エルメスのアイテムがすんなりと手になじむ牛皮革ヴォー・ガリバー

エルメスのアイテムがすんなりと手になじむ牛皮革ヴォー・ガリバー

エルメス(HERMES)は、フランスのパリに馬具工房として創業以来、高品質な素材と、高い技術力を駆使したアイテムを数多く生み出しています。そのエルメスが取り入れている、選び抜かれた素材のなかから、くったりとした質感が特徴的なヴォー・ガリバー(Veau Gulliver)について解説いたします。

そして、ヴォー・ガリバーのなめらかな風合いにぴったりな、カラーとラインも併せてご紹介いたします。エルメスのヴォー・ガリバーは、すんなりと手になじむ使い心地が嬉しい高品質な皮革素材です。

2023年ブランド品の買取相場急上昇中!!

ブランド品を売るなら今がチャンス、ブランド買取なら「なんぼや」にお任せください。

ブランド品の高価買取について詳しくはこちら

エルメスのアイテムをさらに使いやすくしてくれる、ヴォー・ガリバー

エルメスのヴォー・ガリバーは、きめ細かい型押し加工をほどこした雄仔牛のレザーで、かつてはムーと呼ばれた素材のひとつ。くったりとした柔らかな質感が特徴的で、折りたたみ可能なケリーバッグ「ケリームー」にも、多く使用されています。
また、自然でさりげない光沢感をもち、発色性も優れていることから、カラフルなカラーにも適しています。

ヴォー・ガリバーは現在では廃盤となっていますが、後継素材としてヴォー・スイフトが取り入れられています。
なめらかでスムースな手触りをもつヴォー・ガリバーは、エルメスのアイテムをソフトに、そしてさらに上品に仕上げるレザーです。

ヴォー・ガリバーにふさわしい3つのカラー

ヴォー・ガリバーにふさわしい3つのカラー

エルメスでは、ブランドの歴史とともに、さまざまなカラーが生まれています。
その豊富なカラーバリエーションのなかから、優れた発色性をもつヴォー・ガリバーにぴったりな、3つのカラーをご紹介いたします。

レザーアイテムの定番カラー ブラック

レザーバッグの定番カラーでもあるブラックは、ひとつは持ちたいベーシックカラー。
エルメスのハイクラスなアイテムを長く愛用したい、という願いを叶えてくれるカラーがブラックです。
そして、ほどよい光沢感が美しいヴォー・ガリバーのブラックは、シャープでエレガントなカラーの魅力をさらに高めてくれます。

エレガントで濃厚なダークブラウン ショコラ

ショコラは、ダークブラウンに赤いインクを垂らしたような、深みのあるブラウンカラー
定番カラーのブラックとはひと味違う、エレガントな大人の落ち着きを感じる、濃厚なカラーです。エルメスならではの、絶妙なカラーバランスが表現されたショコラは、どんなカラーもぶれることなく表現できるヴォー・ガリバーで持ちたいですね。

エルメスらしいビビットカラー オレンジ

エルメスカラーでも知られるオレンジは、エルメスのショッピングバッグや、梱包用のボックスにも取り入れられた、ブランドを代表するカラーのひとつ。
シンプルなデザインや、カジュアルなアイテムも、オレンジカラーならひと目でエルメスだと分かります。誰もが目を引く鮮やかなビビットオレンジにも、発色性の高いヴォー・ガリバーが断然おすすめです。

エルメスのアイテムを高く売るなら色や素材に注目しましょう。
高価買取も可能な「なんぼや」にぜひお持ちください。
駅から近い便利な全国135店舗の一覧はこちら

さまざまなシーンで使える! ヴォー・ガリバーで持ちたいラインナップ

さまざまなシーンで使える! ヴォー・ガリバーで持ちたいラインナップ

エルメスには、世界中の女性が憧れるラインを多く取り揃えています。
そんなエルメスのハイクオリティなアイテムのなかでも、ソフトでしなやかな質感のヴォー・ガリバーで持ちたいラインをピックアップいたしました。

好みのフォルムが選べる ケリー(Kelly)

1956年に誕生したケリーは、1935年に発売されたエルメスのサドルバッグとしてサック・ア・クロアと呼ばれていましたが、ハリウッド女優からモナコ公妃となったグレース・ケリーの名前に改称されました。

台形型のシルエットとフラップをとめるクロア、カデナやクロシェットなど、シンボリックなパーツも魅力的なケリーは、エルメスを代表するバッグ。
15~35の6つのサイズバリエーションが揃うケリーには、ソフトに仕上がる内縫いとコンサバティブなイメージの外縫いがあり、柔らかな皮革素材ヴォー・ガリバーは内縫いのケリーに多く取り入れられています。

また、ケリーではさまざまなシリーズも展開され、2000年に誕生したキュートな表情と可愛らしい手足が付いたケリードール(Kelly Doll)や、折りたためるケリーバッグとして2007年に発売されたケリームー(Kelly Mou)にもヴォー・ガリバーを用いています。

スタイリッシュでエレガントな印象のケリーをデイリーに使うなら、ソフトでなじみやすいヴォー・ガリバーが最適です。

どんなシーンにも使える プリュム(Plume)

プリュムは、「羽」というフランス語が由来したネーミングのハンドバッグで、シンプルで飽きの来ないデザインから息の長い人気を維持しています。
プリュムのデザインは、旅行者が使用するブランケットホルダーからインスピレーションを受けて1967年に作られました。

丸い角をもつ正方形に細めのハンドルが取り付けられたプリュムは、20~40までの4つのサイズバリエーションが揃い、横長フォルムのエランとビジネスシーンにも活躍するドッグの2種類のシリーズを展開しています。

「羽のような軽さ」という意味をもつプリュムにも、ソフトで繊細な表面感をもつヴォー・ガリバーがぴったり!
シーンを選ばずに使えるシンプルなプリュムに、カラフルなカラーのヴォー・ガリバーで個性をプラスするのも素敵です。

エルメスのヴォー・ガリバーは、登場以来根強い人気を維持する素材のひとつ。
エルメスのあらゆるアイテムを使いやすく仕上げてくれるヴォー・ガリバーなら、個性的なビビットカラーやアイコンアイテムもナチュラルに使いこなせますね。

現在ブランド品の買取相場が上がっています
売却前の相談や店舗に行く前に買取金額の目安を知りたい方はコチラ

110万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください