宝石の原石は買取可能?原石の種類や査定金額の目安、翡翠(ヒスイ)の原石が持つ価値とは

宝石の原石は買取可能?原石の種類や査定金額の目安、翡翠(ヒスイ)の原石が持つ価値とは

宝石買取では、あらゆる宝石が査定の対象となります。使っていない宝石やジュエリーなどを持っている場合は、買取について積極的に検討してみるのも良いでしょう。

ここで気になるのが「宝石の原石」についてです。宝石を磨く前の状態でも、宝石買取をしてもらうことはできるのでしょうか。
原石の買取が可能かどうか、実践する際の注意点などをくわしく解説していきます。売りたいものの、どうすれば良いかわからない原石をお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてください。


2023年宝石買取相場急上昇中!!

さらにジュエリーに使われている金は1月に1gの相場が8800円を超えました!!

20年前と比べておよそ7倍まで上昇しており、これまでにない高値となっています。

宝石やジュエリーを売るなら今がチャンス、宝石買取なら「なんぼや」にお任せください。

宝石の高価買取について詳しくはこちら

原石も宝石買取の対象

「宝石」と聞くと、ピカピカと輝く美しい姿をイメージする方も多いことでしょう。ダイヤモンドにルビー、エメラルドなど……世の中には数多くの宝石があり、さまざまなジュエリーに使われています。

しかし、どの宝石も、美しく磨き上げる前は「原石」の状態。なかには、この「原石」の状態で宝石を所有している方もいらっしゃることでしょう。

宝石買取ではあらゆる宝石が買取の対象となりますが「原石」も売ることはできるのでしょうか。
気になる疑問の答えは「イエス」です。

磨き上げる前の原石の状態であっても、宝石の査定士は価値を正しく見極めています。買い取った原石を職人の手で加工し、ジュエリーや宝石にして再販することが可能です。

宝石を高く売るなら「なんぼや」にお任せください。宝石買取実績の豊富なバリューデザイナーが査定し、高価買取いたします。
「なんぼや」の宝石買取実績や買取相場はこちら

人気が高いのはダイヤモンドの原石

ダイヤモンドを見る

宝石の原石の中でも、特に人気が高いのがダイヤモンドの原石です。
ダイヤモンドの原石にはどのような特徴があるのでしょうか。くわしく解説していきます。

ダイヤモンドの原石の種類とは?

ダイヤモンドの原石には、形や性質によって三つの種類が存在しています。
原石の買取を検討したときには、どれに当てはまるのかチェックしてみましょう。

  • ソーヤブル(Sawable)
  • メイカブル(Makeable)
  • ニアージェム(Near Gem)

ソーヤブルは、正八面体の原石でピラミッドのような形をしています。
メイカブルは、不規則でゴツゴツした形の原石です。

最後のニアージェムは「宝石用」というよりは、むしろ「工業用」のダイヤモンドの原石で、内部に亀裂が見えていたり、炭素の黒点が見えていたりするものもあります。

原石の種類によって査定金額は違う

ダイヤモンドの原石は、その種類によって査定金額が大きく変わってきます。
三つの種類のなかで、最も高額の査定がつきやすいのはソーヤブルです。形が美しく、研磨しやすいこと。また、無駄な部分が出にくいことで、高価買取の可能性が高い点が特徴です。

加えて、原石のなかでソーヤブルは2割ほどしか産出されず、希少価値があることから、高値がつきやすくなっています。

メイカブルは、原石としては中級レベルですが、磨き方によって非常に美しいダイヤモンドに仕上げられる可能性があります。
ただし美しく仕上げるためには熟練の技術が必要で、その分買取価格に影響が出てきます。

品質が不安定なこともあり、その価値を正しく見極められるのは、確かな腕を持つ査定士のみとなります。こうした査定士を見つけることができれば、高価買取の可能性も高くなるでしょう。

最後のニアージェムは、磨いても美しい宝石になる可能性は低く、買取査定金額も低くなりがちです。高値での売却は期待しすぎないほうが良いでしょう。

日本で拾える翡翠(ヒスイ)の原石

翡翠(ヒスイ)は、日本でも古くから親しまれてきた美しい宝石です。硬玉(ジェダイト)と軟玉(ネフライト)の2種類があり、主に日本や中国で算出されます。特に、硬玉は新潟県の糸魚川市や富山県の宮崎・境海岸(ヒスイ海岸)など、日本の各地に有名な産地が存在します。
翡翠(ヒスイ)の主な色は緑ですが、白・赤・黄・オレンジ・青など、さまざまな色があります。緑に次ぐ人気ともいわれているのが、淡い紫のラベンダーカラーです。
また、翡翠(ヒスイ)のなかでも特に高価値とされているのが、ロウカン(琅玕)と呼ばれるものです。はっきりとした透明度の高い緑色をしていることが特徴で、インペリアル・ジェードともいわれます。

翡翠(ヒスイ)原石の価値や値段

硬玉と軟玉を比較すると、価値が高いとされているのは硬玉です。ジュエリーに使われる翡翠(ヒスイ)のほとんどは硬玉と考えて問題ありません。
日本で拾える翡翠(ヒスイ)の原石の値段は、サイズや品質などによって異なります。品質が良く、20㎏を超えるような原石は、20万円以上で取引されることも。手で持てる程度の小さな原石なら、1万円に満たない価格がつくこともあります。

翡翠(ヒスイ)の買取相場

品質の良い1.0ctの翡翠(ヒスイ)の場合、10,000円前後で買取されます。アクセサリーの場合は、ブランドやデザインなどの価値も加味されるでしょう。
翡翠(ヒスイ)の品質は、クラリティやカラー、照りなどの要素で判断されます。各項目の評価が高いほど、翡翠(ヒスイ)の価格も上がると期待できます。
また、翡翠(ヒスイ)によっては着色処理や樹脂含浸処理などの加工が施されていることがあります。こういった処理済みの翡翠(ヒスイ)は価値が下がってしまう傾向にあるため注意が必要です。

原石に対応できる買取店を選ぼう

宝石の原石
宝石買取では原石に対応することも可能です。
しかし実際に「買取できるかどうか」は、店舗ごとの判断によっても異なります。

原石を買取しても、その後、宝石を磨いたり販売したりするルートを確保していなければ、宝の持ち腐れになってしまうでしょう。
まずは原石にも対応できる買取店を探してみてください。

また高価買取のためには、原石の価値を正しく見極められる査定士が在籍していることも重要なポイントとなります。
その後の手の加え方によって大きく姿形を変える原石に対して、どの程度の価値を見いだすのかは査定士によって異なります。
査定力に自信のない査定士に当たってしまうと、店舗側のリスクを回避するために低額の査定結果しか出さないことも考えられます。

原石の買取~お店選びのポイント二つ

宝石の原石を買取してくれるお店を選ぶ際のポイントは、以下の二つです。

  • 原石を買い取っていることを積極的にアピールしている店舗を探す
  • 最初から一つの店舗に絞り込まないこと

原石買取を積極的にアピールしている業者は、原石の取り扱いにも慣れています。高価買取を期待できることでしょう。

また、査定をする人によって、原石の価値は大きく変わってきます。
あるお店では「8万」と査定されたものが、別の店舗へ持ち込んだら「12万」といわれた!なんてケースも珍しくありません。買取店はしっかりと比較検討するようにしましょう。

まとめ

宝石は原石の状態でも買取してもらうことが可能です。宝石として輝かせる手段を持たない場合、原石を所有していてもあまりメリットはありません。
積極的に買取を検討してみるのも良いでしょう。

ただし原石の買取査定金額は、お店によって大きく異なるもの。相場情報もあってないようなものですから、納得できる金額で買い取ってくれるお店を慎重に探すべきでしょう。

まずは宝石の原石の買取にも対応してくれるお店について、リサーチしてみてください。
現在、宝石やジュエリーの買取相場が上がっています
写真を撮って送るだけ、店舗に行く前に買取金額が無料で分かります。

110万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定

宝石を高く売るなら「なんぼや」にお任せください。
宝石買取実績の豊富なバリューデザイナーが査定し、高価買取いたします。
駅から近い便利な全国135店舗の一覧はこちら

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください