ウォーターオパール(ジェリーオパール、クリスタルオパール)/Water Opal(jelly opal、Crystal Opal)

ウォーターオパール(ジェリーオパール、クリスタルオパール)/Water Opal(jelly opal、Crystal Opal)

ウォーターオパール(ジェリーオパール、クリスタルオパール)は、透明に近いボディーカラー(地色)に虹色の遊色効果の見られる宝石です。

その輝き方は他の宝石とは異なり、石を傾けることで、まるで水滴のようなフォルムの中に、シャボン玉やドット等のカラーが浮かんでいるように見える美しさがあります。

ウォーターオパールの名称の由来や価値、その特徴や石にまつわる言葉の意味などを、詳しくご紹介します。


2023年宝石買取相場急上昇中!!

さらにジュエリーに使われている金は9月21日(木)1gの相場が10,063円を超えました!!

20年前と比べておよそ7倍まで上昇しており、これまでにない高値となっています。

宝石やジュエリーを売るなら今がチャンス、宝石買取なら「なんぼや」にお任せください。

宝石の高価買取について詳しくはこちら

宝石の属性

名前 ウォーターオパール/ジェリーオパール/クリスタルオパール
英語名 Water Opal/Crystal Opal
和名 蛋白石(たんぱくせき)
透明
グループ(種・変種) クリストバライト、トリディマイト、フィオライト
硬さ(モース硬度) 5-6.5
光沢 ガラス光沢、樹脂光沢
化学成分 SiO2・nH2O
結晶系 非晶質(潜晶質)
誕生石 10月

宝石言葉・意味

宝石言葉
希望・潔白・幸福・安楽
意味
希望に溢れ、幸福感に包まれる潔白な心

産出国・産地

  • オーストラリア:ライトニング・リッジ/Lightning Ridge、クイーンズランド/Queensland、ミンタビー/Mintabie、ウイントン/Winton、ホワイトクリフ/White Cliffe、コロイット(コロイト)、ヤワー、クーピー、エロマンガ/Eromanga、ジャンダー、クーバーペディ/Coober Pedy、アンダムーカ/Andamooka
  • メキシコ:マグダレナ/Magdalena、ケレタロ/Queretaro
  • エチオピア連邦民主共和国:ウォロ(ウェロ)/Wello
  • アメリカ:ネバダ(ネヴァダ)/Nevada
  • ブラジル:全域
  • ペルー:全域
  • タンザニア全域:
  • ジンバブエ:全域
  • 南アフリカ共和国:全域
  • 日本:全域
  • カザフスタン共和国:全域

特徴・特性

特徴・特性

ケイ酸鉱物の一種で、成分中に約10%までの水分を含有するケイ酸化合物のオパール。その中でも、ボディーカラー(地色)が透明に近いもの、または、透明の中にも少し黄色や青みがかった色をしているものの中で、遊色効果の見られるものウォーターオパール(ジェリーオパール、クリスタルオパール)と呼んでいます。

ウォーターオパールの特徴

ウォーターオパールの最大の特徴は、その名称のとおり、カボションカット(※1)等、表面をなめらかな曲線にカットしたものをテーブルの上などに乗せますと、まるで水滴がそこにあるかのように見えることです。

それに遊色効果がプラスされますと、他のオパールにはないみずみずしい煌きを感じることができます。その美しさは、石を傾けることで顕著になり、まるで水滴のようなフォルムの中に、シャボン玉やドット等のカラーが浮かんでいるように見えるのです。

なお、ウォーターオパールの主要産地はメキシコであることから、メキシコオパール(メキシカンオパール)、またその一種としてウォーターオパールと呼ばれることが多く、主流となっています。

そのため、メキシコ産以外のものは同じ品質のものでもジェリーオパール(jelly opal)と呼ばれることがあります。

しかし、ジェリーオパールは、その名のとおり、ジェリービーンズの元となるゼラチン質のような外見の、遊色効果の色と色との境界線がはっきりしないオパールを指すこともあります。ショップによってその名称は曖昧なため、実際に商品を見て確かめるのが賢明です。

その他に、これらウォーターオパールやジェリーオパールの中で、さらに遊色効果が顕著で美しいものクリスタルオパールと呼ぶこともあります。しかし、その境界線に明確な基準はありません。

ホワイトオパールとの関係

遊色効果が見られるプレシャスオパールの中で、もっとも産出量の多いホワイトオパール(ライトオパール)の中に、ウォーターオパール(ジェリーオパール、クリスタルオパール)が含まれるという考え方と、ホワイトオパールの中でも透明度が高いものを、ウォーターオパール(ジェリーオパール、クリスタルオパール)と呼ぶという考え方があります。

現在、日本で流通している宝飾品としての呼び名は後者がほとんどですが、鑑別書に記載される宝石名は、鑑別機関により、ホワイトオパール、もしくは、オパールのどちらかとなります。

ウォーターオパールのお手入れ方法

ウォーターオパール(ジェリーオパール、クリスタルオパール)には、水分を吸収・発散しやすい性質のハイドロフェーンオパールとそうでないオパールがあります。

ハイドロフェーンオパール以外のオパールは、通常の宝石のお手入れ方法とほとんど変わらないお手入れが可能ですが、ハイドロフェーンオパールの場合には、水や洗剤による汚れ落としはおすすめできません

お手入れとしては、乾燥した柔らかい布で宝石の表面をやさしく拭き、新しく用意した柔らかい布で包んでから乾燥しすぎない冷暗所で保管するようにします。ファンデーションや汗にも弱いため、直接肌に付くような形では使用しないことをおすすめします。

その他のオパールに関しては、水やぬるま湯での洗浄キッチン用の中性洗剤を薄めた液での洗浄が可能です。その場合も、つけ置きなどはせずに、なるべく早い時間で柔らかいブラシなどでやさしくこすり洗いをしたら、洗剤成分を残さず洗い、柔らかい布などでしっかり水分を取ってから、冷暗所に保管するようにしましょう。

宝石を高く売るなら「なんぼや」にお任せください。宝石買取実績の豊富なバリューデザイナーが査定し、高価買取いたします。
「なんぼや」の宝石買取実績や買取相場はこちら

価値

価値

ボディーカラーの価値

ボディーカラーは、無色透明に近いものほど高評価となります。うっすらと色が見られる場合、ブルーに近い色のほうが、イエローに近い色のあるものよりも高い評価になります。また、色にくすみや偏りのある場合も評価はマイナスになります。

遊色効果の価値

ウォーターオパールは、遊色効果の少ないものが多く、あっても見えにくいものが多く産出されます。

また、ボディーカラーが透明のため、白地に近いものの上では、遊色が確認しにくい傾向にあります。

そのため、宝飾品として貴金属などにセッティングしてしまうと遊色効果が半減してしまうことから、ルース(※2)として流通することも多い宝石です。

しかし、まれに際立った遊色効果の見られるものがあります。その多くは、ブルーやグリーンに発色し、海外で人気の色になりますが、日本では、より希少価値のあるレッドやオレンジなどのカラーの見られるものが人気で、評価も高くなる傾向にあります。

なお、遊色効果は石全体にバランスよく出ているものが高評価で、反対に、色や遊色の出る場所に偏りのあるものは、マイナスとなります。

その他の評価基準

同じ品質であれば、大きなものほど価値は高くなります。なお、美しい遊色効果の見られるものでも、クラック(ひび割れ)やフラクチャー(内部亀裂)、また、穴や欠けがあった場合には評価は大きく下がります

また、カボションカットの場合は、シンメトリー(※3)なもの、厚みがあるものの評価が高くなります。
現在、宝石やジュエリーの買取相場が上がっています
写真を撮って送るだけ、店舗に行く前に買取金額が無料で分かります。

120万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定



お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください