• 公式X(ツイッター)
  • 公式Facebook
オンラインで手軽に査定完了。 オンライン買取
全国の経営者様へ 「なんぼや」の法人買取 査定・キャンセル無料 高額翌日振込可能 大量買取 高額買取

【更新:2024年5月】ロレックス投資のやり方、財テクとは|おすすめモデルや失敗パターン

【更新:2024年5月】ロレックス投資のやり方、財テクとは|おすすめモデルや失敗パターン

最高の人気と知名度を誇り、国際的なオークションにおいて次々と最高落札額を更新し続けるロレックスは、投資家たちにも注目される存在です。

2008年のリーマンショックの後は、投機対象で購入されたロレックスの時計を慌てて手放す投資家が後を絶ちませんでした。1980年代に始まったロレックスブームの流れの中で、初の相場の大暴落が発生した時期でもあります。
その際に放出された時計の量に驚くと同時に、ロレックスの投機対象としての有効性を認識した方も多いのではないでしょうか。

その後、ロレックスは中国をはじめとする新たな需要の拡大の影響で、今なお供給不足による値上がりが止まらない状況です。
ロレックスの買取はこちら

2024年時計の買取相場急上昇中!!

さらに現在相場の影響で時計の価値が急上昇しています!

時計を売るなら今がチャンス!

ロレックスやオメガなど買取なら「なんぼや」にお任せください。

時計の高価買取について詳しくはこちら

ロレックス投資対象として

ロレックスは時計として、圧倒的認知度と人気の高さから、世界中の人々にその価値を認められています。
値動きについても、細かな上がり下がりはあるものの、2008年のリーマンショック後の数か月間を除けば、おおむね堅調な成長を続けています。

リーマンショック時には、多くのロレックス製品の価格が暴落していきました。特に顕著だったのがミルガウスです。2007年の発売時には180万円で売られていたものが、2008年のリーマンショック以降は60万円台にまで値下がりしました。
リーマンショックの影響を受けたアイテムは、その半年後にはほとんどのモデルが影響前の価格に復活しています。ただ、ミルガウスだけは2019年低めの価格を維持し続けているのが特徴です。

例外はあるものの、ロレックスの時計は財テクに使える投資対象といえるでしょう。

ロレックス投資のメリット

ロレックスが投資対象として優秀であることが分かったら、次は具体的なメリットについても見ていきましょう。
第一のポイントはロレックスの知名度と人気です。投資家の存在はもちろんですが、それ以上にロレックスには熱心なファンが着いています。一部の人気モデルともなると、購入のために正規店を渡り歩く「マラソンランナー」という人が現れるほどです。知名度と人気はそのまま需要につながる要素。投資では換金性が非常に重要となりますが、ロレックスほどの市場規模があれば難しくはないでしょう。
投資商品として考える場合は、収益性も重要です。資産価値が堅実に成長しているのは前述のとおり。この理由は、生産量の少なさが需要と供給のバランスを崩しているからです。そのため、普通の商品は、ニューモデルの登場によって型落ちになりますが、ロレックスは需要と価値が保たれ、なかにはプレミアがつくものも少なくありません。
上記の理由を踏まえると、投資商品としての安全性も担保されていると言えるでしょう。世界的な経済危機などのタイミングを除き、ロレックスの資産価値が急落することはほぼありません。新品で購入し、数年間使ったとしても、少なくとも定価の6割以上で売却できるのがロレックスです。以上から、いかにロレックスが投資対象として優れているかがお分かりいただけるかと思います。

ロレックス投資対象としておすすめのモデル

ポイント紹介
ロレックスの時計の全般に人気があるのは確かです。自分で使う目的であれば、お好きなものを選んでいただいて構いません。ただ、購入目的として財テクを意識するとすれば、事情は少々変わってきます。

これまでの流れからして、投資の対象として考えるなら、スチール製のスポーツモデルに絞るのがおすすめです。
ゴールドのスポーツモデルやデイデイトなどの場合、文字盤や装飾などに際立った特徴がない限り、特別な価格の上昇はほとんど期待できません。

もちろんデイトジャストやパーペチュアルデイト、チェリーニなどの一部にも、投資対象として面白い時計も存在しますが、ここでは人気の高いスポーツモデルに絞って話を進めます。

ロレックス投資のやり方

例えばあなたが今、30年前のエクスプローラー、Ref.1016をまったく使わずに保管していたとします。

30年ぐらい前、Ref.1016エクスプローラーは25万円程度で十分に買えたそうです。これが例えばEから始まるシリアル番号を持っていたとすれば、その付加価値は相当なものになるはずです。300万円以上で買い手が付くこともあるでしょう。

Ref.1016については成り行き上、末期のE、L、Rシリアルに分かりやすいプレミアが付いてしまっており、上記の例ほど極端なことになるかは疑わしいといえます。ただ、生産終了が見えたモデルを使わずに持っているのもワクワクできるのではないでしょうか。

しかし、あなたが時計好きであれば、使わずに取っておくのはことのほか強い忍耐力が必要です。それゆえに古い時計の未使用品は珍しくなってしまいます。

長年ご愛用したロレックスを売るなら、徹底したコスト削減と豊富な再販ルートの確保により、安定した高価買取の可能な「なんぼや」へお任せください。
「なんぼや」のロレックス買取について

ロレックス投資 やはり何を買っておくかが大事

ロレックスと付属品
30年前、もし安価なエクスプローラーではなく、もう少し高価なデイトジャストコンビの16233を買っていたとします。

もちろん未使用のままであればその付加価値は大きいものの、購入金額の割には、想定売価の1/3の値段でも買い手を探すのは難しいのが現実でしょう。

スチール製のスポーツモデルがロレックスの人気を支えてきた事実を忘れてはならないのです。

投資目的で時計を買うなら、ロレックスの現行モデルの動きも参考にしましょう。毎年開催されているバーゼルワールドは欠かさずチェックするのがおすすめです。

ロレックス投資 せっかく買ったのなら少しは使いたいという方には

さすがに何十年も寝かせるのは厳しいという方には、中古の時計がおすすめです。多少擦り傷などがあっても、打痕のない、できるだけ磨いていない時計を買う方がいいと思います。

機種としては1990年代製で製造当時のトリチウム夜光がそろったものがおすすめです。すでにアンティークの予備軍として扱っている店が目立ってきましたが、なかにはまだ単に年式の古い中古として安価で売っている店も見つかることでしょう。

またシードゥエラー ディープシーのマーク1ダイヤルと呼ばれるバリエーションも、一時うわさが流れましたが、その後まだ騒ぎを起こしていないアイテムです。今ならまだ普通に買える時計を買い、売り時をうかがいながら持っておくのが、おすすめのロレックスの財テクです。

ロレックスを人気ブランドの中古品・ブランド通販のALLU(アリュー)で探す。

ロレックス投資におすすめの中古ロレックスモデルとは

GMTマスターは、発売時からじっくりと買取相場の上昇を続けています。
特に2019年に製造の終了したRef.116710LNやRef.116710BLNRはねらい目です。新モデルが登場した後、一気に需要が高まりました。現在のうちに入手し、このまま買取価格が高騰していけば、もうけが出る可能性もあるでしょう。
もう一つのおすすめモデルがサブマリーナーです。
サブマリーナーはスポーツウォッチの中でも特に人気の高い存在として知られています。かつて登場したモデルが時間をかけて買取価格を上昇させているため、今買うのなら新しいモデルがおすすめです。昔のモデルと同様、何年もかけて買取相場が高騰していくことが期待できます。

【2022年】ロレックス投資におすすめのモデルランキング

ポイント紹介
資産価値が高いロレックスのなかでも、特におすすめできるモデルはデイトナ、GMTマスター、エクスプローラーⅡ、サブマリーナーデイトです。それぞれの魅力を解説します。

1位 デイトナ

デイトナは、さまざまなロレックスのなかでキング・オブ・ロレックスとも呼ばれる定番の人気モデル。特に生産が終了したモデルは国内外を問わず入手困難であり、人気が過熱しています。

2位 GMTマスター

GMTマスターは、赤と青のカラーベゼルに衰え知らずの人気があるスポーツモデルです。現在は20年以上のロングセラーとなり、レアモデルは高い人気を誇ります。

3位 エクスプローラーⅡ

エクスプローラーⅡは、「探検家のために」をコンセプトに開発されました。定番から外れた印象のあるモデルですが、最近は注目度が高まりつつあります。

4位 サブマリーナーデイト

サブマリーナーデイトは、ダイバーズウォッチの代表格であるサブマリーナーにデイト機能を搭載したモデル。逆回転防止ベゼルを初採用した16800は、特に多くの人気を集めています。

ロレックス投資で注意したいこと

ロレックス投資では、投資対象の選び方に注意が欠かせません。すでにプレミア価格の付いたモデルを選んだときや短期決戦に臨んだ場合、リスクは高まると指摘されています。

すでにプレミアが付いている時計はリスクが高い

悩む女性
すでに高額になっている時計を購入してさらなる価格上昇を狙うのは、リスクの高い手法といえるでしょう。

リーマンショック後、手巻き時代のデイトナや赤シードゥエラー等の高額品の値下がり幅は特に大きくなったためです。一時はそれまでの最高価格の半分くらいまで下がったアイテムも少なくありませんでした。

ロレックスの時計に付いているプレミア価格は、ファンたちの熱狂的な支持によるものです。よほど極端な特徴でもない限り、相場が低くなるときには、下がり幅も大きくなる傾向にあるのです。

ロレックス投資 短期決戦は利益を生みにくい

ロレックスは時間をかけて価値を上げていく傾向にあるため、投資は10年以上のスパンで考えるのがおすすめです。ただ、なかには短期間に大きく伸びる可能性のあるモデルも存在するでしょう。

しかし、それらには相応のリスクが伴うばかりか、差益もなかなか大きなものにはなりにくい傾向があります。ロレックスを日々研究し、多少は先のことを計算することができないと、利益を出すのは難しいでしょう。

ロレックス投資 その他、投資の失敗パターン

円安のタイミングで購入する

投資を成功させるには、仕入れ値にも気を配りたいところです。目当ての時計が高くなっている時期に購入してしまうと、損してしまうこともあります。ロレックスは海外製品のため、円高のときに買うのがおすすめです。円安になると国内での値段が上がってしまいます。ロレックスのような高額商品の場合はとくに、少しの為替相場の変動でも価格に大きく影響が出てしまいます。ロレックス投資を成功させるなら、まずは購入時期を見極めましょう。

専門知識のない買取店で売却する

ロレックスを売るときには、買取業者を吟味しましょう。時計知識のない店や再販ルートの乏しい店だと、相場よりも低い金額で買取されることがあります。売ると決めたら、買取業者の情報収集をしっかり行いましょう。一つの店だけでなく、複数の店に赴き、比較検討するのも大切です。
または、ネットオークションやフリマアプリで売却希望価格を自分で設定して売却するという方法もあります。この場合、売却価格で失敗する心配はなくなりますが、買い手がつくまで時間がかかってしまう可能性があります。なかなか買い手がつかないうちに買取相場が下がってしまい、売り時を逃してしまう恐れもあるため注意しましょう。

モデルのみで選んでいる

ロレックスにはさまざまなモデルがありますが、そのなかでも製造年や文字盤の装飾、色、機能などでさらに細かくモデルが分けられています。たとえば同じデイトナでも、製造年が違うだけで希少価値が異なるため、高額で取引されるものとそうでないものがあります。文字盤の色が白か黒かだけでも、数万円から数十万円の差がつく場合もあるのです。人気のモデルだというだけで購入してしまうと、思っていたよりも高く売却できなかったという事態に陥ってしまうこともあるため注意が必要です。

売却するタイミングを見誤る

ロレックス投資を成功させるためには、売却のタイミングが非常に重要になってきます。売却のタイミングを見極めるのは非常に困難ですが、売却を決めたら定期的に価格変動をチェックしましょう。少しでも高く売ろうとしてタイミングを見誤ると、価格が下落してしまうこともあります。

ロレックス投資 10年後にロレックスの価値は変わっている?

ロレックス人気は安定感があり、10年後も高い価値を維持する見込みがあります。

ロレックスの価値が高い理由

ロレックスの価値が高い理由は、主に知名度の高さ、生産量の少なさ、デザインの普遍性の3点です。
防水に優れたオイスターケース、自動巻きの完成形とされるパーペチュアル機構、日付の切り替えで高い精度を発揮するデイトジャスト機構は、ロレックスの三大発明として広く知られます。

実用時計として高く評価され多くの需要があるのに対し、生産量が少なく簡単には入手できません。新旧モデルともに手に入れにくい点は、さまざまなモデルの価値向上につながっています。

これまで何度となくモデルチェンジを繰り替えしてきましたが、従来のデザインを大幅に変えないところも特徴的です。普遍的なデザインも世界中で愛され、時計自体の価値を保つのに効果を発揮しています。

これらの魅力により、常にロレックスは国内外を問わず高い価値を得ていると考えられています。

10年後も変わらずに高い価値を有するであろうロレックス

ロレックスは、今後の10年も従来と変わらず高い価値を有すると期待できる高級時計です。
短期的に見れば、相場価格の変動は避けられないでしょう。特に新しいモデルが発表された直後は、多少とはいえ価格がアップダウンする傾向にあります。

それでも、長期的に見ると相場価格の動きは安定的です。現在は新型コロナウイルスが感染拡大した影響で品薄状態になり、価格は上昇を続けていますが、やがて落ち着くと見られています。

世界的に経済活動が再開されロレックスの流通量が回復に向かえば、現在の一時的な価格高騰は収まるとの予想が優勢です。再び大きな社会変化などが起きなければ、相場価格も大幅に変動しないでしょう。

1~2年単位でなく10年後まで見通すなら、ロレックスの価値は高いまま保たれると見込めます。そのため、長い目で見れば投機に適した資産と評価する声が多く聞かれます。

ロレックス投資のやり方まとめ

最後に、ロレックス投資のやり方とそのポイントについて箇条書きでまとめます。

  • 投資向けのモデルを購入する(スチール製スポーツモデルがとくにおすすめ)
  • 新品で購入した場合は未使用状態で寝かせると資産価値が保たれる
  • 自分でも使いたい場合は状態の良い中古品が最適
  • 市場を小まめにチェック、売り時を伺いながら保持する
  • 現在プレミアがついているものは値下がり幅も大きいので避けるのが無難
  • 投資期間は10年以上で考える
  • 仕入は円高のタイミングがおすすめ
  • 売却の際は複数の店舗で比較検討をする

ロレックス投資 長い目で見て、大切に扱い、楽しむ

ロレックスの時計は、持ってさえいれば、いつの日か立派に財産といえるものに成長する可能性があります。
購入したロレックスを使わず、値上がりを楽しみに保管しておく方も少なくありません。

また、ロレックスの時計の良さは、買取価格が安定して高いところにもあります。
好きな時計を買って大切に使っていれば、いつしか売るときが来ても、十分に元は取れたと思える価格で買取してもらえるでしょう。
ロレックスの時計がお好きな方は、ぜひ財テクにも目を向けてみてはいかがでしょうか。

現在ブランド時計の買取相場が上がっています
写真を撮って送るだけ、店舗に行く前に買取金額が無料で分かります。

120万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定

ロレックスの売却なら、時計買取の実績豊富な「なんぼや」へお任せください。
相場をもとに、高価買取価格をご提示いたします。
駅から近い便利な全国143店舗の一覧はこちら

ROLEX MODEL

ロレックス買取強化モデル

様々な時計の買取に対応しています

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください