「MCM」ドイツ生まれ韓国育ちのレザーブランド

「MCM」ドイツ生まれ韓国育ちのレザーブランド

なん子紹介

ブランド企業が買収によって国籍が変わるという実例はいくつかあります。
日本でも韓流ブームとともに大人気となったブランド、MCM:エム・シー・エムはそのひとつです。
ドイツで誕生し東アジアでそのブランド価値を高めたMCMはどんなブランドなのか魅力の秘密を探求してみましょう。

2023年ブランド品の買取相場急上昇中!!

ブランド品を売るなら今がチャンス、ブランド買取なら「なんぼや」にお任せください。

ブランド品の高価買取について詳しくはこちら

「MCM」ドイツ生まれ韓国育ちのレザーブランド

nanko_happyドイツ俳優のひと言がきっかけで誕生

MCM創業のきっかけとなったのは、1970年代半ばに当時の西ドイツのバイエルン州の州都・ミュンヘンで活躍していた俳優のマイケル・クローマーです。
彼が求めていたレトロなデザインのバッグは、戦後から30年以上経過していた当時のドイツでは時代遅れとみなされ容易には見つけることができませんでした。

マイケル・クローマーは、それならいっそオリジナルブランドを立ち上げて思い通りのバッグを作ろうと思い立ち、1976年にバッグ製造会社の設立に至ったという逸話が伝えられています。
クローマーが仲間と創業したブランドの名称 “MCM”はローマ数字式の表記では「1900」を意味しており、20世紀初頭風のデザインをイメージした製品を作る意思が込められていると同時に、Michael Cromer Munich:マイケル・クローマー・ミュンヘンの3文字のアルファベット頭文字を意味しています。

「なんぼや」は世界中のセレブが愛用するMCMを高価買取しています。
買取価格が知りたい方は、無料査定をご利用ください。

駅から近い便利な全国139店舗の一覧はこちら

nanko_question20世紀初頭をイメージしたデザイン

MCMが最初に取り組んだのは、ロケなどで旅することが多い俳優のマイケル・クローマーのための旅行バッグの製作でした。有能なデザイナーと熟練の革職人の手によって完成したそのバッグは、実用的にすぐれた作りであっただけでなく、20世紀初頭を思わせるシックなデザインが、たちまちクローマーの俳優仲間やスタッフたちの評判となり、思わぬ注文が次々に舞い込むこととなります。

MCMの革バッグは、クローマーをはじめとするファッションセンスに秀でた俳優たちが、自分たちの理想とするバッグを自分たちの手で作りたい、という一念で、ドイツに昔から伝わる革製品の製造技法を現代に蘇らせて作られた逸品でした。手間と時間と費用をかけて作り上げたバッグだけに高価ではありましたが、それが逆にブランド価値を高める結果ともなったのです。

なん子happyドイツから韓国企業の手に

1980年代から90年代にかけて、MCMはドイツを代表するレザー製品ブランドとしての地位を確立し、バッグ以外にも財布なシューズなどの革製品全般の専門ブランドとしてヨーロッパ以外でもアジア諸国にも輸出されるようになり、そのブランドイメージを世界的なものに高めていきます。
アジアの国々の中では特に韓国での人気が高まり、2000年代に入ると経済成長著しい韓国内で、ヨーロッパの有名ブランドを求める層が増加したことと、革製品の大ブームが巻き起こったことも手伝って、ドイツから韓国への輸出の数が突出するようになります。

そしてついに、2005年には韓国の大手企業ソンジュグループがMCMの買収に成功し、MCMは韓国企業経営のドイツ風ブランドとして再出発をすることとなります。
MCMというブランドの意味も“Mode Creation Munich”(モード・クリエーション・ミュンヘン)に変更となり、スタイリッシュで洗練されたデザインを主張するラグジュアリーブランドとして、韓国内以外では、日本・台湾・香港などのアジア諸国のおしゃれ好きな若い世代をターゲットとしたブランドイメージのバッグや財布、アクセサリーなどを発表し続けています。

・宅配買取はこちら
・バッグ買取はこちら
・MCM公式サイトはこちら

まとめ
日本でも大ブームとなった東方神起やBIGBANG、少女時代などのK-POPや韓流スターなどがMCMのアイテムを愛用していたことから、MCMブランドの良さが日本市場で一気に広まりました。
MCMは、現在も美しいデザインと確かな品質の有名ブランドとして安定した人気を誇っています。日本の店で購入するよりも韓国の免税店で購入をした方が安く買えますので旅行の記念として購入をする方も多いブランドです。

現在ブランド品の買取相場が上がっています
写真を撮って送るだけ、店舗に行く前に買取金額が無料で分かります。

120万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください