デイトナのアイスブルー文字盤の価格推移は?価値が高い理由や売却のコツ

デイトナのアイスブルー文字盤の価格推移は?価値が高い理由や売却のコツ

資産として保有する方も多いロレックスの時計ですが、そのなかでも特別に価値の高い存在の一つが、アイスブルー文字盤を持つデイトナです。見た目の美しさはもちろん、素材の価値やステータス性の高さなど、さまざまな面で人気を集めています。気になるアイスブルー文字盤の価格推移について確かめていきましょう。今回は、デイトナのアイスブルー文字盤の価値が高い理由や、これまでの価格推移などをご紹介します。

アイスブルー文字盤のデイトナが持つ価値

ロレックスのデイトナ(コスモグラフ デイトナ)は、スポーツウォッチのなかでも人気の高いモデルです。一般的な時計の用途でも活用できるほか、タキメーターやストップウォッチとしての機能を備えています。
価格の高いデイトナのなかでも、とくに高値がつく人気アイテムがアイスブルーの文字盤を持つモデルです。氷のようにひんやりとした色合いを持つアイスブルーのダイヤルは、ロレックスのなかでも限られたモデルにしか搭載されていません。ほかにも青色系の文字盤は複数存在しますが、アイスブルーならではの淡い色彩が特徴です。
アイスブルーダイヤルは、基本的にプラチナ素材のモデルにのみ採用されます。デイトナのアイスブルーモデルも、白銀の輝きを持つプラチナが使われています。
ロレックスの時計はステンレス製のものが多く見られますが、ゴールドやプラチナといったゴージャスな素材の時計も少なくありません。そういった時計は定価も高くなります。
プラチナ素材を使った限られたモデルのみに採用されるアイスブルーダイヤルは、ステータス性の高さを示すアイコンになり得ます。純白の輝きを放つプラチナと、光沢感のあるアイスブルーの文字盤は見た目の相性も抜群。こういった特別感も、アイスブルーダイヤルを持つデイトナの価値を高めているといえるでしょう。

デイトナのアイスブルー文字盤の価格推移

2023年9月現在、最新のアイスブルー文字盤モデルはRef.126506です。2023年に登場したばかりの新作で、定価はメーカーへ「要問い合わせ」状態となっています。
一つ前のモデルであるRef.116506は、2013年からおよそ10年にわたって販売され続けてきました。こちらはロレックスのスポーツモデルにおいて初のプラチナモデルとなる特別な存在で、発売からつねに人気を博していました。定価は約800万円です。
中古品でもかなりの高値がつくことが特徴で、2018年頃の中古品買取価格は500万円~600万円というところでしたが、徐々に価格が高騰。2020年頃には1,000万円を超える買取価格がつくようになり、状態の良いものは2,000万円以上で売れることもあったようです。2023年9月現在も、買取価格は1000万円~1500万円が相場となります。購入価格も1,500万円前後からで、3,000万円近い金額で販売されるものもあります。

デイトナのアイスブルー文字盤を売るなら時計買取に詳しい店へ

査定
ロレックスのデイトナのアイスブルー文字盤は高い価値を持つ時計です。ただし、時計の査定金額は業者によって異なります。ときには数十万円の違いになることも。お持ちのデイトナを売るなら、少しでも高く買い取ってくれる店を選びましょう。
ロレックスをはじめとする高級時計を高く売るなら、時計買取に詳しい買取店へ査定を依頼することがおすすめです。時計の持つ価値をしっかりと判断できる買取店なら、デイトナのアイスブルー文字盤に適正な高価格をつけることができるでしょう。
お持ちの時計を売るときは、ぜひ「なんぼや」の査定もご利用ください。デイトナはもちろん、数多くの時計買取実績がある「なんぼや」では、最新の相場や流行、需要などさまざまな要素を参考に、可能な限りの高価買取価格をおつけします。

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください