記念切手買取なら
「なんぼや」へ

国家的行事などが開催された時に発行される、記念切手。
天皇陛下関連のものや式典関連のもの、
ワールドカップ関連のものなど、記念切手の高価買取なら、
実績豊富な「なんぼや」にお任せください。

記念切手買取なら「なんぼや」にお任せください

裕仁立太子礼記念や皇太子結婚式記念、飛行郵便試験記念、逓信記念日制定記念、日本平からの富士などの高価値のものをはじめ、未使用の記念切手をお持ちでしたら、「なんぼや」にお譲りください。知識・経験豊富なコンシェルジュが丁寧に拝見し、納得の価格で高価買取いたします。査定だけでも気軽にご利用くださいませ。

中国切手を高価買取いたします

バラ切手1枚からでも買取いたします

記念切手買取で「なんぼや」が選ばれる理由

  • 他社と比べても 超高額買取

    他社には真似できない豊富な販売ルート、徹底的な無駄の削減によりギリギリのところまで買取金額を引き上げることが可能です!

  • 1000万円超でも 即現金買取

    たとえ1000万円以上の高額買取であっても即現金でお支払いすることができます。

  • 豊富な知識で スピード査定

    コンシェルジュの豊富な知識と 「なんぼや」が持つ膨大なデータ を基にスピーディーに査定結果を お知らせします。

  • 買取できるジャンル ブランドが豊富

    「なんぼや」では他社では買取を行っていない商品であっても買取可能です。 ぜひ一度ご相談ください。

  • 全店舗駅近 徒歩圏内

    「なんぼや」では全店が駅から徒歩圏内!大変アクセスしやすいので一度お立ち寄りください!

お気軽にご利用ください!

記念切手買取について

記念切手とは、何らかの国家行事を記念して発行される切手のことで、日本で初めて発行されたのは1894年3月9日のこと。明治天皇・皇后の結婚25周年を記念して、額面で2銭と5銭からなる「明治天皇銀婚記念切手」が発行されました。当時の普通切手の約2倍もの大きさに、美しい菊花紋と雌雄の鶴がデザインされ、最初の記念切手ということもあって大きな注目を集めました。以降も日清戦争勝利や大正大礼、世界平和記念、大正天皇銀婚、昭和大礼など、数年に1度のペースで発行され、1940年頃から徐々に切手収集が盛んに行われるようになったこと、さらに第二次世界大戦が終結したことなどにより、1950年代頃から数種類の記念切手が毎年発行されるようになりました。1950年代後半~1970年代には、切手収集ブームが巻き起こり、年齢・性別に関係なく収集家人口が急増。現在、ブームは沈静化しているものの、日本での収集家は未だに多く、また海外では日本の切手の人気が高いため、古いものから新しいものまで、記念切手は総じて市場で高い需要を誇っています。
記念切手には、発行時の時代背景が描写されており、さらに期間・枚数限定で発行されるものであるため、数ある切手の中でも特に収集家の間で人気があります。「なんぼや」では、知識・経験豊富なコンシェルジュによる正確査定や、徹底したリサーチによる相場の把握、国内外に保有する豊富な販売ルートなどにより、納得の高価買取を実現しています。記念切手をはじめとする切手の売却は、高価買取ができる「なんぼや」へご相談ください。