• 公式X(ツイッター)
  • 公式Facebook
オンラインで手軽に査定完了。 オンライン買取
全国の経営者様へ 「なんぼや」の法人買取 査定・キャンセル無料 高額翌日振込可能 大量買取 高額買取

ロレックスの寿命について

ロレックスの寿命について

ロレックスの時計の寿命がふと心配になる。
それは時計をとっても気に入っていて、ずっと使っていたいからでしょう。

物を大切にするのは良いことだと思いますが、そのためにはそのものの性質や取り扱いについて理解することがまず重要です。
自分が想像する耐用年数を越えた古さのヴィンテージウォッチに興味を持って見るのも面白いかも知れません。
ロレックスの買取はこちら

2024年時計の買取相場急上昇中!!

さらに現在相場の影響で時計の価値が急上昇しています!

時計を売るなら今がチャンス!

ロレックスやオメガなど買取なら「なんぼや」にお任せください。

時計の高価買取について詳しくはこちら

ロレックスの寿命 高級機と実用機

ロレックスの時計、寿命はどのくらいなのでしょうか。
時計を大切に、いつまでも使い続けたいと思いますと、ついついそんな不安にも似た疑問がわいてくることもあるでしょう。

ロレックスの場合、基本的には精度と信頼性を優先した設計になっているため、比較的高いトルクを発生するゼンマイでしっかりとテンプを振る設定です。
こうでなければロレックスが持つ機械式時計としてトップクラスの精度は望むべくもないでしょう。

対して、例えばジャガー・ルクルト辺りのムーブメントは、必要最小限に近い、弱いトルクで、いかにしてしっかりと精度を確保するかに労力が割かれています。

これはここに繰り返すまでもなく、ゼンマイの発生するトルクが小さければ、各部への負担は軽減され、全体をより長持ちさせることができるからです。

そしてできるだけ弱い力でもしっかりと動くように、部品の1つ1つをしっかりと磨いて部品同士の摩擦を軽減する努力がなされています。

機会があったら、ジャガー・ルクルトの時計のゼンマイを巻いてみてください。
特に停止状態からゼンマイをまき始めたときの感触は、本当にゼンマイが巻き上がっているか不安になるほどに軽いはずです。

そこにロレックスで感じられるほどの、ひとつひとつの操作に対するしっかりとしたレスポンス、そしてこれに伴う安心感はなく、ロレックスばかりご愛用の方からすれば、少々不安になるかもしれません。

この違いについて誤解を恐れず、端的に表現するなら、ロレックスは実用時計であり、ジャガー・ルクルトは高級機である、となるでしょう。

実際にジャガー・ルクルトのムーブメントをベースとして広く使用してきたヴァシュロン・コンスタンタンしかり、オーデマ・ピゲしかり、何世代にもわたるほどのハイレベルな意味での長い寿命を目指して、すれすれの設計を張り巡らしているといいます。

ですからこういった更なるハイブランドの時計たちは、ロレックスほどの高精度は望むべくもない、となりますが、これはどちらが良い、または優れているという話ではなく、あくまで別物としてとらえるべきでしょう。

ロレックスの寿命 あなたが何を求めているか

時計の手入れ
もっともロレックスの新世代機、Cal.3200系では新開発のクロナジーエスケープメントの採用によって動力の伝達効率を改善したほか、各部品をより高い加工精度で製造することで、耐久性の向上への取り組みにもかなりの改善がなされているようです。こういった意味では高級機に少し近づいているとも考えられるでしょう。

つまりロレックスは実用機であり、その耐用年数は限られている、となるのかといいますと、実はそうでもないということもまた事実です。

新品の状態から5年以内や10年以内のすばらしい高精度を維持したいとすればさすがに厳しいですが、例えば日差で+15~20秒くらいでそれなりに動くとしても、致命的に信頼性を失った、とはならないはずです。

古くなったら古くなったなりに、いたわりの気持ちを持って時計に接してあげる。この気持ちさえあれば、ロレックスの時計はずっと使っていられるでしょう。

当店では、時計修理も承っております。
時計のオーバーホールや電池交換など、修理のお店をお探しなら年間修理実績30,000本以上のにお任せください。納期も業界最速級の速さで、お客様の大切な時計を修理・メンテナンスしています。

ロレックスの寿命 既に寿命を迎えているかもしれない古い時計から感じられること

実際に現存する50年前に製造されたデイトジャストについて考えてみましょう。

ベルトはそれなりにくたびれ、伸びており、ケースもかなり痩せていて、文字盤や針の夜光ももう光らないのが普通ですが、実用できる範囲のコンディションである時計がどれ程多いことか。

約50年前にリリースされたCal.1570はロービートの名機と呼ばれるムーブメントですが、耐久性と精度の向上をひたすらに目指してきたロレックスの後継機たちは、Cal.1570を色々な意味で越えているから基幹ムーブメントとして投入されていることを忘れてはならないでしょう。

例えば現行のCal.3100番台のムーブメントを積んだ時計には、私は50年前のロレックス以上の耐久性が備わっていると信じて疑いません。

ロレックスの寿命 時計と末永く付き合うために

時計を修理している

  • 日頃から愛着といたわりを持って時計に接してあげること
  • 時計をできるだけ奇麗に保つこと
  • 使わないときは触らないこと、無意味にワインダーに入れっぱなしにしないこと
  • 日の当たらない、湿気やほこりの少ない場所に保管すること
  • 具合が悪くなったら分かる人に早めに相談し、対処すること
  • 動作に問題が特に異常がなければそのまま使う~今どきのメンテナンスは5年に1回以下でもそんなに問題はないはずです

すなわち何ら特別なことはなく、正しく、大切にすることです。
これだけできていれば、きっとあなたの子孫にロレックスの時計を引き継いでいくことは十分に可能です。
愛機をぜひ、大切にしてあげてください。

現在ブランド時計の買取相場が上がっています
写真を撮って送るだけ、店舗に行く前に買取金額が無料で分かります。

120万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定

ロレックスの売却なら、時計買取の実績豊富な「なんぼや」へお任せください。
相場をもとに、高価買取価格をご提示いたします。
駅から近い便利な全国144店舗の一覧はこちら

ROLEX MODEL

ロレックス買取強化モデル

様々な時計の買取に対応しています

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください