• ブランド品を売るなら、全国展開の「なんぼや」へ
買取対応アイテムを見る
よくあるご質問・お問い合わせ

ルイ・ヴィトンのモノグラム ハイブランド財布の定番!

ルイ・ヴィトンのモノグラム ハイブランド財布の定番!

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、世界中のセレブたちをはじめ、老若男女問わず憧れの的として不動の地位を確立しているハイブランドです。そのルイ・ヴィトンで、性別や世代に関係なくもっとも手軽に使用できるアイテムと言えば、やはり財布ではないでしょうか。

特に、ルイ・ヴィトンの象徴であるモノグラム(monogram)キャンバスをまとったウォレットは、いつの時代も人気のアイテム。長い歴史の中で愛され続けている理由と、特に人気の高いラインナップをご紹介いたします。

2024年ブランド品の買取相場急上昇中!!

ブランド品を売るなら今がチャンス、ブランド買取なら「なんぼや」にお任せください。

ブランド品の高価買取について詳しくはこちら

ルイ・ヴィトンのモノグラム アイコニックなモノグラムの財布が選ばれ続ける理由

「ルイ・ヴィトンと言えば?」と問われ、真っ先にモノグラムを連想する人も多いのではないでしょうか。モノグラムキャンバスは、それほどにルイ・ヴィトンのイメージを鮮明にした、象徴的なデザインです。もともと「モノグラム」とは、文字を組み合わせてつくる記号のことを指します。企業やブランドのロゴに使用されているものを目にしたことはありますよね。

モノグラムキャンバス

ルイ・ヴィトンにおいてのモノグラムは、LOUIS VUITTONの「L」と「V」が組み合わされた記号とモチーフから成り、等間隔に散りばめられたデザインで財布やバッグを彩っています。ブラウンの色調でまとめられたモノグラムキャンバスは、洗練されたアイテムとして高級感を際立たせます。ルイ・ヴィトンの顔として、その重厚感は圧倒的なものです。

モノグラムとダミエとエピ

モノグラムに続く、ルイ・ヴィトンの代表的キャンバスにダミエが挙げられます。こちらは市松模様が描き出され、よりシンプルで洗練された印象をまとっています。ダミエに比べ、モノグラムはコントラストが優しくフェミニンな印象です。モノグラムのウォレットに女性のユーザーが多いのは、ここに起因しているのでしょうか。

さらに、フランス語で麦の穂という意味を持つ型押しパターンのエピも、ウォレットの代表的なラインとして外せません。マットな質感のあるエピのレザーは、リッチさが際立つ無地であることから、ビジネスシーンでも重宝されています。シンプルなエピはビジネス用に、目を惹くモノグラムはプライベート用にと、使い分けてみるのもいいかもしれませんね。

「なんぼや」ではルイ・ヴィトンの象徴であるモノグラムラインのアイテムを買取中です。
キズ・汚れがあっても査定し、できるだけ高く買取します。
駅から近い便利な全国143店舗の一覧はこちら

ルイ・ヴィトンのモノグラム デザインバリエーション

モノグラムのデザインバリエーション

モノグラムというと、ポピュラーなブラウン調のデザインをイメージするのではないでしょうか。しかし、モノグラムの印象的なデザインを生かしたラインは多様に展開されています。その種類をご紹介していきましょう。

まったく別のテーマという印象もある、モノグラム・ヴェルニ

ヴェルニとは、フランス語で「エナメル」を指す言葉です。モノグラムの型押しを、エナメルで仕上げたヴェルニは、女性を中心に絶大な人気を誇っています。ピンクや赤など暖色系の鮮やかなカラーが多く、エレガントな中に可愛らしさがあることから、若い世代からも支持されています。

高級感たっぷりのモノグラム・アンプラント

アンプラントの意味は「刻印」です。カーフレザーに肩押しされたモノグラムが、革の高級感をより引き立てています。発色も上品でシック。落ち着いた印象を与えるので、働く女性から圧倒的な支持を得ています。

日本の芸術家がデザインした、モノグラム・マルチカラー

世界的な評価を受ける現代美術家の村上隆氏が手掛けた、カラフルな配色が目を惹くデザイン。「モノグラムと言えばブラウン系」というイメージを覆す、爽やかな白地にカラフルなモノグラムが印象的です。黒地のパターンでは、カラフルなモノグラムとのコントラストがより強くなります。重厚感よりも、華やかな印象を重視する方におすすめです。

さりげないオシャレが魅力、モノグラム・デニム

カラー・素材にこだわるなら、デニムにも注目です。デニム素材と言えば、カジュアルスタイルの代名詞と言えるかもしれません。しかしモノグラムとの組み合わせによって、素材感を生かしながらリッチなイメージを作り上げています。何気ないスタイルにも馴染むデニムで、さりげなくルイ・ヴィトンのアイテムを持ってみては?

インパクト大! モノグラム・グラフィティ

2001年に発表されたこちらのデザインは、モノグラムの上からポップな文字を書き殴ったようなデザインが、世界中に衝撃をもたらしました。斬新な蛍光色が注目を集める、話題のデザインです。

このほかにも、ブランドのアイコンテーマのモノグラムには、コラボ企画や限定品が数多く存在し、今後も目が離せないですね。

ルイ・ヴィトンのモノグラムでイチオシのウォレットラインナップ

モノグラムの財布といっても、ラインごとに機能性やデザインはそれぞれ異なります。使用頻度の高いウォレットだからこそ、さまざまなラインを比較・検討していきましょう。

ジッピーウォレット

モノグラムジッピーウォレット

約 縦10cm、横19cm、奥行き1cm
ルイ・ヴィトンを代表するウォレットの一つとして、モノグラム、モノグラム・アンプラント、ダミエなど多くのデザインで展開されている人気ウォレットです。硬貨入れを使いやすい中央にかまえ、サイドに紙幣や小切手、カード類をたっぷり収納できます。デザインが全面に押し出されるシンプルな形だからこそ、モノグラムの高級感が生かされます。

ポルトフォイユ・サラ

モノグラム ポルトフォイユサラ

約 縦10cm、横19cm、奥行き1cm
ミニバッグのようにエレガントなエンベロップ型のウォレットです。上記のジッピーと同じサイズ感で使用できます。そしてこちらも、素材・カラーの豊富なバリエーションが楽しめます。クラッチバッグのように存在感があるからこそ、モノグラムの上品な雰囲気を味わえるウォレットです。

ポルトフォイユ・サラ レティーロ

ポルトフォイユ・サラに魅力を感じた人は、さらに鮮やかなイメージを与えるこちらもチェックしてみては?都会的なイメージが人気を誇るルイ・ヴィトンのバッグ「エストレーラ」と「レティーロ」を踏まえて再解釈され、誕生したモデルです。モノグラムのリッチな質感を、細部にあしらわれたビビットなカラーが引きしめます。「エストレーラ」や「レティーロ」とカラーを合わせ、さりげなく取り出したいウォレットです。

ポルトフォイユ・フロリン

約 縦10cm、横12cm、奥行き1cm
ポケットに収まるコンパクトなサイズのため、普段バッグを持ち歩かない男性のプレゼントにもおすすめです。モノグラムのほかにタイガやダミエ、ダミエ・グラフィットなど、大人の品格を漂わせるラインが展開されています。シックな印象の強い他のデザインに比べ、モノグラムは遊び心を感じさせます。コンパクトながら収納力も抜群なのは、機能美にこだわりを持つルイ・ヴィトンだからこそ。カードポケットが多いため、キャッシュカード、クレジットカード、ポイントカードなどをきれいに整理したい方も、納得の機能性です。

ルイ・ヴィトンのモノグラムウォレットは、このようにひとつひとつ印象が大きく異なります。重厚感のあるものを持ちたいなら、もっともポピュラーなブラウンカラー、カジュアルな印象を与えたいならマルチカラー。女性らしい質感にこだわりがあるならヴェルニなど、誰もが好みに合ったモノグラムを手に入れられるのは、モノグラムが長く愛される最大の理由ではないでしょうか。

その多様なデザインは持ち手のスタイルを限定しないため、広い世代に愛されていることも納得できますね。そしてもっともスタンダードな「モノグラム・キャンパス」の飽きのこないシンプルさが、改めて評価されるのです。一生手放せなくなる、好みのデザインは見つかりましたでしょうか。

現在ブランド品の買取相場が上がっています
売却前の相談や店舗に行く前に買取金額の目安を知りたい方はコチラ

120万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定

ルイ・ヴィトン強化ライン

ルイ・ヴィトン バッグ強化モデル

ルイ・ヴィトン 財布強化モデル

ルイ・ヴィトン 買取強化カテゴリ

様々なブランドの買取に対応しています

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください