ジュエリーの買取で失敗しないための注意点

ジュエリーの買取で失敗しないための注意点

近年、買取業者も多様化。質屋などの昔ながらの業者だけでなく、ジュエリーやブランド物などに特化した専門性の高い買取業者や、リサイクルショップの買取、お米屋さんやハンコ屋さんなどを営みながら買取も行っている所など、様々な形態での買取業者が増えています。

便利になった一方、どの業者に買い取ってもらうかにより、入手できる金額にも相当の差が出るようになったのです。

そこで今回は、ジュエリーの買取に焦点を絞り、手放した後に後悔することのないように、買取業者選びなどの注意点についてお話ししたいと思います。


2023年宝石買取相場急上昇中!!

さらにジュエリーに使われている金は9月21日(木)1gの相場が10,063円を超えました!!

20年前と比べておよそ7倍まで上昇しており、これまでにない高値となっています。

宝石やジュエリーを売るなら今がチャンス、宝石買取なら「なんぼや」にお任せください。

宝石の高価買取について詳しくはこちら

ジュエリーを買取しているお店“ 5形態”

ジュエリーを買取しているお店“ 5形態”

ジュエリーの買取業者には、大きく分けると5つの形態があります。
各業者に買取してもらうメリットとデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?

1.ジュエリーを購入したお店

メリット … 購入したお店ですので、気軽に買取の相談ができます。また、宝石の価値が分かっていますので、相場よりも極端に買取金額が低くなることは少ないです。

デメリット … 宝石店が買取をする目的には、他の商品をおすすめする意図がありますので、買取だけはしてもらえないことがあります。また、買取のみが可能な場合にも、セールスのあることが多いです。

※買取を実施しているお店としないお店がありますので、購入時に確かめておくと良いでしょう。

2.リサイクルショップ

メリット … 気軽に店舗に入ることができて、日用品を含めた様々な商品の買取相談ができるので、引っ越し前などの家財処分も同時に行うことが可能です。

デメリット … 宝石に関する専門家が在籍していることはほとんどありませんので、正確な査定をお願いすることは難しく、買取額は貴金属部分だけの査定になるか、相場よりも極端に低くなっているのが一般的です。

3.他業種を営みながら買取もしているお店

メリット … お米屋さん、ハンコ屋さんなど、地域に根付いているお店のことが多いので、安心して買取の相談ができます。

デメリット … 貴金属(プラチナ・金・銀等)の相場から買取価格が導き出されることが多く、ダイヤモンドや色石など他の宝石が付いていても、査定額が上乗せになることはほとんどないか、あってもささいな金額になることが多いです。

4.ネットオークション業者の買取

メリット … 最近話題の、画像を送るだけで買取金額がすぐに決まるサービスで、気軽に買取してもらうことができます。

デメリット … 基本的に画像からのみの判断になりますので、査定額は低くなりがちです。また、色石に関しては、ほとんど査定額に反映されないことが多いです。

5.買取専門業者

メリット … 宝石学を学んだプロの専門家が在籍している業者も多いため、価値に見合った査定をしてもらうことができ、安心して買取をしてもらうことができます。

デメリット … ジュエリー&ブランド専門の買取業者だけでも全国に数多くありますので、どの業者がより高値で買取してくれるかの判断が難しいところです。

買取専門店の「なんぼや」は、宝石をできる限り高く買取いたします。
まずはお近くの店舗にて無料の査定をお試しください。
駅から近い便利な全国137店舗の一覧はこちら

買取専門業者の見極め方

買取専門業者の見極め方

前章で、ジュエリーなどの宝石類を少しでも高値で売りたい場合には、専門業者に査定を依頼すると良いことが分かっていただけたと思います。

その中でも良い業者を選択するにはどうすればよいのかについて、お話しします。

宝石学の専門家がいる業者を選ぶ

宝石学プロとして国際的に認められている資格としては、米国宝石学協会(GIA)の資格「GG (Graduate Gemologist)」や、英国宝石学協会(Gem-A)の資格「FGA (Fellow of Gemmological Association of Great Britain)」等があります。

これらの資格を有している者が在籍している業者では、社内で査定の格差が出ないように研修を実施していることが多いので安心できます。

買取した宝石を卸すための取引先を数多く持つ業者を選ぶ

ほとんどの買取業者は、買い取ったジュエリーを国内外の取引先に卸すことで、利益を得ています。そのため、取引先をどれだけ確保しているかにより、買い取れる宝石の量や種類、そして査定金額も変わってきます。

しかし、取引先の数や取引内容を公表している業者はいません。そこで、買取業者の規模が一つの指標になります。支店の多い業者は、それだけ取引先も多くあるのが一般的だからです。

接客の優秀な業者を選ぶ

査定がきちんとできる業者は、「なぜその査定額になったのか」等の説明も、分かりやすく丁寧にすることが可能です。

分からないこと、不明なことは臆することなく質問して、納得のいく回答が得られた業者に買い取ってもらうと良いでしょう。

高値で買取してもらうために

今回、買取業者と一口に言っても、様々な形態があることが分かっていただけたと思います。
その中で、自分に合った買取業者を見つけるには、1業者だけで決めずにいくつかの業者に無料査定を頼んで見るという方法もあります。

また、ジュエリーの状態も査定に響きます。
少しでも高値で査定してもらうためには、汚れていたらジュエリーに見合った方法でお手入れをする、箱やギャランティーカード、鑑定書・鑑別書等があれば一緒に持参するなど、少しの手間を惜しまないようにしましょう。

大切なジュエリーですから、ぜひ、納得のいく買取をしてもらうためにも、この記事を活用していただけたら幸いです。

現在、宝石やジュエリーの買取相場が上がっています
売却前の相談や店舗に行く前に買取金額の目安を知りたい方はコチラ

120万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定


お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください