海外から金の持ち込みをする場合に、知っておくべきルールとは?

海外から金の持ち込みをする場合に、知っておくべきルールとは?

日本において、近年増加傾向にあるのが、「金の密輸」に関するトラブルです。
なぜ法律を破ってまで日本に金を持ち込もうとするのか、疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

日本で金の密輸トラブルが多い理由には、日本ならではの金取引の事情が関連しています。その理由と、ルールを守って海外から金の持ち込みをするための方法を紹介します。
海外で素敵な金製品を見つけたとき、また少しでもお得に金の売買を楽しみたいときに、抑えておくべきポイントを頭に入れておきましょう。

2023年金買取相場急上昇中!!

1月25日に1gの相場が8800円を超えました!!過去最高の相場となっています!

金を売るなら今がチャンス、金買取なら「なんぼや」にお任せください。

過去最高相場の金買取について詳しくはこちら

海外からの金の持ち込みには制限アリ

海外旅行に行ったときなど、お土産として「金製品」を購入する機会もあるかもしれません。

基本的に金の取り引き価格は世界中で統一されています。海外に行ったからといってお得に購入できるわけではありませんが、旅先でたまたま、お気に入りのデザインに出会えることもあるでしょう。またふだんとは異なる環境の中で、「いつもとは雰囲気が違うものが欲しい」と思うこともあるかもしれません。

とはいえ、海外から日本国内へと金を持ち込む際には、国が定めているルールを守る必要があるので注意してください。

国内への金の持ち込みに関するルールは以下のとおりです。

  • 金の地金(純度90%以上)の重量が1kgを超える場合は、事前に税関で申告すること
  • 上の条件に当てはまらない場合でも、ほかのお土産品と合わせて「20万円」を超える金の地金を携帯して輸入する場合も、申告して税金を支払うこと

少し難しいのが2つ目のルールですが、日本では総額20万円までの物品の持ち込みであれば、免税範囲として認められています。
この範囲を超えてしまいますと、税関で申告した上で定められた税金を支払う必要があるというわけです。

金の持ち込みが「お得」な理由

金の持ち込みが「お得」な理由

近年急増しているのが、日本への金の密輸です。
金の取り引き価格は世界中どこでも同じはずなのに、なぜわざわざ日本に密輸してもうけようとするのでしょうか。

その秘密は消費税にあります。

日本では金の取り引きにも消費税がかかります。
実はこうした国は世界の中でも少数派で、「海外で購入した金を日本で売りますと、消費税分得をする」という仕組みが出来上がってしまっています。
2021年現在の日本の消費税は10%で、密輸する金の量が多ければ多いほど得をする計算となり、密輸トラブルが急増しているのです。

金の持ち込みは申告を

海外から金を持ち込む際には、ルールを守ることが重要です。知らないままでルールを破ってしまいますと、それは法律違反です。知らない間に犯罪者になってしまう可能性もありますから、十分に注意してください。

知らない間にルール違反を犯しやすい例として挙げられるのが、「お土産品と合わせて20万円以内だから、税関で申告しなかった」というケースです。
免税範囲であろうとなかろうと、1点の購入価格が1万円を超える品物を携帯輸入しようとした場合には、携帯品・別送品申告書に記入・申告する必要があります

金製品の価格は高く、「1万円以下で購入できる」というケースはほとんどありませんから、「免税を受けるために申告する必要がある」と頭に入れておきましょう。

海外から金の持ち込みをする際はきちんと申告をする必要があります。

持ち込んだ金商品の価値が知りたいときは、「なんぼや」へお任せください。経験豊富なコンシェルジュが価値を見極めます。

「なんぼや」の金・貴金属買取についてはこちら

海外に持ち出す場合のルール

海外に持ち出す場合のルール

海外から日本に金製品を持ち込む際のルールについて理解したところで、次に気になるのが「金製品を日本から海外へと持ち出す」場合のルールについてです。
持ち込む場合と同様にルールが設定されていますから、十分に注意してください。

持ち出す際のルールとしては、「1キロを超える金の地金(純度90%以上)を持ち出す場合には、事前に税関で申告すること」というものが挙げられます。

これらのルールは、資金洗浄及びテロ資金供与対策の一環として多くの国で定められています。
グローバル化が進む今、金製品を海外に持ち出したり、逆に持ち込んだりすることもあるかもしれませんが、あらぬ疑いを持たれないよう、きちんとした知識を持って対応する必要があります。

20万円までの金製品なら、合法的にお小遣い稼ぎも

金製品に対して消費税がかからない国で20万円以内の金製品を購入し、きちんと申告した上で日本に持ち込み・売却した場合には、合法的に「もうけ」を出すことが可能です。

わずか数千円のお小遣い程度のもうけですが、「海外旅行のついでに」という意識であれば「お得」だと言えるのかもしれません。
とはいえ国内への金の持ち込み・海外への持ち出しについて正しいルールを頭に入れておきませんと、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性も。
知らない内に「金の密輸」になってしまわないよう、十分に注意してください。

現在金製品の買取相場が上がっています
売却前の相談や店舗に行く前に買取金額の目安を知りたい方はコチラ

110万人が使っている「なんぼや」のLINEで査定

金・貴金属・プラチナの売却をお考えの方はお近くの「なんぼや」をご利用ください。
お持ちいただいたアイテムは相場にもとづき高価買取いたします。
駅から近い便利な全国135店舗の一覧はこちら

お電話LINEで無料査定
ご質問・ご相談もお気軽にお問い合わせください