海外で買ったアイテムを売るなら…ブランド買取店の選び方は?

海外で買ったアイテムを売るなら…ブランド買取店の選び方は?

海外旅行に出かけた際には、お気に入りのブランド品が安く買えることがあります。旅行中に気が大きくなっていることもあり、「ついつい購入してしまう!」という方も多いのかもしれませんね。しかし、いざ日本に帰国してみると、「思ったよりも使いづらく、買取してほしい」なんてことも。

買取店のなかには「海外で買ったものはお断り」と、あっさりと伝えてくるお店もあります。
なぜ海外で買ったブランド品は、このような扱いを受けてしまうのでしょうか。買取店の選び方とともに紹介します。

2024年ブランド品の買取相場急上昇中!!

ブランド品を売るなら今がチャンス、ブランド買取なら「なんぼや」にお任せください。

ブランド品の高価買取について詳しくはこちら

海外で買ったブランド品は「並行輸入品」

海外で製造されたブランド商品は、正規代理店が日本に輸入し、顧客のもとへと売却されるのが通常のルートです。

この場合、日本で手に入る品物は、正規代理店が販売を認めたアイテムのみ。例えば、海外の限定販売品などを手に入れることはできません。

そこで、ブランド品を手に入れるためのルートは、もう一つ開拓されています。それが「並行輸入」という方法です。

海外で買ったブランド品は、「並行輸入品」として判断されます。これこそが「買取不可」の判定を受けやすい理由なのです。

並行輸入品の特徴とは?

海外の高級ブランドアイテムは、海外で製造・販売されています。海外のブランドショップに行けば、日本の正規代理店では見かけないような珍しいものも、ごく自然に売られていることでしょう。

これらのアイテムをバイヤーが買い付けして、独自に日本へと輸入した並行輸入品には、以下のような特徴があります。

  • 日本のショップカードがついていない
  • 海外のショップカード・保証書のみ
  • 日本未発売の品物も手に入る可能性がある
  • 正規代理店と比較して、値段に差があることもある

並行輸入品の場合は、メーカーから消費者の手に渡るまでに別の業者が入ることで、価格に差が生まれやすくなっています。

品物によっては、定価よりもうんと安く手に入れることができる可能性もあるでしょう。

偽物が多いという特徴も

正規代理店の手から直接顧客の手に渡る正規品と比較して、並行輸入品には「偽物の場合がある」という特徴もあります。

一度、品物が第三者の手に渡ることで、「不透明な時間」が生まれてしまうためです。また、日本のショップカードという「お墨付き」がないことで、不安を抱く方もいるでしょう。

自分が海外で買ったブランド品の場合、品物が「業者の手」に渡っているわけではありませんが、「メーカー以外の手で輸入された」という事実には変わりがありません。

並行輸入品=偽物であるリスクも高いと判断し、買取をしない店も少なくないのが現状です。

海外で買ったブランド品を売るなら、買取を熟知した専門店がおすすめです。「なんぼや」には買取実績豊富なスタッフが在籍しており、適切にアイテムの価値を見極めます。お近くの店舗へお気軽にお越しください。駅から近い便利な全国143店舗の一覧はこちら

インポートブランド品の買取との違い

インポートブランドとは、海外から輸入されてきたブランドのことを意味します。有名なハイブランドのルイ・ヴィトンやエルメス、シャネルなどは、インポートブランドに該当します。
インポートブランドのアイテムは、海外にて製造され、日本に輸入されます。販売するのは日本の店です。ただし、販売店は正規代理店であるパターンもあれば、セレクトショップのように正規店以外の店であるパターンもあります。
正規代理店以外の店が売るアイテムは並行輸入品扱いとなります。そのため、海外で買ったブランド品を売るときと同じように、買取を拒否されるケースもあるでしょう。もちろん、すべてのアイテムが拒否されるわけではありません。買取店によって査定可能かどうかは異なります。

海外の古着買取は可能?

海外で購入したブランド服を着て、中古として売りに出すケースがあります。古着となったブランド服も、査定に出すことは可能です。この場合も、ブランド品であることを証明できると買い取られる可能性が高まるはず。ただし、値段がつくかどうかは、服の状態や流行などによって変わります。数十年前に購入した古着に値段がつくこともあれば、数年前に買った服が買取不可とされることもあります。実際に査定を受けてみるまでは、どうなるのかはわかりません。
また、ヨーロッパ古着やアメリカ古着のように、ブランド品に限らず価値のある古着を売りたいこともあるでしょう。店によっては買取してもらえますが、ブランドが不明なものは不可となる店もあります。ヴィンテージアイテムを売るなら、古着を多数取り扱っている店に持ち込むことがおすすめです。

買取不可、もしくは減額の可能性もアリ

買取不可、もしくは減額の可能性もアリ

海外で買ったアイテムの買取を行っていないお店の場合、査定をし始めてすぐに「買取不可」という判定を下します。

人気のブランドアイテムに「値段がつかない」と言われたら、ぜひこちらの理由を疑ってみてください。

とはいえ「買取不可」と判定してくれるのは、ある意味で非常にわかりやすいこと。ブランド買取店のなかには、リスク回避の意味を込めて、並行輸入品を相場よりもかなり低く買取するお店も存在しています

この場合、「海外で買ったブランド品が買いたたかれている」ことに気付かないまま、手放してしまう可能性もあるでしょう。

「あれ? 事前にリサーチしていた情報よりも低いな」と感じたときには、妥協せず、別のお店に持ち込んでみることも重要なポイントとなります。

ブランド品をきちんと見極められるブランド買取店を選ぼう

ブランド品をきちんと見極められるブランド買取店を選ぼう

ブランド買取店が「海外で買ったアイテム」を敬遠する裏には、以下のような理由があります。

  • 偽物をつかむリスクを避けたい
  • 日本のショップカードがついていないことで、需要が下がる
  • 海外モデルの価値を、正確に判断できない

混同されてしまいがちですが、並行輸入品も立派な「本物」です。
日本未発売のアイテムなど、手に入れたいと願う方も少なくないでしょう。

こうしたブランド品の価値を見落とさず、しっかりと判定できるショップであれば、海外で買ったブランドアイテムであっても自信を持って高価買取してくれるはずです。

こうしたお店を探す際には、ぜひ以下のポイントをご参考ください。

  • ブランド品に詳しい査定士が在籍していること
  • 並行輸入品も積極的に買い取っていること
  • 多くの再販ルートを持っていること

海外で購入した本物のブランド品を、納得できる価格で手放せるでしょう。

現在ブランド品の買取相場が上がっています
写真を撮って送るだけ、店舗に行く前に買取金額が無料で分かります。

120万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定

様々なブランドの買取に対応しています

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください