カルティエの時計で大人の品格を磨く!人気モデルをご紹介

カルティエの時計で大人の品格を磨く!人気モデルをご紹介

『王の宝石商、宝石商の王』と評されたカルティエ。その洗練されたデザインは今も世界で愛されてます。
今回は、高度な技術と豊かな創造性、洗練されたデザインが世界的に高く評価されているカルティエの腕時計をご紹介します。

2024年ブランド品の買取相場急上昇中!!

ブランド品を売るなら今がチャンス、ブランド買取なら「なんぼや」にお任せください。

ブランド品の高価買取について詳しくはこちら

エレガントでありながらスタイリッシュなタンク

タンクは1917年にルイ・カルティエが創ったカルティエを代表する腕時計です。非常に洗練されたスタイルでTPOを選ばずに身につけることができます。

カルティエ タンクについて

カルティエ タンクについて

大きな特徴は、ケースの縦枠部分によってラグ(ベルトとケースを接続する部分)を隠していることです。ケースとベルトをシンプルなラインで結び、エレガンスかつスタイリッシュなシルエットを実現しています。

1917年に原型ができてから変わることなく愛され続け、現代においてもさまざまなバリエーションが作られています。

カルティエ タンクのモデル

カルティエ タンク ソロ

タンク ソロ

タンクの特徴をシンプルに表現したモデルです。どのようなスタイルにも合います。

カルティエ タンク フランセーズ

タンク フランセーズ

ケースからベルトまでのラインを一体化させたデザイン。ブレスレットのように使えます。

カルティエ タンク アングレース

タンク アングレース

リューズをケースに埋め込んだ、よりシックな最新モデル。スタイリッシュなコーディネートにおすすめです。

カルティエ タンク アメリカン

タンク アメリカン

緩やかなカーブを描くスリムなケースが特徴です。TPO問わず装いにさりげなくアクセントを付けます。

タンク ルイ カルティエ

ルイ・カルティエが創ったデザインを忠実に継承したモデル。今なお輝く洗練されたスタイルです。

力強さと優美さが融合したカリブル

洗練されたエレガントさが特徴のカルティエですが、カリブルはさらに力強さを加えたデザインです。スマートな中にたくましい魅力を感じさせます。

カリブルについて

カルティエ カリブルについて

カルティエが誇る優美なラインと洗練されたデザイン。カリブルはそれに加え、力強さを感じさせるフォルムによって新たなブランドイメージを創りだしました。さらにカルティエの自社工房で開発製造された、自動巻ムーブメントが心をくすぐるはず。スタイル、ムーブメント、イメージ……すべてにおいて洒脱な魅力を放ちます。

カルティエ カリブルのモデル

カルティエ カリブル ドゥ カルティエ ダイバー

カリブル ドゥ カルティエ ダイバー

300m防水、逆回転式ベゼルを採用したダイバーズウォッチです。力強さがもっとも表れているモデルといえるでしょう。

カルティエ カリブル ドゥ カルティエ

カリブル ドゥ カルティエ

カリブルの基本モデルです。エレガントなラインと力強いフォルムはあらゆるコーディネートに合います。

カルティエ カリブル ドゥ カルティエ クロノグラフ

カリブル ドゥ カルティエ クロノグラフ

クロノグラフ(ストップウォッチ)付きのモデルです。スポーツや仕事など機能的にも幅広く活躍します。

「なんぼや」ではタンクやカリブルなどカルティエの腕時計を買取しています。
ジュエリーのような価値を持つ腕時計をぜひお持ちください。
駅から近い便利な全国144店舗の一覧はこちら

“豹”の名を冠した伝説的ヒットモデルのパンテール

カルティエのブランドアイコンといえば豹。同ブランドの広告などで、ペラージュ(豹柄)のジュエリーや腕時計を見たことはないでしょうか?
カルティエが初めて、豹を象ったジュエリーウォッチを発表したのは、1914年ことでした。それから約70年後の1983年、フランス語で豹の名を冠した「パンテール ドゥ カルティエ」が発表されます。

1985年、日本はバブル景気に突入。多くの女性がパンテール ドゥ カルティエを購入し、熱狂的に支持した時代です。当時を過ごしていた女性の中には、パンテール ドゥ カルティエのコンビモデルに憧れていた方も多いのではないでしょうか。

パンテールの人気の理由とは

なぜパンテール ドゥ カルティエが、これほどまでに支持を得たのか。理由はいくつかありますが、もっとも大きいのはジュエリー感覚で着用できたことではないでしょうか。

カルティエは「マイヨンパンテール」というダイヤモンドブレスレットをリリースしています。そのブレスレットとパンテール ドゥ カルティエのベルト部分は、一部が共通したデザインとなっています。腕時計というよりも、もはやジュエリーに等しい逸品です。

そんなパンテール ドゥ カルティエですが、2008年に一時生産終了となりました。以降もカリスマ的な人気を誇りましたが、その約10年後に復刻。今現在、カルティエがもっとも強く押し出しているレディースウォッチのひとつです。

まさにジュエリー!? カルティエ腕時計のさまざまなモデル

ジュエリー工房から始まり王侯貴族を顧客としたカルティエの腕時計は、どれもまさしくエレガント。どのような装いにも合い、手首を品よく鮮やかに演出します。
ここでは、カルティエの腕時計のさまざまなモデルをご紹介します。

カルティエ パシャ ドゥ カルティエ

パシャ ドゥ カルティエ

防水仕様のラウンドケースウォッチです。シンプルなケースラインはとても美しく映えます。リューズを守るプロテクターはチェーンでケースに固定されており、エレガントな中にチャーミングな印象をもたらしています。

カルティエ バロン ブルー ドゥ カルティエ

バロン ブルー ドゥ カルティエ

青いカボションが埋め込まれたリューズを覆うフレームはまるで風船(バロン)のようで、このモデルの大きな特徴となっています。リューズ部分がアクセントになり、ケースラインをより美しく際立たせるデザインです。

カルティエ ベニュワール

ベニュワールは、カルティエ腕時計随一のハイクラスモデル。ステンレスは一切使用せず、ケースからバンドルまで18Kゴールドで構成されます。曲線美を感じるオーバル型のデザインが魅力を放つ、人気の高いレディースウォッチです。

カルティエ サントス ドゥ カルティエ

サントス ドゥ カルティエ

高名な飛行家であるアルベルト・サントス・デュモンが、操縦中に時刻を確認できる時計をルイ・カルティエに依頼したことがきっかけとなり、腕時計が一般的に普及しました。その名を冠したこのモデルは、すべての腕時計の原型ともいえます。

ロトンド ドゥ カルティエ

カルティエの腕時計は、「一般」「技術」「ジュエリー」の3タイプに分類されますが、ロトンド ドゥ カルティエは「技術」に長けたモデルです。自社ムーブメントを搭載しており、カルティエが持つ時計製造技術のすべてをつぎ込んでいます。

バロン ブラン ドゥ カルティエ

風船(バロン)のように丸みある形状と、4時位置のダイヤモンドが目を引くバロン ブラン ドゥ カルティエ。バロンブルーの派生モデルであり、とても女性らしさのある1本に仕上がっています。

ロンド ルイ カルティエ

カルティエらしさが詰まった、どこか懐かしいクラシックモデルです。ローマ数字やレイルウェイトラックなど、レトロなデザインに仕上がっています。一方で生活防水機能なども搭載しており、普段使いに最適です。

このほか、トーチュ、クレ ドゥ カルティエ、クラッシュ、クリエイティブ ジュエリー ウォッチなど、さまざまなモデルをラインナップしています。

オーバーホールの必要性

オーバーホールとは時計の潤滑油を交換する作業です。時計の歯車はスムーズに動くように油を注してあります。この油は歯車が擦れて出る微細な金属粉で汚れていきます。

汚れは研磨剤となって部品を傷つけるほか、サビの原因ともなり、結果として故障につながります。油を交換する目安は約3、4年です。ぜひ定期的にオーバーホールして、カルティエの腕時計を長く楽しみましょう。

“宝石商の王”と讃えられたカルティエ

ジュエリー工房から始まり、王侯貴族を顧客としたカルティエの腕時計。どれエレガントで、どのような装いにもマッチし、手首を鮮やかに演出します。カルティエは、時計のほかにも以下のようなアイテムをリリースしています。

カルティエ 結婚&婚約指輪

結婚&婚約指輪

そのエレガントで洗練されたデザインはさすがの一言。永遠の愛を誓うに相応しいジュエリーがそろっています。

カルティエ バッグ&スカーフ

バッグ&スカーフ

非常に美しい色彩とデザイン。ジュエリーや腕時計にも感じるエレガントさはバッグやスカーフにも表れています。

カルティエ 小物

小物

すべてに通じるシルエットラインの美しさ。突き詰めた無駄のないデザインはシンプルでありながらとても優美です。

カルティエのアイテムで毎日を彩ろう

時計やジュエリーなど、多彩なアイテムを生み出してきたカルティエ。どれも洗練された魅力のある、こだわりの逸品ばかりです。
ぜひカルティエのアイテムを身に着け、ラグジュアリーな雰囲気を演出しましょう。

現在ブランド品の買取相場が上がっています
写真を撮って送るだけ、店舗に行く前に買取金額が無料で分かります。

120万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定

様々なブランドの買取に対応しています

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください