王子ショッピングセンター 2F 特設会場

  • 立川北口店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都立川市曙町2-7-18 MISUMI Bldg. 3F

  • グランデュオ立川店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00(最終受付20:30)
    日・祝 10:00~20:30(最終受付20:00)
    (定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都立川市柴崎町3-2-1
    グランデュオ立川 8F

  • 立川南口店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都立川市柴崎町3-7-22

  • 吉祥寺店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都武蔵野市吉祥寺本町1-2-5

  • 三鷹店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都三鷹市下連雀3-44-5

  • 府中ル・シーニュ店

    [ 営業時間 ]
    10:00~19:00(定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都府中市宮町1-100 ル・シーニュ 1F

  • 調布パルコ店

    [ 営業時間 ]
    10:00~20:30
    金曜日のみ21:00まで
    (定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都調布市小島町1-38-1 調布パルコ4F

  • 町田東急ツインズ店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都町田市原町田6-4-1
    町田東急ツインズ イーストB1

  • ミーツ国分寺店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都国分寺市本町3-1-1
    ミーツ国分寺 3F

  • イオンタウン稲城長沼店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都稲城市東長沼1212-1

  • 銀座本店
  • なんぼやロゴ・・・なんぼや
  • ブランド コンシェルロゴ・・・ブランド コンシェル
  • 古美術八光堂ロゴ・・・古美術八光堂

ブランド コンシェルは「なんぼや」グループの
予約もできるブランド買取専門店です。
※全店買取基準は同一です。

ブランドコンシェルは予約もできるブランド買取専門店、古美術八光堂は骨董品・美術品の買取専門店です。
※全店買取基準は同一です。

ブランド コンシェル 予約もできる買取専門店 ご予約を希望の方はコチラ

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください