ロレックスのケースサイズについて

ロレックスのケースサイズについて

腕時計が邪魔なら外しても困ることは非常に少なくなった現在、ロレックスも他メゾン同様にサイズアップを当たり前に行うメゾンへと変貌しました。

メンズサイズが34~44mmの8種類と、過去にないほどにバリエーションを増やしたロレックスがここにきて伝統の36mm径のデイトジャストを刷新したことについて、改めて考察してみます。

1.2018年、36mm径のデイトジャストを刷新

2018年のバーゼルワールドでは、昨年までに一通り出そろったデイトジャスト41に続いて、1945年の初出のときから変わらない伝統的なケースサイズ、36mm径のモデルにも新型ムーブメントが搭載され、クラシックで、より精かんな表情に改められたことが発表されました。

ロレックスは新世代のムーブメント、Cal.3200系を、それまでのCal.3100系と同じ直径28.5mmで作っており、これは外装を大きくする理由にならないと思っていただけに、自然なことと思えたとともに、デイトジャスト41が好調であるところに、あえてまた36mm径を刷新しました。
このロレックスのこだわりが何ともロレックスらしく、非常に好ましく思えます。

41mm径のデイトジャストはデイトジャストIIとして2009年に初登場となりますが、かたや36mm径のデイトジャストはその誕生当初、すなわち1945年からの歴史を持っており、時代に左右されることのない、まさにタイムレスな時計の代表的存在なのです。

ただ今回、Cal.3200径を初めて搭載したのはいつもどおりデイデイトでしたが、デイデイトのオリジナルサイズであるデイデイト36より先に、デイトジャスト36が刷新されたことについては少々意外に感じました。

ケースサイズも時計の評価基準のひとつとなります。お持ちのロレックスの価値を知りたいときは、一度査定に出してみてはいかがでしょうか。
「なんぼや」のロレックス査定について

2、21世紀の環境の変化とロレックスによる初のサイズ先行型デザイン

2、21世紀の環境の変化とロレックスによる初のサイズ先行型デザイン

メンズのオイスターケースが34mmと36mmの直径を持つようになって、ロレックスは実に半世紀以上もこのサイズで時計を作ってきましたが、2000年前後には時計業界に異変が発生します。

それまでケースサイズを決めていた要素は、ムーブメントのサイズそしてケースに必要な付加機能設置のためのスペースでした。

すなわちその形や大きさは、時計の機能を反映して決められるものであったはずなのです。

その前提は、腕時計が生活必需品であった時代、ユーザーの好む、好まざるに関係なく、人々は腕時計を毎日使っていたのです。

本人の趣味で付けたり外したりができなかった時代、よほど特別なものでもない限りは、腕時計は装着していることを意識しなくて済むほどに、薄くて軽い方が良かったのです。

34mmや36mmという直径のオイスターケースも、基本的にはこういった発想から生まれたものと見ていいでしょう。

しかし時代の流れの中で、腕時計の役割も変化を続け、1990年代にはもはや生活必需品とは言えないものになりました。

1990年代以降の機械式時計復権以降、時計業界は腕時計の様々な可能性を見いだし、確実に成長を遂げてきましたが、メゾン間の過剰な競争は2000年以降、時計の差別化、高級化を促すようになります。

そのためにはキャンバスとなる時計本体は大きい方が都合が良かったのです。

そうして次第に大型化されていく外装に、各メゾンは様々な新素材の投入や緻密な仕上げを施すなど、新たな個性を創造していきます。

これが2000年代を中心に巻き起こった、いわゆるデカ厚ブームであり、その好例がパネライやウブロのコレクションといえるでしょう。

3.デカ厚ブームに対するロレックスからの回答と伝統の復権

3.デカ厚ブームに対するロレックスからの回答と伝統の復権

そんな中、かたくなにケースサイズを守り抜いてきたロレックスにも変化を求める声が高まります。

34mm径のロレックスオイスターが初めて時計に触れる顧客たちに、もはやメンズウォッチとして検討してもらえない状況となっていたのです。

2007年に登場した新生ミルガウス、Ref.116400がその始まりといえるでしょう。

プレーンベゼルを備えるロレックスオイスターとして初めて40mm径を与えられたミルガウスは、それでも耐磁(たいじ)性能確保のためのインナーケースを備えており、かつてのミルガウスがインナーケースが単なるキャップであったのに対して、新しいミルガウスはインナーケースもねじ込み式という凝った構造を持っていました。

その結果としてケース厚も13.5mmと、それまでのロレックスよりもボリュームのあるものとなりましたが、これがしっかりと反響を呼ぶことになります。

またRef.116400と同時期にリリースされたヨットマスターIIは、新開発のヨッティングタイマーを備え、44mmという直径と14mmという厚みを備えるに至りました。

しかしこれらには、まだ従来モデルよりも大型化してしまう機能上の「理由」があったのです。

その翌年に登場した新しいデイデイトIIは、41mmの直径にまで拡大されましたが、従来の36mm径のモデルとムーブメント、機能ともに同一であり、ここでついにロレックスも大きい時計を作るためだけにケース径を変更したのです。

さらにその翌年に登場したケース径41mmのデイトジャストIIもこれに続き、しっかりと商業的成功にも恵まれました。

こうして完全に時代のトレンドに合わせた商品開発を行うようになったロレックスが、今年こうして36mm径のデイトジャストをまだ作り続けるとの意思を表明したことは、ロレックスの本質は変わっていないことの現れではないかと考えます。

ロレックスの売却なら、時計買取の実績豊富な「なんぼや」へお任せください。
相場をもとに、高価買取価格をご提示いたします。
駅から近い便利な全国74店舗の一覧はこちら

「なんぼや」グループの店舗案内

「なんぼや」、「ブランド コンシェル」は全国74店舗買取専門店!
駅から近い便利な立地です。

お好きな
エリアを選択
してください

ブランド コンシェル 予約もできる買取専門店 ご予約を希望の方はコチラ

これまでにない、あたらしい買取のスタイル 買取now

関東エリア

東京都の店舗一覧
  • 神田駅東口店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都千代田区鍛治町2-7-4 ヨウコービル1F

  • 東急プラザ赤坂店

    [ 営業時間 ]
    11:00~20:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都千代田区永田町2-14-3
    東急プラザ赤坂 2F

  • 銀座本店

    [ 営業時間 ]
    10:00~19:30(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都中央区銀座5-7-4
    鳩居堂(きゅうきょどう)ビル6F

  • 銀座店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都中央区銀座4-3-7 銀座猿谷ビル 2F

  • 新橋店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都港区新橋1-16-6 新橋柳屋ビル 1F

  • 新宿アルタ店

    [ 営業時間 ]
    11:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都新宿区新宿3-24-3 新宿アルタ B2F

  • 新宿東口店

    [ 営業時間 ]
    11:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都新宿区新宿3-17-2 アカネビル7F

  • 新宿西口店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都新宿区西新宿1-18-17
    ラウンドクロス西新宿 10F

  • 錦糸町店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都墨田区錦糸3-3-1 太田ビル2F

  • 自由が丘店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都目黒区自由が丘1-9-3
    自由が丘第2ビル 4F

  • 東急プラザ蒲田店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都大田区西蒲田7-69-1
    東急プラザ蒲田 4F

  • 渋谷店

    [ 営業時間 ]
    11:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都渋谷区渋谷2-22-13 マイアミビル 3F

  • なんぼや+Miney
    東急プラザ渋谷店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)
    ※東急プラザ渋谷に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都渋谷区道玄坂1-2-3 東急プラザ渋谷 5F

  • 渋谷マークシティ店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都渋谷区道玄坂1-12-5 渋谷マークシティ ウエスト1F

  • 中野ブロードウェイ店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都中野区中野5-52-15
    中野ブロードウェイ1F 165号室

  • 松坂屋上野店

    [ 営業時間 ]
    10:00~20:00(元旦は除く)

    [ 住所 ]
    東京都台東区上野3-29-5
    松坂屋上野店 本館 6F

  • 上野店

    [ 営業時間 ]
    11:00~20:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都台東区上野6-8-7 内藤ビル 1F

  • アトレ亀戸店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都江東区亀戸5-1-1 6F

  • 池袋店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都豊島区東池袋1-2-7 OKビル

  • 池袋東武ホープセンター店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都豊島区西池袋1-1-30

  • 北千住マルイ店

    [ 営業時間 ]
    10:30~20:30(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都足立区千住3-92 北千住マルイ 8F

  • 八王子オクトーレ店

    [ 営業時間 ]
    10:00~20:00
    (定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都八王子市旭町9-1 八王子オクトーレ8F

  • 立川店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都立川市曙町2-7-18 MISUMI Bldg. 3F

  • 吉祥寺店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都武蔵野市吉祥寺本町1-2-5

  • 府中ル・シーニュ店

    [ 営業時間 ]
    10:00~19:00(定休日なし)※施設に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都府中市宮町1-100 ル・シーニュ 1F

  • 調布パルコ店

    [ 営業時間 ]
    10:00~20:30
    金曜日のみ21:00まで
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都調布市小島町1-38-1 調布パルコ4F

  • 町田東急ツインズ店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都町田市原町田6-4-1
    町田東急ツインズ イーストB1

  • ミーツ国分寺店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都国分寺市本町3-1-1
    ミーツ国分寺 3F

  • なんぼやロゴ・・・なんぼや
  • ブランドコンシェルロゴ・・・ブランドコンシェル

ブランド コンシェルは「なんぼや」グループの
予約もできるブランド買取専門店です。
※全店買取基準は同一です。

ブランド コンシェル 予約もできる買取専門店 ご予約を希望の方はコチラ

これまでにない、あたらしい買取のスタイル 買取now

お近くに店舗がない方はコチラ

「なんぼや」の選べる3つの買取方法

キャンセルOKの無料査定!