腕時計の修理事例 オメガ スピードマスターの外装研磨 3523.30

修理事例 オメガ スピードマスター 3523.30

こんにちは!
時計修理工房なんぼやの吉岡です。

本日はオメガ 3523.30 スピードマスターの外装研磨をご紹介します。

全体的に傷はございますが、

特に11時位置のラグに打痕、ブレスの小傷が目立ちます。


全体の傷を取りつつ、上記の部分を重点的に傷を取っていきます。


まずはバフを使って、ベゼルとラグの傷を取ります。

バフを当てたくないガラスや、周りの外装部分には保護テープを貼り、

スコッチという道具を使って、ブレスのヘアラインを入れて仕上げていきます。

磨く部分によって道具を変え、形を崩さないよう考えながら、

その時計のオリジナルに近い仕上げを志しています。

研磨後の写真が以下のものになります。研磨前と比べるときれいになったことがわかりますね!

外装研磨のみ  20,000円

弊社ではオーバーホールとセットで外装研磨を行うと、10,000円でお受けいたしますので、

傷や打痕が気になるお時計をお持ちの方は、

ぜひ!!時計修理工房なんぼやへお預けいただければと思います(^^)/

大切な時計の修理は「時計修理工房なんぼや」へ

弊社ではLINEでの簡易見積り宅配での申込も行っております。
送料・見積り・キャンセル料など各種手数料無料でございますので、是非ご利用ください。

◆LINEでの簡易見積りをご希望の方はこちらから
→ https://nanboya.com/watch-repair/line-mitsumori/
◆宅配申込をご希望の方はこちらから
→ https://nanboya.com/watch-repair/takuhai/

大切な時計の修理・オーバーホールなら、年間修理実績1万本以上を誇る「時計修理工房なんぼや」にお任せください。上場企業であるバリュエンスグループが運営し、時計修理技能士1級はもちろんの事、WOSTEP認定時計師やメーカー出身者など経験豊富な時計技師が細部まで丁寧に拝見したうえで、ご愛用の時計を最高の状態へと戻します。