腕時計の修理事例 ブルガリ BB38SSCH ブルガリブルガリ クロノグラフの外装研磨

修理事例 ブルガリ BB38SSCH ブルガリブルガリ クロノグラフ AT

こんにちは。
時計修理工房なんぼやの西山です。

今回は、ブルガリ BB38SSCH ブルガリブルガリ クロノグラフ ATの外装研磨を紹介いたします。

ブルガリ ケース正面(研磨前) ブルガリ ブレス(研磨前)

上の写真は外装研磨を始める前の状態です。

ケース正面に細かな傷が全体的にあり、鏡面部分がくもってくすんで見えます。

刻印部分は汚れ詰まりも目立ちますので、これらをしっかり綺麗にしていきたいと思います。

ブレスは傷によってヘアラインが乱れています。

===========================

それでは、ケースから研磨作業を行っていきましょう!

エッジのある丸い形状のケースになるため、

形を崩さないよう注意しながら、硬めのフェルトバフを使用して傷を取っていきます。

硬めのフェルトバフだけですべての傷は取らず、

柔らかいフェルトバフも使用し磨いていきます。

用途によってバフを使い分けると、綺麗に仕上げることができます!

ブレスはヘアラインを入れ直していきますが、

コマの中央(パイプ)にはヘアラインが入らないよう、注意しながら作業をしていきます!

ケース、ブレスの研磨後がこちらになります。

研磨前                  研磨後
ブルガリ ケース正面(研磨前) ブルガリ ケース正面(研磨後)

ブルガリ ブレス(研磨前) ブルガリ ブレス(研磨後)

ケースの細かい傷が取れ、くもりくすみがなくなり、

ブレスはヘアラインが綺麗に入りましたね(^^)

コマの中央(パイプ)も無事、ヘアラインが入らないよう仕上げることができました!

修理料金
外装研磨 20,000円

外装の傷が気になる時計をお持ちの方は、

ぜひ、時計修理工房なんぼやへお預けいただければと思います。

 

また、弊社ではLINEでの簡易見積り宅配申込も行っておりますので、ぜひご利用ください。

◆LINEでの簡易見積りをご希望の方はこちらから
→ https://nanboya.com/watch-repair/line-mitsumori/

◆宅配申込をご希望の方はこちらから
→ https://nanboya.com/watch-repair/takuhai/

 

大切な時計の修理は「時計修理工房なんぼや」へ

大切な時計の修理・オーバーホールなら、年間修理実績1万本以上を誇る「時計修理工房なんぼや」にお任せください。上場企業であるバリュエンスグループが運営し、時計修理技能士1級はもちろんの事、WOSTEP認定時計師やメーカー出身者など経験豊富な時計技師が細部まで丁寧に拝見したうえで、ご愛用の時計を最高の状態へと戻します。