腕時計の修理事例 ロレックス エクスプローラーⅡ 16570の外装研磨

修理事例 ロレックス エクスプローラーⅡ 16570

こんにちは、
時計修理工房なんぼやの内田です。

本日はロレックス エクスプローラーⅡ 16570の外装研磨をご紹介します。

=========================

今回のお客様からのご依頼内容は、

『ケースまわりの傷・打痕がひどいので綺麗にしてほしい』とのことでした。

確かにケースまわりは傷が多く、特にリューズ側、側面の傷が目立ちます。

リューズ側側面(3時側) 研磨前
側面は鏡面仕上げなのですが、それがわからないほど傷がついています。

ケースの反対側とバックルの傷も確認しておきましょう。
リューズ側面(9時側) 研磨前 バックル 研磨前
リューズ側ほどひどくはありませんが、ケース反対側(3時側の側面)・バックルともに傷が目立ちますね。

ここまで傷がついていてもしっかりきれいになります!

ぜひ最後まで見ていただけると嬉しいです(^^)

=========================

まずは、バックルの傷取りから説明いたします。

バックルはヘアライン仕上げなので、鏡面のようにピカピカに磨くのではなく

砥石を使い、削っていくイメージで傷を取っていきます!
研磨風景①
磨く際は削りすぎないように注意します。

傷を取ったあとは、スコッチを使いヘアラインを入れ直します。

▼写真はブレスですが、バックルも同様に行っています。
研磨風景②
まっすぐにラインが入れば、バックルとブレスは研磨完了です!

さて、問題のケースまわりの傷取りです。

傷がひどい場合は硬いバフを使うのですが、

ケースのリューズ側はカーブがあるため、大きなバフを当てることができません。

その場合は、カーブに合う小さい硬めのバフで傷を取っていきます。
研磨風景③
反対側は障害物のない平らな面なので、問題なく作業できます(^^)

研磨後は洗浄・組み立てをして作業完了です!

▼こちらが比較写真になります。研磨前(左)・研磨後(右)
正面 研磨前 正面 研磨後
リューズ側面(3時側) 研磨前 リューズ側面(3時側) 研磨後
ケース側面(9時側) 研磨前 ケース側面(9時側) 研磨前
バックル 研磨前 バックル 研磨後
修理料金
外装研磨 20,000円

白く目立っていた傷がきれいになりましたね(^^)

弊社では、オーバーホールとセットで外装研磨を行うと、セット料金10,000円でお受けいたします。

外装研磨以外でも、ご質問は承っておりますので、

お持ちの時計で『わからないこと』や『気になること』がございましたら、

お気軽にお問い合わせください。

また、弊社では無期限の無料点検アフターサービスを実施しております。

弊社で修理した時計(電池交換などオーバーホール以外の修理も含む)は、いつでも内部点検・外装洗浄・防水試験を無料で実施いたします。

LINEでの簡易見積り宅配申込も行っておりますので、ぜひご利用ください。

◆LINEでの簡易見積りをご希望の方はこちらから
→ https://nanboya.com/watch-repair/line-mitsumori/
◆宅配申込をご希望の方はこちらから
→ https://nanboya.com/watch-repair/takuhai/

大切な時計の修理は「時計修理工房なんぼや」へ

大切な時計の修理・オーバーホールなら、年間修理実績1万本以上を誇る「時計修理工房なんぼや」にお任せください。上場企業であるバリュエンスグループが運営し、時計修理技能士1級はもちろんの事、WOSTEP認定時計師やメーカー出身者など経験豊富な時計技師が細部まで丁寧に拝見したうえで、ご愛用の時計を最高の状態へと戻します。