腕時計の修理事例 カルティエ タンクフランセーズ 2384 QZの外装研磨と電池交換

修理事例 カルティエ タンクフランセーズ 2384 QZ

こんにちは。
時計修理工房なんぼやの竹田です。

今回はカルティエ タンクフランセーズ 2384 QZの外装研磨と電池交換をご紹介いたします。

カルティエ 全体(研磨前)

お客様からのご依頼内容は、

『ケース正面のヘアラインが薄くなっているので、元の状態に近づけてほしい』

『時間が遅れるので見てほしい』

とのことでお預かりしました。

===========================

指摘箇所を確認してみると、

確かに正面の両端部分のヘアラインが薄くなって光っていますね。

カルティエ ケース正面(研磨前)

その他の部分も細かい傷が見られるので、

こちらもしっかりきれいにしていきたいと思います!

カルティエ ブレス(研磨前) カルティエ ケース脇(研磨前)

まずはブレスから作業に入ります。

ヘアライン部分の傷は、両端の鏡面部分をテープで保護してから

弾性砥石で傷を取っていきます。

カルティエ 弾性砥石を使用しての研磨風景

次にヘアライン部分をテープで保護して、鏡面部分を磨いていきます。

カルティエ ヘアライン部分をテープで保護 カルティエ 鏡面部分を磨いている風景

ケースも同じようにガラス部分をテープで保護して、

ヘアラインを入れなおすと、このような仕上がりとなります。

研磨前(左)・研磨後(右)
カルティエ ケース正面(研磨前) カルティエ ケース正面(研磨後)
ヘアラインがきれいに入って、デザインがはっきりとしましたね!

他の部分の仕上がりも見比べてみましょう!

研磨前(左)・研磨後(右)
カルティエ ブレス(研磨前) カルティエ ブレス(研磨後)
カルティエ ケース脇(研磨前) カルティエ ケース脇(研磨後)
ヘアライン・鏡面とどちらもきれいに仕上がりましたね(^^)

また時計の時間が遅れるとのことでしたので、

機械内部の点検・確認をしていきます。

症状を確認すると時計に磁気帯びが見られ、電池の残量も少なくなっていました。

機械内部の油汚れや劣化は特に見られなったので、

電池交換と磁気抜きのみで時計は正常に動き出しました!

修理料金
外装研磨 20,000円
電池交換 3,000円
磁気抜き 1,000円

外装の傷や時計修理のご相談など、お気軽に時計修理工房なんぼやへお問い合わせください。

また、弊社ではLINEでの簡易見積り宅配申込も行っておりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

◆LINEでの簡易見積りをご希望の方はこちらから
→ https://nanboya.com/watch-repair/line-mitsumori/

◆宅配申込をご希望の方はこちらから
→ https://nanboya.com/watch-repair/takuhai/

大切な時計の修理は「時計修理工房なんぼや」へ

大切な時計の修理・オーバーホールなら、年間修理実績1万本以上を誇る「時計修理工房なんぼや」にお任せください。上場企業であるバリュエンスグループが運営し、時計修理技能士1級はもちろんの事、WOSTEP認定時計師やメーカー出身者など経験豊富な時計技師が細部まで丁寧に拝見したうえで、ご愛用の時計を最高の状態へと戻します。