• 公式X(ツイッター)
  • 公式Facebook
オンラインで手軽に査定完了。 オンライン買取
全国の経営者様へ 「なんぼや」の法人買取 査定・キャンセル無料 高額翌日振込可能 大量買取 高額買取

ロレックス、本体のみの買取について

ロレックス、本体のみの買取について

ロレックスの時計を買取に出す際、附属品の有無が査定額にどれだけ影響するのでしょうか? 一般的には附属品が揃っている方が高値で取引されることが多いですが、時計を買った当初は売るつもりがなく、附属品に興味がなかったためにどこにしまったか忘れてしまったというケースも珍しくありません。この記事では、附属品の有無がロレックスの査定額にどのような影響を及ぼすのかを紹介します
ロレックスの買取はこちら

附属品がないだけで怪しい、とはなりません

ロレックスの時計を買取に出すとき、附属品がそろっている方が高く売れる。これは時計に興味を持っている、いないに関わらず、多くの人々に知られている事実でしょう。

しかし買ったときは売るつもりがなくて、附属品などにも興味がなかったから何処にしまい込んだか覚えていない、という人が何かのきっかけで急に買取に出すことを思いつく、という例もことのほか多く、これが附属品なしの中古品が売りに出される一因となっています。

少しでも高く売りたいなら、何としてでも附属品を見つけ出すというのも1つの手ですが、そうもいかないのが現実というものでしょう。

ここでは様々な例を挙げながら、あなたのロレックスに附属品がある場合と、本体のみの場合でどのくらい査定額が変わるのかについて見ていくことにしましょう。

ちなみに附属品、特に保証書がなく本体のみのロレックスの時計は、本物である証明がないから買い取ってもらえない、何てことを心配される方もいるようですが、少し考えてみましょう。

時計本体をそっくりに、本物かどうか分からないレベルで作るのに比べたら、プラスチックや紙で作られた保証書を本物そっくりに作る方が簡単です。そして保証書以外の附属品については、他の時計の附属品でも代用できてしまう、すなわち本物が手に入るのです。

すなわち附属品がないだけで怪しい、とは決してなりませんので、どうぞご安心ください。

「なんぼや」は附属品のない、ロレックス本体のみでも買取いたします。
バリューデザイナーが丁寧に無料査定いたします。
「なんぼや」のロレックス買取についてはこちら

附属品の有無は査定額にどのくらい響くのか

一般的にはコレクターズアイテムとして価値の高い時計ほど、附属品があることによる付加価値は大きくなる傾向にあります。
その理由は、こういったものを最も有り難がるのは時計コレクターたちであるから、という単純なものと思われます。

コレクターといえば、珍しい時計が好きです。さらにはスポーツモデルにより惹かれる人が多いという傾向もあります。
これは附属品がもたらす付加価値の傾向と完全に一致するのです。

しかし現在となっては、その効力は様々ですが、どんな時計にしても附属品があった方が良いという風潮になってしまいました。
きっと「附属品はあった方が良い」とのコレクターの話を真に受けた誰かが、どんな時計にだって保証書があった方が良いという風潮を生み出し、このような習慣を全面的なものにしてしまったのでしょう。

もっとも、ある時までごくありふれていると思っていたものが、ある日気付けば究極のコレクターズアイテムになっていた、ということもない話ではなく、これを否定することはできないのですが。

具体的中古の販売価格

デイトジャスト Ref.16234

それでは大手のモールサイトで色々と検索しながら価格を比較していきます。
まずは比較的身近な存在であるデイトジャストから始めましょう。

どれでも良いのですが取り急ぎ身近な感じのするRef.16234で検索してみます。
Kシリアルの本体のみの個体が42.8万円、箱、保証書付きのPシリアルで45.8万円というのを見つけました。

中古というものは状態が良ければ良いほど高く、また新しければ新しいほど高いという傾向がはっきりとあります。
KシリアルとPシリアルでは一般に2年ぐらい出回った時期が違いますが、16234なら価格差はきっと5千円ぐらいでしょうから、これを加味すると附属品による差は約3.5万円となります。

デイトジャスト Ref.116200

次はもっと新しいデイトジャストで調べてみましょう。
Ref.116200のランダムシリアル、箱だけ付いていますが約50万円で売っています。

続いて箱保証書付きの時計を調べます。条件を極力そろえるために同じお店で探します。
と、すぐに見つかって同じランダムシリアルで約54万円と、その差4万円のようです。

ここでかつてのようにいかなくなっている例を1つ上げておきましょう。

先ほどのKシリアルとPシリアルの例では製造時期が大体分かりましたから、より厳密な計算が可能でしたが、現行モデルでは、シリアル番号だけで製造年を察することができないとされるランダムシリアルが採用されるようになったことから、今後時間がたっていくと、本体に分かりやすい仕様変更でもない限り、保証書がなければ2年前のものか、10年前のものか判断が付きにくくなっていくと思われるのです。

すなわち場合によっては、新しい時計でも附属品がなければ10年前の時計と同じような査定金額が出てしまう、ということが起きうるのです。
ランダムシリアルのロレックスをお持ちの方、ぜひ保証書は大切に保管しましょう。

サブマリーナーデイト Ref.16610

今度はスポーツモデルを調べてみましょう。
サブマリーナーデイト、Ref.16610ではどうでしょうか。

Fシリアル(2004年頃)の附属品なしの普通の中古が目に付きました。
735000円ほどで売っています。

保証書付きはどうでしょうか。
できるだけ条件をそろえるためにまた同じお店で比較してみましょう。
Dシリアル(2005年頃)の保証書付きの個体が約84万円で売られています。

すなわちRef.16610であればその差は約10万円ということのようです。

デイトナ Ref.116500LN

いきなり高額になりますが、現行のデイトナ、Ref.116500LNについても調べてみましょう。
保証書なしの黒文字盤が213万8千円で見つかりました。
一方2018年の日付の入った保証書付きが同じ店で225万8千円とその差が12万円です。

番外編 手巻きデイトナの世界 Ref.6265

ついでですから非現実的な世界ものぞいてみましょう。

例えば全ての時計ファンの羨望のアイテムとなった、古いデイトナ。
特にポールニューマンモデルでなくても構いません。
例えばブラックダイヤルのRef.6225というモデルで、改めてその販売価格を調べてみましょう。

1974年頃の時計でデイトナ表記のないシグママーク入りダイヤル、溝なしプッシャー付きのなかなか良さそうな個体がとあるモールサイトに約740万円で売っています。

シグママーク入りのデイトナは比較的製造時期が短く、再生産されることもなかったことから、コレクターたちの評価が安定しているものの1つです。

一方保証書が付いた時計はいくらくらいするものでしょうか。
これが調べてみると約1250万円、1030万円。

写真で見る限りプッシャーやベゼル、もちろん文字盤も同じように見える時計同士で比べているものの、細部に渡るまで全く同じ時計ということではでないでしょうから、単純に比べるわけにはいきませんが、ここではその差は300~500万円と出ました。

ロレックスは本体のみでも買取してもらえます。

オッケーサイン女性

以上のように、コレクターが喜びそうな時計ほど、附属品の付加価値が大きいという傾向がはっきりと出ています。

あなたの手元にある時計の場合はどうでしょうか。
附属品の有無はどのくらいの差を生むものなのか、調べてみると買取を検討される際に参考になるものと思います。

そしてこれらの売価の差が買取査定金額とほぼ同等の差となるであろうことが予想されますが、附属品がなくてもロレックスは買取してもらえることだけは確かです。

その差が大きいと取るか、そうでもないと考えるかはそれぞれでしょうが、やはり附属品は大切に持っていたいものです。

現在ブランド時計の買取相場が上がっています
写真を撮って送るだけ、店舗に行く前に買取金額が無料で分かります。

120万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定

ロレックスの売却なら、時計買取の実績豊富な「なんぼや」へお任せください。
相場をもとに、高価買取価格をご提示いたします。
駅から近い便利な全国144店舗の一覧はこちら

ROLEX MODEL

ロレックス買取強化モデル

様々な時計の買取に対応しています

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください