サブマリーナーコンビモデルは青と黒どちらが人気?価格相場も紹介

サブマリーナーコンビモデルは青と黒どちらが人気?価格相場も紹介

サブマリーナーコンビモデルは、ステンレススチール×ゴールドの異素材コンビネーションが特徴です。ダイヤルがブルーの通称「青サブ」と、ブラックの「黒サブ」が特に高い知名度を誇ります。
ここでは、サブマリーナーコンビモデルの魅力や、ダイヤルカラー別の人気度、価格相場などを解説します。

サブマリーナーコンビモデルとは

ロレックス
コンビモデルは、ロレックスの特徴的なデザイン「ロレゾール(Rolesor)」が採用されたモデルの通称です。そもそもロレゾールとは、904LステンレススチールとK18ゴールドがコンビネーションになったデザインを指します。つまり、サブマリーナーのうちロレゾールが採用されたモデルが「サブマリーナーコンビモデル」と呼ばれるのです。
コンビモデルは、ステンレス×ゴールドという異素材の組み合わせによって、華やかさや高級感を演出できるのが大きな魅力だといえます。定番のサブマリーナーの中でも、高級時計らしいゴージャスなデザインを楽しみたい方におすすめのモデルです。

サブマリーナーコンビモデルは青と黒どちらが人気?

サブマリーナーコンビモデルでは、ダイヤルがブルーの「青サブ」と、ブラックの「黒サブ」が代表的です。いずれのカラーも人気があり、中古市場では高値で取引されていますが、知名度の高い青サブの価格のほうがやや高い傾向にあります。
ただし、近年では黒サブの値上がりが注目されています。お持ちの黒サブの価値が高まっている可能性があるため、ご自宅にあるサブマリーナーコンビモデルはぜひ一度買取査定へお持ちください。

中古市場で人気の高いサブマリーナーコンビモデル

サブマリーナーコンビモデルは、中古市場においても高値で取引されています。ご自宅に眠っているサブマリーナーは、ロレックス買取に詳しい買取専門店で、その価値を確かめてみることをおすすめします。
【人気モデルの例】
・Ref.116613:特に人気と知名度の高いコンビモデル。
・Ref.16803:希少なアップライトインデックスが採用された、Ref.116613の前身にあたるコンビモデル。
・Ref.16613SG:シャンパンゴールドのダイヤルにダイヤモンドとサファイアが配置されたラグジュアリーなコンビモデル。
サブマリーナーコンビモデルの価格相場
サブマリーナーコンビモデルは、多くの時計愛好家から評価され、中古市場でも活発に取引されています。以下では、買取専門店「なんぼや」で過去に査定したサブマリーナーコンビモデルの買取価格をご紹介します。これらはあくまでも参考価格であり、実際の買取価格は査定内容により変動することをご了承ください。

青サブの価格相場

・Ref.126613LB:未使用品2,490,000円、中古品2,360,000円
・Ref.116613LB:中古品1,869,000円
黒サブの価格相場
・Ref.126613LN:未使用品2,410,000円、中古品2,260,000円
・Ref.116613LN:中古品1,764,000円

その他の価格相場

・Ref.16613SG:中古品1,497,000円

サブマリーナーコンビモデルを愛用している芸能人

ポイント紹介する女性
サブマリーナーコンビモデルは芸能界でも人気があり、多くの有名人が愛用しています。
たとえば、プロゴルファーの松山英樹選手が愛用しているのは「Ref.116613LB」です。松山選手といえば、日本人スポーツ選手として初めてロレックスとスポンサー契約を結んだことでも知られています。愛用しているRef.116613LBは、ステンレススチールとイエローゴールドのコンビネーションに、ブルーのダイヤル(青サブ)となっています。
また、人気ロックバンドUVERworldでヴォーカルを担当するTAKUYA∞さんが愛用しているのは、「Ref.116613LN」です。こちらのデザインはステンレススチールとイエローゴールドのコンビネーションに、ブラックのダイヤル(黒サブ)となっています。

サブマリーナーコンビモデルの査定は「なんぼや」へ

サブマリーナーコンビモデルは、ステンレススチールとK18ゴールドのコンビネーションによる華やかさが魅力です。近年は世界的な金相場の高騰を背景に、改めて注目されているモデルでもあります。過去よりも買取価格が高まっている可能性があるため、ぜひ一度査定をお試しください。買取専門店「なんぼや」では、ロレックス買取の実績が豊富にございます。サブマリーナーは買取強化中のモデルとなっているため、ぜひこの機会に査定へお持ちください。

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください