2024年
7月1日週
プラチナ相場の過去推移

2024年 7月 1日週 プラチナ相場の価格推移グラフ

基準指数(円)

期間(日単位):

開始日が終了日より後になっています

から

終了日が開始日より前になっています

※買取相場価格に手数料は含まれておりません。手数料に関しては宅配買取もしくは店頭にてご案内させていただきます。

> 今日のプラチナ1gあたりの買取相場価格

> 今日の金1gあたりの買取相場価格

> 今日の銀(シルバー)1gあたりの買取相場価格

2024年 7月 1日週 プラチナ相場の価格推移

最高価格
({{formatDate(max.d)}})
最低価格
({{formatDate(min.d)}})
平均
買取価格
{{formatPrice(max.p)}} {{formatPrice(min.p)}} {{formatPrice(avg)}}

2024年 7月 1日週 プラチナ相場の価格推移表

月日
買取価格
前日比
専門家のコメント

{{formatDate(item.d)}}
({{getWeek(item.d)}})

{{formatPrice(item.p)}}

({{formatDiff(item.diff)}})

{{formatDiff(item.diff)}}

{{getComment(item.d)}}

2024年 7月1日週 プラチナ相場に対する考察

2024年7月1日〜7月5日週のプラチナは調整局面の強い1週間といえた。プラチナの値動きの特徴として、高いボラティリティが上げられる。上下する場合に50円を超える値動きを見せ、時には100円を超える上下も珍しくはない。実際に前週、6月27日(木)には187円のプラス、翌日28日(金)には108円のマイナスを記録した。 7月に入り最初の1週間は、その特徴が薄れた印象が大きい。7月1日(月)には1円のプラス、4日(木)には19円のプラス、5日(金)には9円のマイナス。この3日間は値動き幅も小さく、例えるなら「プラチナらしくない価格推移」といえる。 一方、あいだの2日(火)は46円のマイナス、翌日3日(水)は96円のプラスを記録した。この値動きは上記と比較して、従来のプラチナらしい値動きと分析できるだろう。 プラチナの値動き幅が小さくなった要因がいくつか予想できる。1つは6月から同じコモディティの金に影響されないプラチナの値動きが続いていること。2つ目は相場・カントリーリスク含め、目立つような材料が見当たらないことだ。よってプラチナがまだ上がるか、天井かという見立てが投資家によって変わる。買いを入れる勢力と、利確を狙う勢力が同等のため、微増もしくは微減に繋がっていると考えられる。 ただ、この動きは長くは続かないだろう。フランス下院選挙における極右勢力の躍進や(7日の決選投票では左派が第一党となった)、イギリスの政権交代など、世界各地でカントリーリスクの種と見られるニュースが報じられてきている。ヨーロッパの両国はプラチナの主要な生産国では無いが、世界1位のプラチナ生産量を誇る南アフリカは歴史的にもイギリスとの関係が深い。またアメリカにしても9月に利下げを行うのではという声が日に日に大きくなってきた。11月の大統領選挙に向けた直前期の動きもあるだろう。株式相場でプラチナの価格決定に影響力のある半導体市場の動きなどを見ながら、よりマクロな視点も忘れないように注視していきたい。

専門家コメント・考察コメント作成

工藤崇
工藤崇
(AFP/証券外務員Ⅱ種)

北海学園大学法学部卒業後上京。不動産会社・建築会社を経てFP事務所を設立し、代表に就任。FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を取得しながら、Fintech関連業務に参画。

2024年 7月 週別 プラチナ相場の価格推移

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談だけでもOK

まずは専門スタッフに気軽に相談

査定金額の目安を知りたい

すぐに買取をご希望の方はコチラ

電話でご相談 無料査定! 「なんぼや」のお問い合わせ

どれを選べばいいか迷ってしまうお客様はこちら

【解説】4つの買取方法の詳細を見る