• 公式X(ツイッター)
  • 公式Facebook
オンラインで手軽に査定完了。 オンライン買取
全国の経営者様へ 「なんぼや」の法人買取 査定・キャンセル無料 高額翌日振込可能 大量買取 高額買取

ロレックス「デイトナ」の革新たるムーブメント進化の歩み

ロレックス「デイトナ」の革新たるムーブメント進化の歩み

技術力の高さから常に時計業界をけん引するロレックス
数あるモデルの中でも特にデイトナに力を入れ、クロノグラフムーブメントにおいて、現在では「Cal.4130」が搭載されていますが、「Cal.72B」「Cal.722-1」「Cal.727」「Cal.4030」「Cal.4130」と、これまでに計5回もの改良・変更を行ってきました。

どれも開発した当時は最高レベルのムーブメントとして注目され、精度・耐久性・実用性が向上してきました。
ロレックス社の技術力を結集して開発されたこれら5つのムーブメント。それぞれの特徴や変更点など、対応モデルと合わせて一挙にご紹介します。

ロレックス デイトナの買取はこちら

バルジュ―社製Cal.72のリファイン版「Cal.72B」

1960年前半~1960年中頃に製造されたデイトナの初期モデルRef.6238に搭載されているCal.72B。バルジュ―社のCal.72をベースにロレックスが独自改良を行い、テンプ耐震装置に「キフショック」、調整機構に「マイクロステラスクリュー」を搭載。
この時代においてCal.72は世界屈指の品質を持つムーブメントで、さらにこのCal.72の構造を基盤として、改良に改良を重ね、後に多くの革新的ムーブメントが開発されました。

Cal.72Bにさらなる機能を備えた「Cal.722-1」

ロレックスはさらなる品質の向上を図るために、Cal.72Bに12時間計を稼働させるパーツの動力源となるバネのコンベアースプリングを新たに採用したCal.722-1を開発。
これは同時期に製造されたRef.6238のマイナーチェンジ機種、Ref.6239Ref.6240(一部)、Ref.6241に搭載されました。

Cal.72B、Cal.722-1の高い品質は初代コスモグラフ・デイトナを支える存在として、また後に開発される最高のクロノグラフムーブメントの呼び声が高いCal.727の基盤になるなど、デイトナの歴史において非常に大切で価値のあるムーブメントです。

傑作ムーブメントと誉れ高い「Cal.727」

1960年代中頃~1980年代後半まで約20年の間、採用され続けた傑作クロノグラフムーブメントCal.727。
Cal.72B・Cal.722-1を基盤に、テンプ耐震装置に当時としては最新の「キフ・ウルトラフレックス」、テンプを小型化することで従来の5振動(18000 /h)から、6振動(21600/h)へと振動数が増え精度が格段にアップしました。

これにより、当時では他を圧倒的にしのぐほどの品質を誇り、“最高のクロノグラフムーブメント”として現在まで語り継がれることとなります。
なお、Cal.727はデイトナの第2世代モデルであるRef6262Ref.6264、第3世代であるRef.6263Ref.6265

などに搭載されました。

ゼニス社の最高傑作エル・プリメロを改良した「Cal.4030」

1980年代後半~2000年頃にかけて製造された長寿モデルRef.16520
に搭載されたCal.4030。Cal.727を超えるクロノグラフムーブメントとして高い評価を受けていた、ゼニス社の最高傑作エル・プリメロをさらに改良して作られたCal.4030は自動巻きであり、デイトナはCal.4030を境に手巻きから自動巻きへと変更されました。

エル・プリメロからの改良点は振動数で、36000/hから28800/hに落とすことで高い耐久性を獲得。他にも、テンプを大型化し、マイクロステラスクリューからマイクロステラナットに変更することでさらなる精度を獲得。さらに、テンプ内側にあるアームの数を2本から4本に変更、高い耐久性を持つゼンマイに変更するなど、精度・耐久性ともに格段にアップしました。

これにより、スイスクロノメーター検定協会(COS)の公認クロノメーターを取得。当時のロレックスは自社製の自動巻クロノグラフムーブメントの開発に取り組んでいたものの、まだまだ発展途上であったため、エル・プリメロに改良を加えて世に送り出したわけですが、それでもゼニス社の最高傑作言われるエル・プリメロに多くの改良を加えて精度・耐久性を飛躍的に向上させたロレックスの技術力は、目を見張るものがあります。

独自開発を果たした自動巻きムーブメント「Cal.4130」

ロレックスは、2000年に念願の完全自社製クロノグラフムーブメントCal.4130の開発に成功。

前ムーブメントであるCal.4030は精度・耐久性・堅牢性に優れていたものの大径・肉厚でした。その欠点を改良すべく、クロノグラフ機構の部品数を60%削減し、クロノグラフ針や30分清算計、12時間清算計の稼働に影響するパーツを裏蓋側に収め小型化を図り、さらに駆動配列を簡素化し伝達の効率化を図り、メンテナンス性が格段に向上。

他にも、パワーリザーブがそれまでの52時間から72時間に増え、さらにハック機能が搭載されるなど、様々な改良を加え、従来の精度・耐久性・堅牢性を失わず、実用性に特化したムーブメントを完成させました。

2007年には磁力の影響を抑えるためにひげゼンマイに従来のパラクロムからブルーパラクロムに変更し、ロレックスはさらなる進化のため、自社製クロノグラフムーブメントの開発に取り組み続けています。

このように、ロレックスは社の技術力を結集させ、常に時代の最先端をいく最高品質のクロノグラフムーブメントを世に送り出してきました。
デイトナが時計ファンの間で爆発的な人気を集めるゆえん、それはクロノグラフムーブメントの品質によるものなのです。

現在ブランド時計の買取相場が上がっています
写真を撮って送るだけ、店舗に行く前に買取金額が無料で分かります。

120万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定

ロレックスの売却なら、時計買取の実績豊富な「なんぼや」へお任せください。
相場をもとに、高価買取価格をご提示いたします。
駅から近い便利な全国144店舗の一覧はこちら

ROLEX MODEL

ロレックス買取強化モデル

様々な時計の買取に対応しています

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください