• ブランド品を売るなら、全国展開の「なんぼや」へ
よくあるご質問・お問い合わせ

エルメスの革素材を長持ちさせるには?ヴォー・スイフトのお手入れや保管方法|

エルメスの革素材を長持ちさせるには?ヴォー・スイフトのお手入れや保管方法|

世界的な知名度を誇るハイブランド「エルメス(HERMES)」の革製品には、上質なレザーが使われています。なかでも有名なのが、人気のコレクション「ケリー」にも採用されている「ヴォー・スイフト」です。ここでは、なめらかな質感が美しいヴォー・スイフトの魅力や、お手入れ方法について解説します。

エルメスのヴォー・スイフトとは?

「ヴォー・スイフト」とは、エルメス製品に採用されている革素材の一種です。通称「スイフト」とも呼ばれています。上質な雄の仔牛の革を使用しており、ほどよい弾力のあるスムースな手触りが魅力となっています。エルメスでは、かつて採用されていた素材「ヴォー・ガリヴァー」が廃盤となった後、2006年からヴォー・スイフトが採用されるようになりました。
ヴォー・スイフトの大きな特徴は、経年変化を楽しめることです。使い込むほどに味わいが増し、長年にわたり愛用し続けられる高品質な素材として知られています。また、ヴォー・スイフトは発色の美しさにも定評があり、定番のブラウンやキャメルの他に、鮮やかなオレンジやブルーといったカラーも人気です。
その一方で、ヴォー・スイフトは繊細な素材であり、美しい状態を保つにはこまめなお手入れが欠かせません。経年変化を楽しめる素材だからこそ、日頃のメンテナンスで美しい状態を保ち、長持ちさせましょう。

ヴォー・スイフトを使用したバッグの種類

ケリー

ヴォー・スイフトを使用したコレクションとしてもっとも有名なのはケリーでしょう。台形のフォルムが特徴的なケリーは、バーキンと並んでエルメスで人気の高いバッグの一つです。モナコ公妃のグレース・ケリーが愛用していたことからその名がつけられました。

ガーデン・パーティー

ガーデン・パーティーは、ブランドのなかでもカジュアルなコレクションです。かつて園芸が盛んなヨーロッパで園芸職人のために開発された歴史を持ち、収納力の高さに定評があります。ヴォー・スイフトのなめらかな質感がマッチします。

ヴォー・スイフトのお手入れや保管の方法

エルメス箱
エルメスのバッグや財布などの革製品を使用した後は、定期的に柔らかい乾燥した布で表面を拭き取り、汚れを落としましょう。角や金具の付近、革目などの特に汚れが溜まりやすい部分は、綿棒を使うと細かな汚れを取り除きやすくなります。
また、革製品を美しい状態に保つには、保管する環境にもご注意ください。革製品は高温多湿や直射日光を避けて、風通しの良い日陰に保管しましょう。湿気はカビ、乾燥はひび割れ、直射日光は色褪せにつながるおそれがあります。さらには、バッグの型崩れを防ぐために、積み重ねた状態や中に荷物を入れた状態で保管しないことも大切です。
なお、ヴォー・スイフトをはじめとした革素材のお手入れにクリームを使用すると、シミや色ムラが生じる可能性があるため避けておきましょう。水濡れにも十分にご注意ください。どうしても気になる汚れがある場合は、プロによるメンテナンスサービスを利用するのも一つの手です。

エルメスのアフターケアサービス

手入れ
エルメスでは顧客向けに充実したアフターケアサービスが提供されています。プロによるお手入れが必要なときは、全国の直営店または大阪府のヒルトンプラザ内「エルメス アフターセールスカウンター」から申し込みが可能です。アフターセールスカウンターとは、エルメス製品のリペアやケアに特化した店舗のこと。店内に職人が常駐しているため、その場で気軽にお手入れの相談ができるのが魅力となっています。いずれの窓口でもエルメス製品を熟知した職人によるアフターケアを利用できため安心です。レザーバッグや財布のメンテナンスや修理が必要なときは、専用のアフターサービスを利用してはいかがでしょうか。

エルメス買取は実績豊富な「なんぼや」へ

エルメスの革製品ヴォー・スイフトのお手入れや保管について解説しました。繊細な革素材を長持ちさせるには、日常のお手入れを行うとともに、レザーに適した環境で保管することが大切です。適切に管理され、外箱や保存袋が付いた品物には、買取査定でも高値がつきやすくなります。「なんぼや」はエルメス製品の買取強化中です。お持ちのエルメス製品に納得の価格を提示いたしますので、ぜひお持ちください。

エルメス バッグ強化モデル

エルメス 財布強化モデル

エルメス 買取強化カテゴリ

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください