タッセルが可愛い♪ コーチのニューアイコンバッグ「レガシー」

タッセルが可愛い♪ コーチのニューアイコンバッグ「レガシー」

「馬車」という意味の単語がそのままネーミングされたコーチ(COACH)は、1941年のアメリカ マンハッタンで、小さな皮革製品会社として創業しました。そんなコーチのレガシー(Legacy)は、クラシカルなタッセルとレザープレートをアクセントにした実用的なバッグです。

そのコーチで展開するバッグ レガシーののシリーズラインナップと各シリーズにぴったりなシチュエーション、人気を集める素材とおすすめカラーをご紹介いたします。

2024年ブランド品の買取相場急上昇中!!

ブランド品を売るなら今がチャンス、ブランド買取なら「なんぼや」にお任せください。

ブランド品の高価買取について詳しくはこちら

レガシーはクラシカルなデザインと機能性が魅力のコーチの実用バッグ

コーチのレガシーは、創業65周年を記念して2006年に発表されたラインで、「遺産」という意味の単語がネーミングの由来となっています。動くたびに揺れるタッセル、COACHの名が刻まれたレザープレートといった、どこかクラシカルなパーツたちはそのネーミングにぴったり!

レガシーのバッグはすべてファスナー開閉式で、内装には2~3つのポケットが備わり、外側にもポケットが付けられたデザインが多く見受けられます。レガシーの高いデザイン性と優れた機能性からは、皮革製品会社として創業したコーチのこだわりと使い手への配慮を感じることができます。

コーチのレガシーはクラシカルなデザインと機能性を兼ね備えた人気アイテムです。
「なんぼや」ではレガシーを高価買取しています。
駅から近い便利な全国143店舗の一覧はこちら

レガシーで展開するシリーズラインナップをピックアップしてご紹介

コーチ レガシーのバッグで展開する3つのシリーズラインナップとともに、各シリーズにぴったりなシチュエーションをご紹介いたします。

レガシーをデイリーに使える実用バッグ「ダッフル」

レガシーのダッフル

縦に長い長方形のソフトなルックスと底に向かって広がるフォルムが特徴的なダッフルは、1973年に発表されたバケツ型のファスナー付きバッグ「ダッフルサック」のデザインからヒントを得て製作されたライン。

ストラップを調節することでショートショルダーとロングショルダー、斜め掛けの3WAYでの使用が可能です。底のスペースが広く設計されたダッフルは、大きめの化粧ポーチや長財布のほかにシステムノートなども収納可能で、通勤や通学はもちろんのこと休日のショッピングにも活躍します。

また、ダッフルにはマチ幅がスリムな横長フォルムもあり、ちょっとしたお出かけにはこちらのデザインがおすすめです。

縦長デザイン
サイズ:約W25cm×H33cm×D14cm
内装:ファスナー付きポケット×1、オープンポケット×2
外装:ファスナー付きポケット×1

横長デザイン
サイズ:約W34cm×H19cm×D6cm
内装:ファスナー付きポケット×1、オープンポケット×2

コロンとしたフォルムのボストンタイプ「ヘイリーサッチェル」

レガシーのサッチェル

サイズ:約W33cm×H21cm×D16cm
内装:ファスナー付きポケット×1、オープンポケット×2
外装:オープンポケット×1

ヘイリーサッチェルはボストンタイプのハンドバッグ。バッグの上部に向かってマチ幅がスリムになるヘイリーサッチェルですが、収納スペースが広くお出かけに必要なアイテムをスムーズに収納できます。

また、バッグのサイドまで開くダブルファスナーにより荷物の出し入れもスムーズで、底には4つの底鋲が付けられているため少しラフな使いかたをしても◎!

コロンとしたフォルムとシックなイメージをあわせ持つヘイリーサッチェルは、デートやショッピングに連れていきたいデザインです。

セレブも愛用する3WAYバッグ「ミニタナー」

レガシーのタナー

サイズ:約W21cm×H24cm×D9cm
内装:ファスナー付きポケット×1、オープンポケット×1
外装:ファスナー付きポケット×1

フラットで四角いフォルムのハンドバッグ ミニタナーは、取り外し可能なストラップによりショルダーと斜め掛けでも使える3WAYデザイン。サイドの上部が横に開いた独特のデザインが特徴的で、イギリス王室のキャサリン妃の妹ピッパ ・ミドルトンさんが愛用していることでも注目されました。

スリムでコンパクトなルックスが魅力のミニタナーは、カジュアルに使うなら斜め掛け、ハンドバッグスタイルではデートやディナーシーンでおすすめです。

コンプリートしたくなる! レガシーで人気が高い素材とおすすめカラー

レガシーでおもに使用される素材とカラーも気になるところ。ここでは、機能的なレガシーをさらに使いやすく仕上げる人気素材とおすすめカラーの組み合わせをご紹介いたします。

コーチを代表する皮革素材「グラブタン・レザー」

コーチではさまざまなレザー素材を取り入れていますが、レガシーにおいてはグラブタン・レザーという1958年に登場した丈夫な皮革素材を使用しています。グラブタン・レザーは野球のグローブからインスピレーションを受けてつくられ、時とともにしなやかな風合いへと変化するコーチを代表するレザーです。

そして、グラブタン・レザーのレガシーで人気が高いカラーといえば、ダッフルではブラック、ヘイリーサッチェルではアイボリーベージュ、ミニタナーではピンクスカーレット。素材の良さが引き立つレガシーのレザーは、それぞれのカラーの個性をぶれること表現します。

おしゃれで合わせやすいアイコン素材 シグネチャー

シグネチャーはCOACHの頭文字「C C」で構成されたモノグラムデザインで、2000年の秋冬コレクションで登場以来コーチの代名詞的な存在になりました。耐久性に優れたキャンバス素材 シグネチャーではカーキカラーが最もスタンダードで、ベーシックカラーからビビットカラーまでさまざまなカラーのレザーと組み合わせています。

デニムなどのカジュアルコーデからスーツスタイルまで、カラーやテイストを問わずに合わせられるところもシグネチャーの人気の理由です。

コーチの新定番「レガシー」はベーシックとトレンドを合わせたバッグ

シーンとニーズで使い分けられるコーチのレガシーは、比較的手が届きやすいプライス設定も魅力。財布や時計、香水といったアイテムバリエーションも展開するレガシーは、自分好みの素材とカラーでコンプリートするのが女性の憧れとなりそうですね。

現在ブランド品の買取相場が上がっています
売却前の相談や店舗に行く前に買取金額の目安を知りたい方はコチラ

120万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定

様々なブランドの買取に対応しています

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください