2024年
6月10日週
プラチナ相場の過去推移

2024年 6月 10日週 プラチナ相場の価格推移グラフ

基準指数(円)

期間(日単位):

開始日が終了日より後になっています

から

終了日が開始日より前になっています

※買取相場価格に手数料は含まれておりません。手数料に関しては宅配買取もしくは店頭にてご案内させていただきます。

> 今日のプラチナ1gあたりの買取相場価格

> 今日の金1gあたりの買取相場価格

> 今日の銀(シルバー)1gあたりの買取相場価格

2024年 6月 10日週 プラチナ相場の価格推移

最高価格
({{formatDate(max.d)}})
最低価格
({{formatDate(min.d)}})
平均
買取価格
{{formatPrice(max.p)}} {{formatPrice(min.p)}} {{formatPrice(avg)}}

2024年 6月 10日週 プラチナ相場の価格推移表

月日
買取価格
前日比
専門家のコメント

{{formatDate(item.d)}}
({{getWeek(item.d)}})

{{formatPrice(item.p)}}

({{formatDiff(item.diff)}})

{{formatDiff(item.diff)}}

{{getComment(item.d)}}

2024年 6月10日週 プラチナ相場に対する考察

2024年6月10日〜6月14日週のプラチナは10日(月)の前営業日比159円マイナスで幕を開けた。前週にいま世界で最も注目されるアメリカの半導体大手エヌビディア社が好決算を発表する。ほかの半導体企業全体への波及が期待されたが、同社の技術が導入された生成AIへの期待値であり、プラチナの需要を含む半導体全体(への期待値)ではないという流れから、プラチナの上昇要因には繋がらなかった。同社の株価は今後も右肩上がりが期待されているが、半導体領域全体の評価に繋がるには超えなければならない壁が多い。 プラチナには世界の金利政策も影響する。同時期に発表されたヨーロッパ中央銀行(ECB)による利下げは0.25%で確定した。今週はアメリカの消費者物価指数(CPI)の発表、日本における日銀会合を週末に控え、プラチナの推移も様子見の展開が続くと見られ、11日は3円上昇した。 その後は高いボラティリティのもと、下落傾向に勢いがつく。12日(水)に70円、13日(木)に22円のマイナス、14日(金)に21円のマイナスと、週の最後まで連続した価格下落が収まることは無かった。 FRB(連邦制度理事会)による2024年の利下げは年1回、実施は9月が濃厚とされている。これから7月・8月にかけて、利下げが実際に行なわれる信憑性が予測合戦となっていくだろう。 また週次リポートにおいて言及したいのは、ロシアとウクライナの問題だ。2024年のG7サミットがイタリアのプーリアで開催され、各国首脳が勢揃いした。現地にはウクライナのゼレンスキー大統領も招かれている。G7は一致団結して対ロシアを継続しようとしているが、各国における「ウクライナ支援疲れ」も顕著となっており、予断を許さない状況だ。転じてロシアのプラチナ生産力は世界有数であり、戦況によってはプラチナの価格に大きな影響が生じる可能性もある。カントリーリスクとして注視していきたい。

専門家コメント・考察コメント作成

工藤崇
工藤崇
(AFP/証券外務員Ⅱ種)

北海学園大学法学部卒業後上京。不動産会社・建築会社を経てFP事務所を設立し、代表に就任。FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を取得しながら、Fintech関連業務に参画。

2024年 6月 週別 プラチナ相場の価格推移

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談だけでもOK

まずは専門スタッフに気軽に相談

査定金額の目安を知りたい

すぐに買取をご希望の方はコチラ

電話でご相談 無料査定! 「なんぼや」のお問い合わせ

どれを選べばいいか迷ってしまうお客様はこちら

【解説】4つの買取方法の詳細を見る