2024年
7月1日週
銀(シルバー)相場の過去推移

2024年 7月 1日週 銀(シルバー)相場の価格推移グラフ

基準指数(円)

期間(日単位):

開始日が終了日より後になっています

から

終了日が開始日より前になっています

※買取相場価格に手数料は含まれておりません。手数料に関しては宅配買取もしくは店頭にてご案内させていただきます。

> 今日の銀(シルバー)1gあたりの買取相場価格

> 今日の金1gあたりの買取相場価格

> 今日のプラチナ1gあたりの買取相場価格

2024年 7月 1日週 銀(シルバー)相場の価格推移

最高価格
({{formatDate(max.d)}})
最低価格
({{formatDate(min.d)}})
平均
買取価格
{{formatPrice(max.p)}} {{formatPrice(min.p)}} {{formatPrice(avg)}}

2024年 7月 1日週 銀(シルバー)相場の価格推移表

月日
買取価格
前日比
専門家のコメント

{{formatDate(item.d)}}
({{getWeek(item.d)}})

{{formatPrice(item.p)}}

({{formatDiff(item.diff)}})

{{formatDiff(item.diff)}}

{{getComment(item.d)}}

2024年 7月1日週 銀(シルバー)相場に対する考察

2024年7月1日〜7月5日週の銀相場は上昇している日が多かった1週間でした。 7月1日の銀相場は1グラム当たり159円でした。 ミシガン大学消費者信頼感指数の発表では、前回は65.6でしたが、市場予想の66.0を上回る68.2という結果でした。 アメリカの5月の個人消費支出物価指数は上昇したものの、前月比ベースでは横ばいであったため、銀相場が1円の上昇でとどまったのではないかと考えられます。 7月2日の銀相場は162円でした。 その理由としてニューヨーク株式市場の3指標の終値がそろって反発したことや、NASDAQが過去最高値を更新したことが一番の要因ではないかと推測します。 7月3日は162円と変動なしでした。 その理由として、FRBのパウエル議長が個個人消費支出物価指数の結果について、「目覚ましい進展」と評価しつつ、現在のインフレ水準が実情を正確に反映しているのか見極めたいと強調したことで、銀価格にも動きがなかったのではないでしょうか。 7月4日については168円と6円上昇しました。 ニューヨーク株式市場でNASDAQとS&P500が過去最高を更新したことだけでなく、アメリカでは労働市場やサービスなどの経済指標が発表されました。 結果は市場予想より悪化し、経済の減速を示唆しましたが、市場ではFRBが9月に利下げの可能性がより高まったこともあり、銀相場にもその期待が大きく影響したのではないかと考えられます。 7月5日については167円と、1円下落しました。 アメリカでは独立記念日であったことからニューヨーク株式市場は休場でしたが、ヨーロッパ市場の終値は3指数ともに続伸しました。 しかし、ヨーロッパ中央銀行は4日に公表した理事会の議事要旨で、政策担当者は「インフレは継続的に低下していくとおおむね確信していたものの、一段の確信が持てるまで、追加利下げの時期を確信できない」と示唆したことが銀相場下落の要因だと予想されます。 今週は、アメリカの経済指標については先週金曜日の非農業部門雇用者数の発表や、11日の消費者物価指数の発表を控えています。 特に消費者物価指数の結果によっては、FRBの結果も大きく変わってくるのではないかと予測しています。 ニューヨーク株式市場については、木曜日は独立記念日であったため、先週金曜日の終値の結果は3指標ともに上昇していることから、銀相場の活気も続く可能性もあるのではないでしょうか。

専門家コメント・考察コメント作成

國弘泰治
國弘泰治
(MBA/2級FP技能士)

大学院修了後、投資用マンション販売企業の営業を経験。現在はMBA・FP事務所の代表を務める。資産運用の相談以外にも、資格関連の学校でFP試験の講師も経験。

2024年 7月 週別 銀(シルバー)相場の価格推移

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談だけでもOK

まずは専門スタッフに気軽に相談

査定金額の目安を知りたい

すぐに買取をご希望の方はコチラ

電話でご相談 無料査定! 「なんぼや」のお問い合わせ

どれを選べばいいか迷ってしまうお客様はこちら

【解説】4つの買取方法の詳細を見る