プレミア切手買取なら
「なんぼや」へ

額面以上の価値を持つ「プレミア切手」。
見返り美人や月に雁、ビードロを吹く娘、市川蝦蔵など、
さまざまなプレミア切手を高価買取しています。
査定だけのご利用も大歓迎。
1枚だけでも気軽にお持ち込みください。

プレミア切手買取なら「なんぼや」にお任せください

希少価値や歴史的価値などの観点から、市場において高値で取引されている「プレミア切手」。見返り美人や月に雁、ビードロを吹く娘、市川蝦蔵をはじめ、使用されていないプレミア切手がありましたら、ぜひ「なんぼや」にお持ち込みください。切手買取に関する経験豊富なコンシェルジュがしっかりと査定。自信の価格で高価買取いたします。

中国切手を高価買取いたします

バラ切手1枚からでも買取いたします

プレミア切手買取で「なんぼや」が選ばれる理由

  • 他社と比べても 超高額買取

    他社には真似できない豊富な販売ルート、徹底的な無駄の削減によりギリギリのところまで買取金額を引き上げることが可能です!

  • 1000万円超でも 即現金買取

    たとえ1000万円以上の高額買取であっても即現金でお支払いすることができます。

  • 豊富な知識で スピード査定

    コンシェルジュの豊富な知識と 「なんぼや」が持つ膨大なデータ を基にスピーディーに査定結果を お知らせします。

  • 買取できるジャンル ブランドが豊富

    「なんぼや」では他社では買取を行っていない商品であっても買取可能です。 ぜひ一度ご相談ください。

  • 全店舗駅近 徒歩圏内

    「なんぼや」では全店が駅から徒歩圏内!大変アクセスしやすいので一度お立ち寄りください!

お気軽にご利用ください!

プレミア切手買取について

プレミア切手とは、額面以上に価値のある切手のこと。有名なものには1948年発行の「見返り美人(菱川師宣画)」、1949年発行の「月に雁(歌川広重画)」、1955年発行の「ビードロを吹く娘(喜多川歌麿画)」、1956年発行の「市川蝦蔵(東洲斎写楽画)」などがあり、希少価値や歴史的価値に加え、魅力的なデザイン画によって、日本のみならず世界中の収集家から高い人気を集めています。プレミア切手には、国家的行事の際に期間・枚数限定で発行される記念切手や、国家的宣伝・文化財の紹介などを目的に発行される特殊切手が多いものの、通年発行される普通切手の中にも付加価値がついているものが多数あります。1871年発行の「竜文切手」や1872年発行の「竜銭切手」、1872年~1876年発行の「桜切手」をはじめ、古い普通切手は総じて高価値。また、知名度の高いものに「産業図案シリーズ」があり、これは1948年から1950年頃まで発行された普通切手で、計12種類の図案が存在しますが、中でも額面上で高額となる500円切手の「機関車製造」や、100円切手の「電気炉」に人気が集まっています。
1960年以前に発行されたものの多くが、額面以上の価値を持ち、1950年代後半~1970年代頃に訪れた切手収集ブームが終わった後も、現在に至るまで市場では高値で取引されています。そんなプレミア切手を、「なんぼや」では高価買取しています。プレミア切手かどうか分からないものも、気軽にお持ち込みください。切手買取の経験豊富なコンシェルジュがしっかりと拝見し、価値に見合う買取価格を提示いたします。