ダイヤモンドのサイズ選びで失敗しない!ジュエリー別サイズパターン

ダイヤモンドのサイズ選びで失敗しない!ジュエリー別サイズパターン

ダイヤモンド購入時には、「どの程度のサイズを選べば良いのだろう」と悩む方も少なくありません。美しく輝くダイヤモンドは、宝石の中でも抜群の存在感を放つ石。だからこそ、サイズ選びの失敗が強い後悔に結び付いてしまう可能性も高いのです。

せっかくのダイヤモンド購入で失敗しないためには、どの程度のサイズの石を選択すれば良いのでしょうか。
ダイヤモンドの使用用途やシチュエーション、種類別に紹介していきます。「女性への贈り物を探している」という男性も、ぜひ参考にしてみてください。


2023年宝石買取相場急上昇中!!

さらにジュエリーに使われている金は1月に1gの相場が8800円を超えました!!

20年前と比べておよそ7倍まで上昇しており、これまでにない高値となっています。

宝石やジュエリーを売るなら今がチャンス、宝石買取なら「なんぼや」にお任せください。

宝石の高価買取について詳しくはこちら

婚約指輪を探すときのサイズ選び

ダイヤモンドジュエリーと聞いて、真っ先にイメージする方も多いのが「婚約指輪」です。
華やかなダイヤモンドをあしらった豪華な指輪は、「結婚」というおめでたい場所にもふさわしいもの。「婚約指輪=ダイヤモンド」というイメージを抱く方も多いことでしょう。

ダイヤモンドの婚約指輪を選ぶ際に、気をつけなければならない「サイズ」は、以下の2つです。ぜひ購入前にチェックしておきましょう。

リングの大きさをチェック!

リングの大きさをチェック!

まずは指輪のリングサイズについてです。
店頭で計測できる場合には、プロがきちんとチェックしてくれます。しかしサプライズで準備したいと思うときには、自分自身でサイズ確認をしておかなければいけません。
女性がふだん身につけている指輪のサイズをチェックするほか、指に毛糸や紙を巻いてチェックする方法もあります。

またジュエリーショップの店頭で、彼女自身にあれこれと試着してもらい、そのサイズをこっそりとチェックする方法もオススメです。
彼女に気取られたくないときには、カジュアルスタイルのアクセサリーショップを選ぶと良いでしょう。

確実に失敗を避けたいと思うときには、友人の協力を仰ぐのもおすすめの方法です。

ダイヤモンドの大きさで華やかさは変わる

ダイヤモンドの大きさで華やかさは変わる

リングサイズがわかったら、次はダイヤモンドのサイズについてです。
婚約指輪においては、どの程度の大きさのダイヤを選ぶのかによって、指輪全体の雰囲気も大きく変わってきてしまいます。

大きなダイヤモンドを選べば、非常に華やかな印象になります。
しかしその分コストは上がりますし、また「華やか過ぎて、ふだん身につけにくい」というデメリットが発生してしまう可能性もあるでしょう。

反対に小さ過ぎるダイヤモンドを選びますと、非常に貧相な印象になってしまうでしょう。

こうした特徴を踏まえて、婚約指輪で人気のダイヤモンドサイズは「0.3カラット」です。
婚約指輪らしいボリューム感を楽しみつつ、細身のデザインにもしっくりとなじみやすい、バランスの良さが魅力です。

思い入れのあるジュエリーは正しい価値で売りたいものです。「なんぼや」はリングをはじめとした各種ジュエリーの査定・買取を承ります。
「なんぼや」のダイヤモンド買取実績や買取相場はこちら

ネックレスのダイヤモンド サイズ選び

ダイヤモンドが使われるジュエリーとしては、ネックレスが人気です。指輪よりも様々な用途で選べるギフトとして、注目を集める機会も多いもの。とはいえ気軽に決めすぎますと、「ダイヤモンドの印象が、なんとなく違った!」なんて失敗にもつながります。

ネックレスに使われるダイヤモンドを選ぶ際のコツは、使用用途に合わせて、石のサイズ・デザインを決定するということです。
「日常使い用」と「パーティーシーン用」のそれぞれについて、おすすめのサイズを紹介します。

日常使いのネックレス

ダイヤモンドネックレスを、日常使い用として購入するのであれば、0.3カラット~0.5カラット程度の大きさを選択するのがオススメです。

特に一粒ダイヤタイプのネックレスをチョイスする場合、あまりダイヤモンドが小さ過ぎますと、「存在感が無さ過ぎる」として、後悔ポイントになってしまうでしょう。
デコルテやシンプルな胸元を、程よく華やかに彩ってくれるサイズのダイヤモンドを選びましょう。

パーティーシーンで使うネックレス

一方で、パーティーシーンを彩るためのダイヤモンドネックレスを選ぶのであれば、1カラット程度のものを選択するのがオススメです。
1粒タイプであっても、華やかさで周囲に劣ってしまうようなことはありません。

とはいえ1カラットを超えるダイヤモンドがあしらわれたジュエリーとなりますと、やはりそれなりのお値段がしてしまうもの。
「もう少しコストを抑えたい」という場合には、ダイヤモンドの大きさを小さくし、その分華やかさを取り入れたデザインのものを選択すると良いでしょう。

ピアスのダイヤモンド サイズ選び

最後は、女性に人気のピアスに使われるダイヤモンドのサイズについてです。
ピアスのデザインも様々ですが、どんなシーンでも活用しやすいのが、一粒ダイヤのスタッドピアスです。
華やかな輝きを振りまきながらも、どこか上品な印象を与えてくれますから、使用できるシチュエーションも非常に多いと言えるでしょう。

さて、一粒ダイヤのスタッドピアス単品で身につけるのであれば、0.3カラット以上のものを選びますと、華やかな印象になり、オススメです。

一方で、パーティーシーンなどでは「ピアスとネックレスをコーディネートする」といった場面もあるでしょう。
このような場合には、それぞれのサイズ感を統一することで、ちぐはぐな印象になるのを防いでくれます。

手元のネックレスとの相性も見極めた上で、購入するピアスのサイズを選択してみてください。

ダイヤモンドサイズ選びは慎重に行って

無色透明で美しく輝くダイヤモンドジュエリーは、様々な場面で女性を美しく見せてくれることでしょう。
便利に使えるジュエリーだからこそ、失敗のないようダイヤのサイズ選びもしっかりと行ってみてください。

石のサイズが大きければ、華やかさはアップします。しかしときには、その華やかさが「派手過ぎる印象」につながってしまう可能性もあります。
用途とジュエリーの種別を踏まえた上で、ベストを選択するのがオススメです。

現在、宝石やジュエリーの買取相場が上がっています
売却前の相談や店舗に行く前に買取金額の目安を知りたい方はコチラ

110万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定


お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください