チープとは言わせない「K10(10金)」の魅力

チープとは言わせない「K10(10金)」の魅力

「K10(10金)」は、純金にこだわる人から「金ではない」と言われてしまうくらい、純度の低い金です。しかし、K10を使ったアクセサリーの人気は高まっています。

もちろん純度が低いことから、お手頃価格で楽しむことができます。最近ではピアスやチェーンなど、たくさんのアクセサリーが登場するようになりました。しかし、魅力はそれだけではありません。
ほかの純度の金と比べて丈夫であることや、色調の幅が広いためさまざまなデザインを実現できますので、カジュアルに楽しめるアクセサリーの素材として人気があります。

ここでは、K10の人気の秘密や、楽しむための注意点についてご紹介します。

K10(10金)には、半分も金が入っていない?

「K10」は、10カラットの純度の金を指します。
場合によっては「10金」とも表記されます。「K10」という表記は海外でも用いられますし、「10K」と表記する場合もあります。
カラット数は、金の純度を重量比率で表す指標です。純金を24として、24分率で純度を示しているのです。

ではK10はどれくらいの純度かといいますと、24分の10の重量が純金の成分ということになります。つまり、10÷24=0.416…ですので、全体重量のおよそ42%が純金の成分に相当します。
海外では1000分率で表現することも多いので、「416」や「417」と記載されることもあります。

以上からお分かりのように、K10に含まれる純金の比率は半分にも満たないのです。そのほかによく流通しているK18、K14はそれぞれ重量比にしておよそ75%、58%です。
ちょうど半分の純度を持つK12も流通していないわけではありませんが、K10のほうが主流のようです。

K10はチープ?

K10は純度が重量比にしておよそ42%の金です。つまり、残りの58%には、別の金属が配合されています。この金属のことを「割金(わりがね)」と呼びます。

K10が主流になってきたのは、金価格が高騰したことによって、金を使ったアクセサリーが気軽に購入できなくなってしまったことが大きく影響しています。

金の価格がまだ高騰していない時代をご存じの方からしますと、K10という純度は珍しく感じるかもしれません。純金の成分が半分未満ですので、「金ではない」と感じる方も少なくないようです。またK18などと比較しますと、チープに思えてしまうこともあるかもしれません。

しかし、金の価格が高騰していますので、K10もチープとはいえない時代になっています。そのうえ最近では、K10をチープとは感じさせない、魅力的なデザインのアクセサリーが増えているのです。

現在オリンピックの影響でジュエリーの価値が高騰しています。

お手持ち貴金属の価値が知りたい方は、「なんぼや」へお任せください。

豊富な買取実績を持つコンシェルジュが丁寧に査定し、商品の価値を見極めます。

「なんぼや」の金・貴金属の買取についてはこちら

バリエーション豊かなK10のカラーゴールドたち

K10には58%も割金が配合されています。
この割金には、銀、銅、パラジウム、ニッケルなどが用いられます。

これらの金属の比率を変化させますと、バラエティーに富む色調が生まれます。もちろん硬度も変化しますが、割金の割合によって顕著に変化するのはその色調です。

代表的なカラーゴールドは、ホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールドです。

ホワイトゴールド

ホワイトゴールドは、圧力に対する変形しにくさを表すビッカース硬度が特に高いカラーゴールドです。
具体的には、K14ならおよそ165(Hv)ですが、K10ならおよそ190(Hv)になることがあります。
いずれも純金の25(Hv)よりも高い硬度を誇っていますが、K10ホワイトゴールドは特に硬い素材になっています。

ホワイトゴールドでは、パラジウムの比率が高い場合が多いようです。というのも、パラジウムはプラチナのような色調をしていますので、パラジウムと純金を合金化させますと、プラチナに近い色調になります。

ただしK14の場合もそうですが、K10ホワイトゴールドは最終的には表面をロジウムでめっきをすることが多いようです。ロジウムは白金族系の貴金属で金よりは低価格の貴金属ですが、それでも高価な部類に入ります。
2008年には、まれに見る価格高騰が起こり、歴史的に最も高価な金属として記録されました。

ちなみにK10のホワイトゴールドは、K10WGと表記されることもありますので覚えておきましょう。

イエローゴールドとピンクゴールド

割金の比率はメーカーによってさまざまですが、基本的にはどちらも割金として銀と銅を含んでいます。
イエローゴールドは銀の比率が高く、ピンクは銅の比率が高い傾向にあります。
銀は金を緑がかった色調にし、銅は金の赤みを増す働きがあります。

K10はカジュアルなデザインを実現する

K10を使用したアクセサリーには、デザイン性に優れたものが数多くあります。バリエーションが豊かですので、気分に合わせて身に着けるものを自在に選んでみてください。

純金のジュエリーには高級感あふれるすてきなものが多いのですが、純金が放つ黄金色は、TPO次第では高級感を主張しすぎることがあります。
K10のイエローゴールドの色調はレモン色に近いので、さりげない爽やかさを演出できます。

K10のピンクゴールドは、濃いピンク色を出すことができますので、女性らしいデザインのジュエリーが数多く販売されています。

K10はペアリングにも最適

ペアリングにもK10はおすすめです。
男性はホワイトのような色味のないリングを好みますので、男性用にホワイトゴールド、女性用にピンクゴールドと、ペアリングにするのもおすすめです。
男女で価格帯にも差がつきませんので、カジュアルに使いこなすことができます。

K10はサイズ直し、修理には硬すぎる場合も

K10は、さまざまなアクセサリーに用いられるようになってきました。
イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドといったカラーゴールドの人気も上昇していますので、K10の出番はますます多くなっています。

リングもそのひとつです。リングは毎日のように指にはめますので、どうしてもサイズ直し=ジュエリーリフォームが必要になってくることがありますよね。
購入した時期よりも痩せてしまいますと、指も細くなります。ダイエットに成功した女性にとってはうれしいことかもしれませんが、リングがゆるくなってしまうこともよくあります。
いつまでも身に着けていたいお気に入りのリングであれば、やはりサイズ直しが必要になります。

しかし、ここで注意が必要です。K10は硬すぎて修理ができない場合があるのです。全般的に、K10のカラーゴールドはK14と比べますと、同じくらいの硬さを持っています。カラーゴールドの種類によっては、K10のほうが相当硬くなる場合があります。

ピンクゴールド、イエローゴールド、ホワイトゴールドなどは硬い素材ですので、リフォームを依頼するときはお店の人に確認してみましょう。

リングのサイズ直しの手順

リングのサイズ直しが必要になったら、ジュエリーリフォーム専門店などにお願いしましょう。
職人さんがリングを小さいサイズに直すときの一般的な手順をご紹介します。

1. サイズ測定

まずはリングをサイズ棒と呼ばれる棒にはめて、サイズを測定します。
これで号数が分かりますので、どれくらい小さくしたいかに応じて、リングをどれくらい切り取るかを決めます。

2. 切断、切り取り

糸くらいの細さの刃物を使って、職人さんがリングを切断します。
そして必要な分だけを切り取ります。

3. 溶接

切断面をつなげ合わせます。
このとき、切断面に接合するためのロウを置きながら、バーナーでリングに熱を加えます。そうすると、リングの切断面が溶接(ロウ付け)されてくっつくのです。
ロウは金の色調や融点に合わせて種類が決められます。

4. 仕上げ

仕上げに、溶接面をきれいにします。残ってしまったロウをヤスリで除去します。
さらに、磨き棒、ヤスリ、リューターでリングがつるつるになるように研磨します。
最後にぴかぴかになるよう、バフがけをしてから洗浄すれば完成です。

職人さんにリフォームを断られたらどうする?

リフォームには細かい作業が必要ですので、あまり硬すぎると職人さんがサイズ直しをしてくれないことがあります。硬すぎますと、場合によっては、切断のときにヒビが入ってしまう可能性もあるからです。

また、サイズやデザインによって作業しづらい場合にも、断られてしまうことがあります。
ダイヤモンドで飾られたデザインの場合には、熱処理のときにダイヤが破損したり、色が濁ってしまったりする可能性を考慮して、断る職人さんもいるようです。

どうしても修理したい場合はレーザー溶接

最近では、レーザー溶接機という最新の機械でリフォームしてくれるお店も増えているようです。
レーザー溶接では、バーナーではサイズ直しできないジュエリーでも修理できることが多いようですので、こうしたお店で修理を頼んでみましょう。

レーザー溶接の場合、修理代がやや高くなることもあるようですが、ジュエリーをなるべく傷つけずに安全に修理することができます。
例えば、バーナーによる熱処理だと2000円のものが、レーザー溶接だと5000円くらいになることもあります。

ほかにも、アークスポット溶接機で修理しているところもあるようです。
ロウ目が出ないなど、きれいな仕上がりが欲しい方にとってはうれしい修理方法です。

K10とK9の違い

K10は日本では少しずつアクセサリー素材の主流にはなってきていますが、K9はK10ほどは多く用いられていないようです。
しかし、K9はイギリスなどヨーロッパで好んで使用されます。K10とさほど純度に違いはありませんが、それでも割金の種類や用途に違いが出てきます。

ブリティッシュゴールド

K9は特にイギリスの王室が好んで使っています。
K9は「ブリティッシュゴールド」または「ロイヤルゴールド」とも呼ばれ、親しまれているのです。

割金の割合が多いので、K9ではさまざまなカラーゴールドを得ることができます。したがいまして、デザイン性を重視した王室の宝飾品だけでなく、イギリスのアンティークジュエリーにも用いられています。

なぜイギリスではK9なのか

K9がイギリスで親しまれている要因として、昔はK14以上がアメリカに集まりやすかったために、K9はイギリスに集まったという経緯もあるようです。
K14は純度として58.3重量%もあるので金と認めるに十分ではありますが、K9は37.5重量%しかないからです。

アメリカではアンティークジュエリーを作る文化が、ヨーロッパに比べて発達していませんでしたので、金の純度が重要視されていたようです。
そのため、K14以上でないと、品質を保証する刻印を打つことができなかったようです。

一方、イギリスには優秀な金細工職人が集まっていました。
19世紀のヴィクトリア時代などに、K9を用いたアンティークジュエリーがたくさん作られました。
そのため、パール、サファイア、アメジスト、ガーネット、ダイヤモンドといった色とりどりの宝石類とK9のカラーゴールドを組み合わせた、デザイン性の高いアンティークジュエリーが数多く存在します。
同じくアンティークジュエリーの発達したフランスでも、K9がよく用いられています。

こうした歴史の名残があり、いまでもK9はヨーロッパでは人気の金になっています。

K9のブリティッシュゴールドでは、割金としてプラチナを配合させることが多く、たいへん高価なものになります。プラチナは金よりも高価な貴金属ですので、豪華さを演出できるのです。

フルート素材としてのK10

フルートの管体には金が用いられることがあります。
それは金を管体に用いますと、深みのある音色を奏でることができるからだとされています。

純度としてはK9、K14、K18、K24が代表的ですが、K14以上になりますと、価格も一段と高くなりますし、重量も重くなるため、上級者向けになります。そのため、初心者はK9から始めることが多いようです。

しかしK10のフルートを製造しているメーカーも中には存在するようで、K9からK10にグレードアップしているフルーティストもいるようです。
わずか24分の1ほど金の純度が増えるだけですが、管体の特性が変化し、これだけで音色の“遠鳴り”が良くなると好評のようです。

K10は金属アレルギーに注意

チェーン、リング、ピアスなど、カジュアルに身に着けられることがK10の魅力です。
しかし割金の割合が多いため、金属アレルギーには注意が必要です。

割金には、溶け出しやすい銀、銅、ニッケルなどが含まれている場合があります。
特にニッケルは、アレルギーを起こしやすい金属として知られています。製造年代が古いアクセサリーにはニッケルが含まれていることも多いので、特に注意してください。

K14で金属アレルギーが出なかった方でも、K10では症状が出てしまう方もいらっしゃいますので、注意してください。

K10の保管方法、お手入れの仕方

K10は金めっきや金張り(ゴールドフィルド)という形で使用されていることがあります。金めっきは「K10GP」、金張りは「K10GF」と表記されます(Gold Plated、Gold Filled)。

これらは摩擦によってはがれ落ちてしまう場合がありますので、注意しましょう。
また、K10は空気で腐食し、色がくすんでしまうことがあります。このため、なるべく空気にさらさないよう、密閉して保管することがおすすめです。

水によっても腐食しますので、リングなどを指にはめたままお風呂に入らないようにしましょう。
化粧品類のクリームなど、油分が付着しないようにも気をつけてください。
日頃から、柔らかい布で優しく磨きましょう。

アクセサリーが汚れてしまったら、中性洗剤をお湯に溶かして掃除しましょう。
掃除が終わったら、水分をよく拭くようにしてください。乾かすときは、ドライヤーを遠くから当てるのがおすすめです。

まとめ

K10(10金、「416」、「417」)は、重量比にして42%ほどの純度の金です。昔は日本ではあまり好まれない純度でしたが、金価格の高騰も影響して、K10は低価格帯のジュエリー素材として主流になってきました。

K10は、K14と同じくらい頑丈で傷がつきにくい素材になっています。銀、銅、パラジウム、ニッケルなどを割金としてホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールドが作られます。これらカラーゴールドを用いたアクセサリーは、K14の場合と同じように人気が高まっています。

K9とK10では大きな違いがあります。同じような純度のK9は、ブリティッシュゴールドとしてイギリス王室の宝飾品やイギリスのアンティーク素材として人気があります。特に、プラチナを割金とした高価なものが多く存在します。

フルートの管体など、K9とK10の純度の差で大きく特性が変化することもあります。こうした違いを感じてみるのも、K10の楽しみ方のひとつです。

K10は硬い素材ですので、お店によってはリングなどのサイズ直しや修理ができない場合があります。バーナーによるロウ付けではなく、レーザー溶接ができるお店に依頼したほうが良い場合があります。修理時間が短くなることもあるようですし、思い入れのある品物でしたら、レーザー溶接をお願いしてみましょう。ただし、レーザー溶接に慣れていない職人さんですと、きれいに溶接できない場合もあるようです。

K10は割金が非常に多い金ですので、保管方法やお手入れの仕方には配慮しましょう。空気や水分、油分などに触れすぎないようにしてください。K10GP(金めっき)やK10GF(金張り)の場合は、特に摩擦ではがれ落とさないように気をつけましょう。

K10はほかの金と比べても、金属アレルギーを引き起こしやすいことで知られています。K14で金属アレルギーが起こらなかった場合でも、K10の場合に症状が出てしまうこともありますので注意してください。なるべくならニッケルフリーのものを身に着けましょう。

お求めやすい価格帯でもありますし、チェーン・ピアス・ペアリングなど、カジュアルに身に着けられるデザインを実現できるのがK10の最大の武器です。

K10には、チープと言わせない魅力がいっぱい詰まっているのです。

金・貴金属・プラチナの売却をお考えの方はお近くの「なんぼや」をご利用ください。
お持ちいただいたアイテムは相場にもとづき高価買取いたします。
駅から近い便利な全国116店舗の一覧はこちら

現在金製品の買取相場が上がっています
売却前の相談や店舗に行く前に買取金額の目安を知りたい方はコチラ

55万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定

「なんぼや」グループの店舗案内

「なんぼや」、「ブランド コンシェル」は全国116店舗買取専門店!
駅から近い便利な立地です。

お好きな
エリアを選択
してください

関東エリア

東京都の店舗一覧
  • 神田駅東口店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都千代田区鍛治町2-7-4 ヨウコービル1F

  • 銀座本店

    [ 営業時間 ]
    10:00~19:30(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都中央区銀座5-7-4
    鳩居堂(きゅうきょどう)ビル6F

  • 4/23オープン銀座2号店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都中央区銀座4-3-7 銀座猿谷ビル 2F

  • 東京駅前店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都中央区八重洲1-6-17 大久保ビル 1F

  • 新橋店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都港区新橋1-16-6 新橋柳屋ビル 1F

  • 新宿アルタ店

    [ 営業時間 ]
    11:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都新宿区新宿3-24-3 新宿アルタ B2F

  • 新宿東口店

    [ 営業時間 ]
    11:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都新宿区新宿3-17-2 アカネビル7F

  • 新宿西口店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都新宿区西新宿1-18-17
    ラウンドクロス西新宿 10F

  • 文京白山店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都文京区向丘1-10-2

  • 錦糸町店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都墨田区錦糸3-3-1 太田ビル2F

  • 中延店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都品川区東中延2-10-15

  • 自由が丘店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都目黒区自由が丘1-9-3
    自由が丘第2ビル 4F

  • 都立大学店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都目黒区平町1-23-18

  • 東急プラザ蒲田店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都大田区西蒲田7-69-1
    東急プラザ蒲田 4F

  • 下高井戸店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都世田谷区赤堤4-48-4

  • 成城学園店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都世田谷区成城2-40-9

  • 4/28オープン恵比寿店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都渋谷区恵比寿南1-4-17 GINZA K2ビル 2F

  • 渋谷店

    [ 営業時間 ]
    11:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都渋谷区渋谷2-22-13 マイアミビル 3F

  • なんぼや+Miney
    東急プラザ渋谷店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)
    ※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都渋谷区道玄坂1-2-3 東急プラザ渋谷 5F

  • 渋谷マークシティ店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ ウエスト 2F

  • 広尾店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都渋谷区広尾5-17-11

  • 中野ブロードウェイ店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都中野区中野5-52-15
    中野ブロードウェイ1F 165号室

  • 阿佐ヶ谷店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都杉並区阿佐谷南1-35-22

  • 西荻窪店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都杉並区西荻北2-3-9

  • 松坂屋上野店

    [ 営業時間 ]
    10:00~20:00(元旦は除く)

    [ 住所 ]
    東京都台東区上野3-29-5
    松坂屋上野店 本館 6F

  • 上野店

    [ 営業時間 ]
    11:00~20:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都台東区上野6-8-7 内藤ビル 1F

  • アトレ亀戸店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都江東区亀戸5-1-1 6F

  • 池袋店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都豊島区東池袋1-2-7 OKビル

  • 池袋東武ホープセンター店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都豊島区西池袋1-1-30

  • 駒込店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都豊島区駒込3-2-9

  • 北千住マルイ店

    [ 営業時間 ]
    10:30~20:30(定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都足立区千住3-92 北千住マルイ 8F

  • 八王子オクトーレ店

    [ 営業時間 ]
    10:00~20:00
    (定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都八王子市旭町9-1 八王子オクトーレ8F

  • 開催期間 2021.6.1→2021.7.31[期間限定]京王八王子SC店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都八王子市明神町3-27-1 京王八王子ショッピングセンター 2F 特設会場

  • 立川北口店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都立川市曙町2-7-18 MISUMI Bldg. 3F

  • グランデュオ立川店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00(最終受付20:30)
    日・祝 10:00~20:30(最終受付20:00)
    (定休日なし)※施設に準じる

    [ 住所 ]
    東京都立川市柴崎町3-2-1
    グランデュオ立川 8F

  • 立川南口店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都立川市柴崎町3-7-22

  • 吉祥寺店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都武蔵野市吉祥寺本町1-2-5

  • 三鷹店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都三鷹市下連雀3-44-5

  • 府中ル・シーニュ店

    [ 営業時間 ]
    10:00~19:00(定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都府中市宮町1-100 ル・シーニュ 1F

  • 調布パルコ店

    [ 営業時間 ]
    10:00~20:30
    金曜日のみ21:00まで
    (定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都調布市小島町1-38-1 調布パルコ4F

  • 町田東急ツインズ店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都町田市原町田6-4-1
    町田東急ツインズ イーストB1

  • ミーツ国分寺店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都国分寺市本町3-1-1
    ミーツ国分寺 3F

  • イオンタウン稲城長沼店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)※施設に準じる

    [ 住所 ]
    東京都稲城市東長沼1212-1

  • なんぼやロゴ・・・なんぼや
  • ブランドコンシェルロゴ・・・ブランドコンシェル

ブランド コンシェルは「なんぼや」グループの
予約もできるブランド買取専門店です。
※全店買取基準は同一です。

ブランド コンシェル 予約もできる買取専門店 ご予約を希望の方はコチラ

宅配買取クイック 最短30分で集荷、1時間で査定完了

お近くに店舗がない方はコチラ

「なんぼや」の選べる3つの買取方法

キャンセルOKの無料査定!