ヴァンクリーフフリヴォルを買って後悔する人がいる?年齢層が気になる?

ヴァンクリーフフリヴォルを買って後悔する人がいる?年齢層が気になる?

ヴァンクリーフは「アルハンブラ」「ペルレ」「パピヨン」など草木や蝶など自然をモチーフにしたデザインが特徴のハイジュエリーブランドになります。
今回は花をモチーフにした立体的なデザインの「フリヴォル」について紹介していきます。
「フリヴォル」を購入して後悔したという意見や適正な年齢層などについても考えていきたいと思います。

ヴァンクリーフフリヴォルとは?

フリヴォル
花をモチーフにした可憐で可愛らしいデザインの「フリヴォル」。
2003年に誕生して以来、ヴァンクリーフの中でも人気のコレクションでネックレス/ブレスレット/リング/ピアスと展開ジャンルも多いアイテムになります。
立体感のある花々は光の加減でまるで踊り出すかのような動きのある印象を与えてくれます。

立体感のある花びらデザイン

「フリヴォル」の特徴として挙げられるのが花びらのデザインです。ただの花びらではなく、1つ1つの花びらに角度がついており立体感があるのが大きな特徴になります。
角度があることにより、花びらに動きが出るだけでなく、光の陰影によって肌に影ができ、それがジュエリーの立体感を生んでいます。

鏡面仕上げによる光沢感

「フリヴォル」は、他の「アルハンブラ」シリーズなどと同じように、イエローゴールドなどの素材バリエーションのほか、研磨剤などで表面を磨き、輝きを出す「鏡面仕上げ(ミラーポリッシュ)」が選択できるようになっています。
この「鏡面仕上げ」が「フリヴォル」の光の陰影を楽しむ特徴と相性がよく、ゴールドの光と反射を楽しむことができます。

サイズ展開

「フリヴォル」のサイズ展開には以下の4つがあります。

  • ミニモデル(約1cm)
  • スモールモデル(約1.5cm)
  • ラージモデル(約2.2cm)
  • ベリーラージモデル(約2.8cm)

人気なのはミニモデルで普段使いやファッションを選ばない汎用性の良さが魅力です。パーティーなどでラージサイズを活用することもできそうです。

フリヴォルを買って後悔する人はどんな人?

ネットで「フリヴォルを買って後悔した」という意見があることを発見しました。
では、一体どんな人が後悔してしまうのでしょうか?

フリヴォルのブレスレットがひっくり返りやすい

「フリヴォル」は花びらに角度があり、立体感のあるデザインになっています。そのため、動きのある腕に付けているブレスレットがよくひっくり返るという意見がありました。立体感は表部分のみに施されているので、裏面では「フリヴォル」の良さが発揮できません。しかも、角度があるゆえに、なかなか元に戻りにくいという欠点があります。

また、ブレスレットは「フリヴォル」に限らず、腕を動かすので擦れたり、傷がつきやすいという意見もあります。

年齢層が気になる

「フリヴォル」を購入を検討している人がよく心配しているのが「年齢層」です。
小ぶりの花柄のデザインなので、20代30代の若い世代にしか似合わないと思う方がいらっしゃるようです。

しかし、「フリヴォル」は花びらに角度があり、立体感があるので、光の反射でどこかジュエリーに重厚感が出る印象があります。50代、60代のご婦人でも「フリヴォル」を利用していらっしゃる方は多くいるのでそこまで気にする必要もないでしょう。
それでも気になる方は、サイズ展開のミニモデルがオススメです。

人気のフリヴォルコレクション

ポイント紹介する女性

フリヴォル ペンダント ミニモデル

立体感のあるデザインが首元で陰影をつくることから最も人気があるアイテムになります。
平面的な「アルハンブラ」と異なる魅力があるので、動きが欲しい方はこちらを検討してみるといいでしょう。

フリヴォル ピアスミニモデル

ピアスで人気なのはやはりミニモデルです。
小ぶりでも立体感のあるデザインなので、主張しすぎない魅力があります。

ヴァンクリーフフリヴォルは様々な年齢層に使える人気ジュエリー

今回はヴァンクリーフフリヴォルの特徴やその魅力をご紹介していきました。
一部、「フリヴォル」に関するネガティブな意見もありましたが、どちらかというと「フリヴォル」そのものに関する意見というよりはブレスレットなどジャンルに関する意見だったことがわかりました。

立体感のあるデザインが特徴の「フリヴォル」は人気のジュエリーとして中古市場でも高値で取引されています。
「なんぼや」ではヴァンクリーフの高価買取を実施中です。不要な「フリヴォル」などありましたらぜひ一度査定にお持ち寄りくださいませ。

ご都合に合わせて

選べる4つの買取方法

どれを選べばいいか迷ってしまうお客様はこちら

【解説】4つの買取方法の詳細を見る

※宝石・ジュエリー買取については、オンライン買取は承っておりません。予めご了承下さい。

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください

ご都合に合わせて

選べる4つの買取方法

どれを選べばいいか迷ってしまうお客様はこちら

【解説】4つの買取方法の詳細を見る

※宝石・ジュエリー買取については、オンライン買取は承っておりません。予めご了承下さい。