ヨットマスターで人気のロレジウムとは?

ヨットマスターで人気のロレジウムとは?

ロレックスの数多くある腕時計ラインナップの中でも、比較的リーズナブルでありながら人気の高いヨットマスターの「ロレジウム」。今回は、そんなロレジウムの魅力や型番ごとの特徴などをお伝えします。

ロレックスのヨットマスターとは?

ポイント紹介
ロレックスのヨットマスターは、ヨットレースやマリンスポーツの愛好家に向けて設計された、ラグジュアリーなスポーツウォッチです。1992年に初めて登場し、ロレックスブームに合わせて人気が急上昇したことで、定番ラインナップの仲間入りを果たしました。
ヨットマスターは、すべてのモデルが最低100メートル(330フィート)の防水性能を備えているのが特徴です。水辺で活動する際も安心して着用でき、マリンスポーツをする方やリゾートを訪れる機会の多いセレブリティから人気が集まっています。

ヨットマスターのロレジウムモデルとは?

ヨットマスターには、ホワイトゴールドを使用したモデルやイエローゴールドを使用したモデルなど、さまざまな種類があります。その中でも特に人気が高いのが、ロレジウムと呼ばれるモデルです。
ロレジウムとは、ロレックスが作った言葉で、ステンレススチール(オイスタースチール)とプラチナ素材を組み合わせたモデルを指します。サブマリーナやターノグラフなどのほかのシリーズにはなく、ヨットマスターのみに存在するモデルです。
ロレックスは、初代のヨットマスターが誕生した7年後、1999年に初のロレジウムモデルを発表しました。シルバーを基調としたシンプルでスポーティーな印象のデザインが多くのユーザーから支持され、3世代目となった現在でも高い人気が続いています。

ヨットマスターのロレジウムモデルの型番

続いては、ヨットマスターのロレジウムモデルの型番と、それぞれの特徴を解説します。

ヨットマスターロレジウムRef.16622

Ref.16622は、ヨットマスターのロレジウムの初代モデルです。サブマリーナに似たデザインではあるものの、ベゼルを両方向に回転できるようにするなど、セーリング競技を意識した改良が施されています。また、現行では廃止となったレディースモデル(29mm)があり、ペアウォッチとしての人気も高い型番でした。

ヨットマスターロレジウムRef.116622

Ref.116622は、Ref.16622の後継として2012年に登場したロレジウムモデルのヨットマスターです。デザインは大きく変わっていないものの、ベゼルがよりスムーズに回転するように改良が施されました。シルバー・ブルー・ダークロジウム(グレー)と、文字盤のカラーバリエーションが豊富な点も特徴です。

ヨットマスターロレジウムRef.268622

Ref.268622は、Ref.116622の37mmケース径として2016年に登場したモデルです。40mmケース径のRef.116622と比べて少し小ぶりになっており、手首に馴染みやすい印象があります。カラーはダークロジウムのみとなっています。

ヨットマスターロレジウムRef.126622

Ref.126622は、2019年に誕生した現行モデルのヨットマスターです。新世代ムーブメントであるCal.3235が搭載され、約70時間のパワーリザーブを実現しています。パワーリザーブとは、機械式時計が駆動し続けられる時間のことを指します。デザイン面で大きな変更は行われていませんが、文字盤のカラーからシルバーが廃止され、ブルーとダークロジウムの2色展開となっています。

ヨットマスターのロレジウムモデルが人気の理由

ロレックス ヨットマスター ロレジウム
ヨットマスターのロレジウムモデルは、発売からほとんどデザインが変更されていません。その影響もあり、中古市場では比較的安価な価格で購入できるモデルも多く、高い人気を誇ります。
また、ムーブメントにはロレックスの主力モデルにも搭載されているCal.3235を搭載し、快適な使い心地を実現している点も魅力です。そのほかにも、ベゼルのポリッシュ(鏡面)加工など、高級感のある仕掛けが多く施されており、ハイクオリティーな逸品に仕上がっています。

まとめ

ロレジウムは、ロレックスのヨットマスターの中でも人気の高いモデルです。自宅で使用していないものがある場合は、売却によって思わぬ高額査定がつく可能性があります。買取先をお探しの場合は、ぜひ「なんぼや」までお越しください。ロレックスの査定実績が豊富な担当者が、時計の状態や相場価格などをもとに丁寧に査定し、できる限りの高価買取を実現いたします。

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください