「なんぼや」
高価買取の理由

世界規模の流通ルートをはじめ、
さまざまな強みが高価買取を可能にします。

「なんぼや」高価買取の理由

相場価格のほかデザイン性も評価する「なんぼや」の高額査定。小さな金製品の買取も可能です。あらゆる需要を把握し、金製品を最大限の価格で買い取ります。

高価買取の6つの理由

  • 高価買取の理由

    世界中に販売しています 流通ルートが豊富

    「なんぼや」ではお客様からお売りいただいた品物を、日本国内のみならず海外へも広く販売しています。
    世界中の買い手の中から一番高い値段で買い取ってくれる相手に売却するため、「なんぼや」がお客様の商品を買い取る価格も高く設定することができます。
    また海外での販売先が豊富にあるため、日本の中古市場の事情に捉われることなく、それぞれの国で人気や需要のある、幅広いブランドと多様な商品の買取が可能なのです。

    流通ルートが豊富
  • 高価買取の理由

    バーコードなどでシステム管理 無駄なコストを削減

    高価買取を実現するためにあらゆる業務の効率化を図り、無駄なコストを発生させない運営を徹底して行っています。
    たとえば全店舗の商品情報を管理できるシステムの導入で人件費などのランニングコストを大幅にカットし、買取後の流通コストを削減する仕組みに必要なマンパワーを集中させる。
    こうした取り組みで得られたコストダウン部分をお客様のお品物の買取金額に還元し、高い金額での買取を実現しています。

    無駄なコストを削減
  • 高価買取の理由

    抜群の鑑定眼 経験豊富なコンシェルジュ

    「なんぼや」のコンシェルジュは、商品知識に関する試験やマナー研修などにより、日々スキルを磨いています。
    一般的に経験の浅い鑑定士は「本物か偽物か自信がない」「高く買い取っても売れるかな?」という不安からなかなか高値をつけることができません。
    しかし私たちは徹底した専門教育と膨大な数におよぶ商品の取り扱い実績から、堂々と自信を持って、お客様のお品物に高値をつけることができるのです。

    経験豊富なコンシェルジュ
  • 高価買取の理由

    キズや汚れがあってもOKです どんな状態でも買取

    「なんぼや」では他店では査定を断られた片方だけのピアスや石の取れたリングなども買い取っています。
    少量の金や純度の低い金でもしっかり査定いたします。また、自社のメンテナンス部門で修理やオーバーホールを行うため、状態の悪い時計でも高く買い取ることができます。
    さらに不要なアンティークや美術品が希少価値を持つこともあり、さまざまな骨董品の買取にも努めています。

    どんな状態でも買取
  • 高価買取の理由

    スペシャリストにお任せください 徹底的な市場調査

    「なんぼや」が世界中に有する豊富な流通ルート。
    その情報網を活用した調査では、あらゆる市場の動向がわかります。中古市場のニーズはもちろん、世界各地のトレンドから、今は人気がなくても次に注目されるブランドや商品情報をキャッチ。
    そのため一部のハイブランドのみならず、幅広いブランド品に高値をつけて買い取ることができるのです。
    世界的規模での徹底した市場調査。それも、「なんぼや」の高価買取の理由です。

    徹底的な市場調査
  • 高価買取の理由

    価値を見逃しません 芸術品としての価値も査定

    「なんぼや」ではゴールド、プラチナ、宝石を買い取る際、純度の高さや石のクオリティのほか、芸術品としての価値も加味して査定します。
    繊細な細工や洗練された美しさ、凝った装飾が施されたジュエリーは世界中に熱心な愛好家やコレクターが多く、いつの時代も人気が高いためです。
    本来の価値に芸術品・美術品としての評価も加える「なんぼや」独自の査定で、金、プラチナ、宝飾品を最大限の価格で買い取ります。

    芸術品としての価値も査定

金買取負けません!
「なんぼや」高価買取できる理由!

理由
01
重さ以外にも、あらゆる視点から金の査定を行います

純度×重さ(グラム)で計算する金自体の価格だけでなく、付属する宝石やデザイン性、ブランドなど、他店では査定対象にならない部分を含めた「製品としての価値」を上乗せして値段をお付けします。人気のK18アクセサリーはもちろん、デザイン価値のある装飾品や仏像、純金製品は、さらに高く買い取ります。

理由
02
知識・経験豊富な専門のコンシェルジュが査定

「製品としての価値」を見極めるには、豊富な専門知識と経験が必要です。宝石鑑定の国際的な資格保持者をはじめ、各分野のスペシャリストが在籍する「なんぼや」だからこそできる高額査定で、あらゆる金・貴金属製品を買い取ります。
知識・経験豊富な専門のコンシェルジュ

宝飾課(GG資格保持者)守屋

「なんぼや」の選べる!3つの買取方法

これまでにない、あたらしい買取のスタイル

通常の単品での買取金額合計831,000円がおまとめ査定な6%UP! 880,000円 49,000円もおトク! ※金額は商品や時期、状態によって変動します。ご了承ください。

「なんぼや」で買取できるもの

  • 金製品・貴金属
    金製品・貴金属
  • 時計
    時計
  • ブランドバッグ
    ブランドバッグ
  • ブランド財布
    ブランド財布
  • 宝石
    宝石
  • アクセサリー
    アクセサリー
  • 骨董品
    骨董品
  • 着物
    着物
  • 毛皮
    毛皮
  • ブランド食器
    ブランド食器
  • お酒
    お酒
  • カメラ
    カメラ
  • ゴルフ
    ゴルフ
  • 切手
    切手

■その他買取できるもの

【買取ジャンル】バッグ/ウエストポーチ/セカンドバッグ/トートバッグ/ビジネスバッグ/ボストンバッグ/クラッチバッグ/トランクケース/ショルダーバッグ/ポーチ/財布/カードケース/パスケース/キーケース/手帳/腕時計/ミュール/サンダル/ビジネスシューズ/パンプス/ブーツ/ペアリング/リング/ネックレス/ペンダント/ピアス/イアリング/ブローチ/ブレスレット/ライター/手袋/傘/ベルト/ペン/リストバンド/アンクレット/アクセサリー/サングラス/帽子/マフラー/ハンカチ/ネクタイ/ストール/スカーフ/バングル/カットソー/アンサンブル/ジャケット/コート/ブルゾン/ワンピース/ニット/シャツメンズ/毛皮/Tシャツ/キャミソール/タンクトップ/パーカー/ベスト/ポロシャツ/ジーンズ/スカート/スーツ/シューズ/服/ステーショナリー/楽器/お酒など

こんな金・貴金属製品でもしっかり買い取ります!

  • まがった、ちぎれた金イメージ
    まがった、
    ちぎれた金
  • 刻印なしの金イメージ
    刻印なしの金
  • ピアス片方など少量の金イメージ
    ピアス片方
    など少量の金
  • 大量の金イメージ
    大量の金も
    買取OK
  • 14金のベルト金具イメージ
    14金のベルト
    金具など
  • 金歯、金入れ歯イメージ
    金歯、
    金入れ歯
  • 工業用の金イメージ
    工業用の金
  • 美術品価値が考慮される金製品イメージ
    美術品価値も
    考慮
  • アンティーク価値が考慮される金製品イメージ
    アンティーク
    価値も考慮

金かどうかわからないものもしっかり査定します!

金・貴金属買取で「なんぼや」が選ばれる理由

  • 超高額買取

    豊富な販売ルート、徹底的な無駄の削減により
    ギリギリのところまで買取金額を引き上げることが可能です!

    超高額買取
  • 1000万円超でも即現金買取

    たとえ1000万円以上の高額買取であっても現金でお支払いも可能です。
    ※お振込み対応になることもございますので事前にご連絡ください。

    1000万円超でも即現金買取
  • 豊富な知識でスピード査定

    コンシェルジュの豊富な知識と 「なんぼや」が持つ膨大なデータを基に
    スピーディーに査定結果をお知らせします。

    豊富な知識でスピード査定
  • 製品価値もプラスして査定

    「金の価値」に更に、「製品としての価値」もプラスして
    上乗せ査定いたします。

    買取できるジャンルブランドが豊富
  • 駅から近い便利な立地

    「なんぼや」は駅から近い便利な立地!
    大変アクセスしやすいので一度お立ち寄りください!

    駅から近い便利な立地

買取必要なもの本人確認書類だけ!

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 個人番号カード
  • 200万円を超えるお取引の際は健康保険証に加え、発行日から3ヶ月以内の公共料金領収書(請求書)又は住民票が必要になります。
  • 18歳未満のお客様の場合は買取いたしません。
  • 18歳・19歳のお客様の場合同意書又は委任状が必要になります。
  • 親族以外の方からの依頼の場合は、委任状、依頼を受けた方の本人確認書類(身分証明書)が必要となります。
  • 法人のお客様の場合、ご来店される方の本人確認書類(身分証明書)、会社の登記事項証明書又は印鑑登録証明書が必要となります。また、代表者以外の方がご来店される場合は、会社からの委任状が必要となります。
詳しくは、よくある質問ページをご覧ください