• 公式X(ツイッター)
  • 公式Facebook
オンラインで手軽に査定完了。 オンライン買取
全国の経営者様へ 「なんぼや」の法人買取 査定・キャンセル無料 高額翌日振込可能 大量買取 高額買取

ロレックスの買取で新品として売るには

ロレックスの買取で新品として売るには

ロレックスの時計を新品で買って、まだ使っていないけど事情が変わったから買い取ってもらいたい、となったとき。よほどでない限り利益を生むのは難しいですが、当然買値との差額は小さい方がありがたいでしょう。

ここでは並行店などでの新品の取り扱いについて知ることで、今手元にある時計が新品として扱ってもらえるものなのかについて、探ってみることにしましょう。
ロレックスの買取はこちら

2024年時計の買取相場急上昇中!!

さらに現在相場の影響で時計の価値が急上昇しています!

時計を売るなら今がチャンス!

ロレックスやオメガなど買取なら「なんぼや」にお任せください。

時計の高価買取について詳しくはこちら

ロレックス買取「新品」の定義

一部の例外を除いて、正規の時計店で売っている時計は基本的に「新品」ばかりです。
中古や並行輸入時計を扱う時計店でも、商品の一部に「新品」として扱っている時計もありますが、正規店で扱っている新品とは少々事情が異なるようです。

すなわち一言で「新品」といっても何種類かあるようですが、そもそも「新品」の定義はどのようなものなのでしょうか?

改めて辞書を引きますと、「新しい品物・製品」とあります。
ウィキペディアには
「生産者の手によって製造され、場合によっては梱包された状態のまま、まだ消費者等の第三者の手に触れられていない(販売されたことのない)工業製品(耐久消費財)を指す。一度でも、販売され使用された物は、中古品と呼ばれる。販売はされたが、一度も使用されていない物については、新古品と呼ばれることもある。」
と書いてあります。

ここで定義されている「新品」は、すなわち正規店でしか買えないといえるでしょう。

並行輸入の「新品」は、一旦海外、または国内の正規店でメーカー以外の業者、または個人が買ってきたものを自身で消費することなく、そのお店に持ち込まれたものです。
厳密に言えば「中古」と呼ぶべきものなのかもしれません。

しかし実際に未使用状態の商品は、やはりそれは一般的中古品と区別されるべきではないか、ということで、並行時計店は新品と呼んでいるにすぎないのです。

ロレックスの未使用品は、特に高価買取価格がつく傾向にあります。お手持ちの未使用品の価値を知りたいときは「なんぼや」の査定をご利用ください。
「なんぼや」のロレックス査定について

ロレックス買取 並行店における「ロレックスの新品」定義

日本のロレックス正規店ではなかなか手に入らないスポーツモデルを豊富にそろえる並行時計店が人気を集め、著しい成長を遂げた1990年代。

時計の初期的不良はもちろん正規店の商品でも発生しうるのですが、正規店と比較して妙なまでに安価に売る、まだ小さく新しかった並行時計店で買った「新品」に、たまたま初期不良が発生した、または傷がついていた、となりますと、これに当たってしまった顧客としては、大いに不安を感じるものでしょう。
場合によっては物の真贋(しんがん)すら心配になることがあっても、決して不思議ではありません。
かつて、「だから並行品は駄目だ、信用できない」との言葉が頻繁にささやかれる時代が確かにあったのです。

これに対して並行時計店たちは、新品のロレックスとして販売する商品に独自の基準を設けて、自己防衛をするようになりました。

1.時計は完全に未使用であり、メーカーにて時計本体に貼られた保護シールが完全に残り、ブレスレットの調整もなされていないこと
2.純正の箱や保証書、タグ等、必要な附属品がそろっていること
3.保証書に代理店のスタンプがあり、販売日の日付が十分に新しいこと

以上はロレックス側の本体、または附属品の仕様の変更、または時計の流通状況の変化によって内容を流動的に変化させながらも、今日でも同様の基準に従っているのが一般的です。

もう少し、この条件の現在の状況について解説しましょう。

1について

ロレックスのリファレンス番号が6桁に変更されてから、ロレックスの保護シールは時計本体、クラスプ部の大部分を覆う仕様となり、シール自体も精密で枚数が増えました。

モデルによってシールの位置や仕様が異なっており、また今後も仕様が変わる可能性があります。
たくさんのシールの中には、特に大切なものとそうでもないものがありますが、全てそろっていることが原則です。

2について

モデル別の冊子については、販売された国の言語のものが付いているのが自然ですが、どこかで他のものと入れ替わってしまっている場合がありますが、対象モデルが合っていれば問題になることはないでしょう。

2種類あるタグのうち、白いタグにはその時計のリファレンス番号、シリアル番号、ブレスレットのリファレンス番号などが掲載されており、保証書同様に時計別に完全にユニークなものです。

特にブレスレットの種類が選べるデイトジャストなどは、工場出荷時のブレスレットの仕様がこれで確認できます。

この白いタグには日本を含む幾らかの国や地域では、販売記録として正規店から売れた時点で回収を義務付けている例がありますが、お店によっては付いていることが新品として扱うための必須条件に含まれる場合もありますので、注意が必要です。
樹脂製のベゼルカバーについては、現状ではその有無が売買に響くことは少ないでしょう。

3について

スチール製のスポーツモデルについては保証書の日付は3か月以内が原則ですが、流通量が多い時期は買取については1か月以内に限定したり、逆に流通量が非常に少なくなっている時期に、4か月以内まで延長していたこともありました。

また比較的動きの緩やかなゴールド製モデル等の場合は、こういった限定が緩やかであることが多いです。

ロレックス買取 実際にお店に聞いてみましょう

商談中画像

例えばあなたが新品で購入したロレックスを、何らかの事情ですぐ手放すことになったとき、時計や附属品が上記の条件を満たしていれば、新品として売却できる可能性があるのです。

実際の査定額については在庫や流通の状況など、諸条件にも大きく左右されますし、何よりも店の事情によって決定されるものですので、時計を持ち込んで査定してもらうしかありませんが、新品と中古では買取額に相当な差があることは確かです。

また、新品を安く売っているからといっても買取額が安いとは限らず、高く売っているからと言って買取額が高いとは限りません。

並行店などではその日の新品の買取額はあらかじめ設定しているお店が多く、実際に持ち込む前に電話で確認してみるのも良いでしょう。

現在ロレックスの買取相場が上がっています
写真を撮って送るだけ、店舗に行く前に買取金額が無料で分かります。

120万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定

ロレックスの売却なら、時計買取の実績豊富な「なんぼや」へお任せください。
相場をもとに、高価買取価格をご提示いたします。
駅から近い便利な全国144店舗の一覧はこちら

ROLEX MODEL

ロレックス買取強化モデル

様々な時計の買取に対応しています

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください