ヴァンクリーフはダサい!?良さがわからないという人がいる理由

ヴァンクリーフはダサい!?良さがわからないという人がいる理由

日本では「ヴァンクリ」とも呼ばれる「ヴァンクリーフ&アーペル」。
世界5大ジュエラーの1つでもあり、四つ葉のクローバーの「アルハンブラ」はブランドを象徴するジュエリーとして人気です。

王室御用達や芸能人も多く利用する方が多い「ヴァンクリ」ですが、一部ネットなどでは、「ヴァンクリーフはダサい」「ヴァンクリーフの良さがわからない」という意見もあります。
今回はそのような意見がある理由を考えていきたいと思います。

ヴァンクリーフとは?

ヴァンクリーフ
「ヴァンクリーフ&アーペル」は創業者でもあるアルフレッド・ヴァンクリーフとその妻、エステル・アーペルの兄サロモン・アーペルの二人の名前から取られ、1906年にパリのヴァンドーム広場で開業しました。

1925年のパリ万国博覧会でグランプリを受賞し、1960年代にブランドを代表する四つ葉のクローバーのモチーフ「アルハンブラ」を生み出し、その後、女優グレース・ケリーとモナコ大公レーニエ3世との結婚を機にモナコ公室御用達の宝飾店として世界中にその名が知れ渡ります。

現在でも世界中のセレブや日本の芸能人、インフルエンサーなどが愛用しており、日本国内でも高級ジュエリーとして有名です。

ヴァンクリーフが人気の理由

「ヴァンクリーフ&アーペル」は貴重な宝石と質の高い素材を使っています。最高品質の素材のみを選定しており、世界5大ジュエラーの1つに数えられるほどの品質の高い宝石を扱っています。
ジュエリーの品質だけでなく、ヴァンクリーフの特徴は「アルハンブラ」に代表される美しいデザイン性です。
緻密に製作されたジュエリーの装飾は専門の職人によって手作業で1つ1つ製作されたもので、フレームのセッティングも全て手作業で行われています。

そのため、ハイブランドの中でも価格は高価ですが、世界が認める信頼性のあるブランドなので婚約指輪や記念日に購入する方も多く、日本でも女性の憧れのブランドアイテムとして人気があります。

ヴァンクリーフはダサいと言われる理由

そんな人気のヴァンクリーフですが、ネットの一部では「ダサい」という意見も見られます。
その理由について考えてみました。

ブランド感が強い

「ヴァンクリーフ&アーペル」は高級ブランドとしても有名で、ブランドの象徴ともいえる四つ葉のクローバーのデザイン「アルハンブラ」が広く認知されています。
認知されていることは良いことなのですが、その分、『ヴァンクリーフをつけている』=『高級ブランドを身につけている』とすぐに思われてしまい、それが一部の人からマイナスイメージを抱かせており、「ダサい」というレッテルを貼っているようです。

身につけている人が多い

「ヴァンクリーフ&アーペル」は日本でも人気の有名ブランドです。そのため、街中でもヴァンクリーフのジュエリーやアクセサリーをつけている人が多いので、人と被るのが嫌いな人からマイナスイメージを持たれています。
特にブランドを代表する「アルハンブラ」のデザインは特徴的なので、ヴァンクリーフのアイテムと分かりやすいのも要因といえるでしょう。

デザインの良さが分からないという意見

「ヴァンクリーフ&アーペル」のジュエリーやアクセサリーは四つ葉のクローバーを模した可憐で可愛らしいデザインになっています。派手さよりも可愛らしいコンサバティブな印象のデザインが多いので、目立つジュエリーが欲しい人には合わないかもしれません。

柔和で曲線的なデザインが多く、また、立体感をあまり出さない平面なものが多いので、それが日本人の骨格には合わないという意見もあり、花をモチーフにしているデザインの良さが分からないという方もいらっしゃいます。

ここら辺は人それぞれの好みの問題なので仕方がない面もありますが、自分が良いものを選ぶのが大事でしょう。

ヴァンクリーフのおすすめアイテム

ネックレス
「ヴァンクリーフ&アーペル」は可愛らしいイメージが強いですが、より上品さを出したモチーフの周りに飾りがない「ピュアアルハンブラ」や金属だけで四つ葉を模した「ピザンチンアルハンブラ」などオフィスカジュアル向けのアイテムも多くあります。

また、価格は高めですが、婚約指輪も球体モチーフなどヴァンクリーフならではの繊細なデザインで人気となっています。

まとめ:ヴァンクリーフはダサくない!好みは人それぞれ

ポイント紹介する女性
今回は「ヴァンクリーフ&アーペル」がダサいという意見の理由について考えていきました。

理由として一番に出てくるのが『身につけている人が多いから』という意見でした。これは有名ブランドだからしょうがない面もありますが、ヴァンクリーフには「アルハンブラ」でも多くのシリーズが登場しているので他の人と被らないものもたくさんあります。

『デザインの良さが分からない』という意見もありましたが、これは人それぞれの好みの問題になります。
ヴァンクリーフには色々なデザインのジュエリーやアクセサリーがあるので、気になる人は公式サイトや店舗で一度見てみるべきでしょう。

ヴァンクリーフを買ったけど自分に合わないと思っている方は買取を検討してみることをおすすめします。
「ヴァンクリーフ&アーペル」は有名なハイブランドなので、中古市場でも需要が高く、高く売ることが可能です。

「なんぼや」では「ヴァンクリーフ&アーペル」の高価買取を行っています。ぜひ一度お気軽に査定にお持ちください。

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください